県議団議会報告1月号を紹介します

県議団の議会報告1月号が印刷所から届きました。

今年は、眉山を背景に、「住んでよし、働いてよし、訪れてよしの 希望ある徳島へ」―

県議団一同、今年も県民の願い実現のために頑張ろうとはりきっています。

読者のみなさんには、明日のしんぶん赤旗日刊紙、日曜版1月15日号に折り込んでお届けします。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、テキスト

 

自動代替テキストはありません。

徳島市後援会新春のつどい

画像に含まれている可能性があるもの:10人、座ってる(複数の人)、スーツ、室内8日は、徳島市日本共産党後援会の新春のつどいに参加しました。

私は、徳島市の消防出初め式に出席していたため、少し遅れての参加でしたが、昨年よりも参加者も多く、出し物も中央デーブルの持ち寄りのご馳走もバラエティ豊かで、大変活気あふれるつどいとなりました。

白川よう子衆院四国比例ブロック予定候補も新居浜から駆け付けてくれました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人白川予定候補は、「街に出ると日本共産党への期待と、役割の大きさを実感する」と、「しんぶん赤旗」の記事も紹介しながら、党綱領に注目が集まっている、この綱領を自分の言葉で語り広げ、「新しい政治を切り開こう」と呼びかけました。
全国11の衆院比例ブロックのなかで四国だけが13年間も党の議席がありません。来るべき衆議院選挙では、四国の比例の議席、6議席のなかに何としても食い込みたい!白川予定候補は、「本格的な野党共闘を実現させ選挙区で勝利するとともに、党の躍進で政治を変える、政権をとる政治戦を勝ちぬこう」と力を込め、議席奪還への決意を熱く語りました。画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、立ってる(複数の人)

山本千代子衆院1区予定候補も、「野党共闘の流れをさらに広げ、白川さんとともに私も国政に!」と訴え。 久保たかゆき同2区予定候補は、党徳島地区委員長の立場で「皆さんと力を合わせて党躍進を実現し、安倍政権を退陣に追う込もう」と訴えました。

私は、へいもと市議、ふるた元県議とともに、八万支部のみなさんと憲法談議の寸劇でも舞台に立ちました。この他にも楽しい出し物があり、楽しみながら党躍進への思いを共有したひとときでした。

20170108%e5%be%b3%e5%b3%b6%e5%b8%82%e6%96%b0%e6%98%a5%e3%81%ae%e3%81%a4%e3%81%a9%e3%81%84

 

 

 

 

労連旗開きに参加しました

7日の夜は、労連の春闘共闘実行委員会の旗開きに参加しました。
昨年同様、県内4野党の代表も招かれ、挨拶しました。
「国政選挙での野党共闘は、昨年のこの場から始まった」という発言もあり、安倍暴走政権を退場させ、働くものが安心して生き生きと暮らしていける日本に変えよう!と、連帯と団結をさらに固める機会となりました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、食べ物
衆議院1区予定候補の山本千代子さん、2区予定候補の久保孝之さんも参加しました   

自動代替テキストはありません。

七草がゆ

7日の朝は、家中の御神様の出立のおまつりを済ませて、七草粥をいただきました。
こんぶでだしを取り、義母が畑で集めてきた七草にサツマイモやニンジンも少し足して。
沖縄の天然塩だけで味をつけてみました。

家族には、おおむね好評でした。

若い頃は、面倒だとおもっていた季節の行事も、引き継いでいきたいと思うようになりました。

自動代替テキストはありません。  画像に含まれている可能性があるもの:1人、食べ物

徳島駅前定例宣伝始動

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、屋外金曜日の朝は、長年続けてきた日本共産党の徳島駅前での定例朝宣伝です。
今年最初の金曜日朝宣伝ですが、今日は先客がいました。

全労連が呼び掛けた「2017年春闘勝利全国新春宣伝行動」に呼応して、徳島労連のみなさんが宣伝をされていました。加盟している労働組合の代表者が順番にリレートークしながら、駅頭ではチラシ配布も行っていました。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、空、屋外労連の宣伝終了後、いつもより少し遅れて、マイクを握りました。

「高齢者は75歳から」と老年学会が高齢者の定義変更を主張。ただちに年金支給開始やその他の高齢者向け政策と連動することはないとしていますが、社会保障支出を抑えたい政府の意向とマッチして、今後が心配です。

高齢者の世代が安心して暮らしていけるかどうかは、どの世代にも大きな影響を及すことですが、安倍政権は、社会保障切り捨て政策を推し進め、高齢者への負担も増大し続けています。

税金の集め方、使い方を変えて、年金・医療・介護などの社会保障の充実、若者支援、子育て支援の充実を。大企業中心の経済政策から、中小企業への支援を強め、経済の民主化で経済の活性化をはかる等、日本共産党の対案も紹介し、安倍政権の暴走政治に審判を下して市民と野党が勝利する希望の政治へ転換させようと訴えました。

いよいよ本格始動です! 新年会にも参加

4日は、県庁に行き、県議団そろって議会時事務局のみなさんに新年のご挨拶をした後、県議団会議。

今年の各自の抱負を述べ、今後の日程などの打ち合わせをした後、党旗開きでの志位委員長のあいさつをインターネットで視聴しました。

今の安部政権の暴走政治を支える高支持率の舞台裏は、意外ともろい、嘘・偽りの政治=「ポスト真実」の政治は真実の光を当てれば必ず打ち破れる。党創立95周年の年を、野党連合政権に向けた新たな一歩を記録する年にしよう。

歴史が大きく進む時代に党の一員として存在していることの醍醐味を感じる挨拶でした。

午後から、昨年末に寄せられた相談事に対する中間報告の電話などを済ませ、夜は、徳島市民主商工会の新年会に参加させていただきました。

まさに地域経済の9割を支える中小企業、小規模事業者のみなさんの集まりです。平和でなければ商売も成り立たないと、平和運動・核兵器廃絶の運動にも力を入れていて、午前中、2番札所で、核廃絶署名に取り組んできたとのことでした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、食事(複数の人)、座ってる(複数の人)、室内、食べ物

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、飲み物

今年初の「3の日行動」

12時30分からは、全国一斉に行われている「3の日行動」に参加しました。

澤地ひさえさんが呼びかけた「アベ政治を許さない」のプラカードを掲げてのスタンディング宣伝を毎月3日の13時に全国一斉に行う「3の日行動」に呼応した宣伝です。

安倍政権の暴走政治を終わらせ、憲法を守り国民の声が届く新しい政治に転換させよう!とリレートークも行いました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、屋外

今年初の宣伝へ

今年初めての徳島駅前新春街頭宣伝に参加しました。

党県議団は全員参加。私は、司会をさせていただきました。

徳島1区予定候補の山本千代子さんは、なんと和服!2区予定候補の久保孝之さんとともに、政治を変えようと気迫を込めて訴えました。

最後にマイクを握った山田豊県議団長は、「激動の2017年がはじまりました。野党と市民の共闘で、新しい希望に満ちた政治に転換させましょう。四国で13年ぶりに国政の議席を実現するため、徳島で生まれ、育ち現在香川県議として奮闘する白川よう子さんの勝利に向け頑張ります」と力強く訴えました。

バスを待つお客さんや通りがかりの方が手を振ったりあたたかい声援を送ってくれました。

少し風が強かったものの、気持ちよく晴れ渡った空がまぶしいくらいでした。

画像に含まれている可能性があるもの:6人

 

地元の成人式に出席しました

%e6%88%90%e4%ba%ba%e5%bc%8f%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%882日は、佐那河内村の成人式に出席。お祝いの言葉を述べさせていただきました。

今年の新成人は男子9名、女子14名の、総勢23名。

代表の5名が、意見表明しました。
サッカー強豪大学に進学し、毎朝6時30分からの朝練に参加。プロになる夢をあきらめ、新しい道を探すことも人生で必要なことだと学んだ、独り暮らしで親のありがたみを実感していると語りました。

文学部で古典を学んでいるという女性は、歴史を紐解き、後世に伝えていく仕事に就きたい、都会で生活するなかで、徳島の魅力に気づいたと語り、卒後は徳島に帰りたいと語りました。

高卒で県外で就職し、職業人としての経験を積んでいる男性は、自分の仕事への誇りと覚悟を語りました。

私も議員として祝辞を述べさせていただきましたが、若い彼らの真っ直ぐな視線に心が洗われる思いがしたひとときを過ごさせてもらいました。

画像に含まれている可能性があるもの:室内