応神ふれあいバス運行5周年 記念講演会

「応神ふれあいバス運行5周年 記念講演会」に行って来ました。

 

「応神ふれあいバス」は、地域住民が自主的に運営するコミュニティバスです。

 

バスも通っていない不便さを何とかしたいと、住民自身が立ち上がり、「走らせる会」をつくり、行政を動かし、運行を始めることができました。

これが「応神ふれあいバス」 自動で出てくるステップで乗り降りが楽にできます

8人乗りの小さなバスですが、週3日、午前・午後の2回、町内のスーパーや病院、施設など約30か所の停留所を経由して運行。往復400円。お得な定期券(半年、1年の2種)もあります。(町民以外の方も誰でも乗れます)

 

徳島市の地域公共交通総合連携計画の位置づけで、国からの補助金も獲得し、町内や近隣の企業の賛助も得ています。

 

講演中の 加藤博和 名古屋大学准教授

運行を開始してから12月6日で5年目を迎えることを記念して、交通政策の専門家、名古屋大学大学院准教授の加藤博和氏を招き、講演会が開催されました。

 

「地域自ら『くらしの足』をつくり、守り、育てる時代へ―応神ふれあいバスは『最先端』を走っている―」と題した講演は、加藤先生の応神ふれあいバスの取り組みへの強い思い入れと愛があふれた心温まるものでした。

 

ご自身がかかわり、自分の足で確かめた豊富な事例の紹介もあって、大変具体的で楽しく、わかりやすく、1時間半の講演がとても短く感じるほどでした。

 

「住民がまず不便さを実感して『何とかしたい』と思うことが大事」ということ、「地域公共交通維持は『健康保険』のしくみと同じ」「『おでかけの足(公共交通)』がまともにないところは、真っ先に人口減少し滅びる!」「『おでかけの足』づくりを『地域みんなで進める』ことで地域は魅力的になる!」

「地域公共交通システムは、地域住民・利用者も、交通事業者も、市町村(行政)も、沿線企業等も、対等平等の立場で『一所懸命』支える」もの

等々、加藤先生のお話は、示唆に富んだものでした。

 

徳島県は、公共交通網が脆弱で、まさに「車がなければ生活できない」地域ばかりです。県としても、市町村と連携し、優先して取り組まなくてはいけない重要課題だと改めて思いました。

私も、普段はもっぱらマイカー派ですが、今日の加藤先生のお話を聞いて、たまには県内移動の際もバスや鉄道を利用してみようと思いました。

会の最後に、運営委員さんが応神音頭を披露してくれました。 女性パワーが、この取り組みの推進力!

一般質問を終えて 

今日は、県議会の一般質問の日です。
日本共産党からは、達田良子議員が質問しました。

徳島東警察署の移転問題について、達田県議が、裁判所跡地に決定した経過が不透明なことを指摘し、「まるで徳島版『豊洲市場』ではないですか!」と言うと、他会派席からどよめきが起きました。

 

 いつもならが、正々堂々とした質問ぶりに、ほれぼれします。

質問内容については、後ほど改めて掲載したいと思います。

(写真は、質問終了後に議会棟ホールで撮影したものです。)

徳島東警察署の移転問題を考える  弁護士会のシンポジウムに参加して

 今日から12月。

県議会は、代表質問が終わり、明日、2日は一般質問の日。

日本共産党は、達田県議が質問します。(11時20分からの予定です)

2日の一般質問の内容を県議団で最終チェックした後、徳島弁護士会主催のシンポジウム、「裁判所跡地への徳島東警察署の移転を考える」に参加しました。

達田県議の一般質問でもこの問題を取り上げるので、勉強のつもりで参加しましたが、大変勉強になりました。

 

徳島弁護士会は、昨年6月に突如発表された徳島東警察署の裁判所跡地への移転に反対する会長声明を発表していましたが、今年10月には、知事に撤回するよう申し入れを、11月10日は、県警本部に質問書を提出しています。

 

シンポジウムでは、近代刑事司法の観点から、都市機能の観点から等、様々な角度から専門家が意見を述べ、問題点が浮き彫りになりました。

 

11月24日に、県警本部警部拠点整備課長名で出された回答書のなかで、県警は、「警察署庁舎と裁判所との位置によって、裁判所の機能に影響が及ぶものではなく、刑事司法等における両者の関係に問題はないと認識して」いると述べています。
しかし、今日、渕野貴生氏(立命館大学大学院法務研究科教授)の話を聞いて、裁判所と警察署が近接していることで、裁判官と捜査官の間でいつのまにか「心理的親和性」が生まれることの怖さを感じました。
裁判所が、この件について口をつぐんでいることも不気味です。

 

県民に急いでこの問題を知ってもらい、考えてもらえるよう行動しなくては、と、議員としての責任も感じたシンポジウムでした。

徳島弁護士会が作成したパンフレットから
徳島弁護士会が作成したパンフレットから

貧困問題について学びました

29日、労働者福祉メーデーで、藤田孝典氏の「全世代に広がる貧困―下流老人と貧困世代―」と題した講演を聴きました。

藤田氏は、ベストセラー著書「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」の著者です。
学生時代からホームレスの支援などのボランティア活動を通じて、誰もが貧困に陥る可能性がある社会だということを実感し、貧困のない社会を目指して精力的に行動している藤田氏の話は、大変インパクトのあるものでした。

藤田氏は、2004年からNPO活動を始め、現在は、特定非営利活動法人「ほっとプラス」の代表理事として年間500件の相談活動に携わりながら、聖学院大学人間福祉学部の客員教授も勤めています。

国民の生存権と国の責務をうたった日本国憲法第25条が生かされていない日本社会の現実を相談事例も紹介しながら告発。
貧困や格差が広がった根本原因は、雇用破壊と社会保障の切り捨てにある、現状を変えなければ日本社会は崩壊する、持続可能な社会にするために、働き方改革と社会保障の充実へ、政治を変えて行こう、そのために行動しようという話は説得力のあるものでした。

ところで、「下流老人」というネーミングは、インパクトのあるものにとこだわって1年間も考え抜いたそうです
貧困問題を解決するためには政治を変えなくてはいけないとの発想は、私たちと共通するものがありますが、政治家を動かすために、―世間の注目を集め、理解を得るためにいかに効果的に動くか―という、いわば「戦略」を重要視していることが感じられました。この点では、若い人の発想は違うと思ったところです。

どうしたら自分の主張が社会に受け入れられるか、常に熟慮し、情報発信も工夫すると言う話にも学ぶべきことが多く、講演を聴くことができて本当にラッキーだったと思いました。

              講演する藤田孝典氏

 

2015年決算に対する反対討論を行いました

11月定例会が開会しました。

閉会中審査を行っていた昨年の決算について、わが党の達田よし子県議が反対討論を行いました。

討論の内容を以下に掲載します。

 

h27-tatuta1私は、日本共産党を代表して、平成27年度徳島県一般会計歳入歳出決算に反対の立場で討論いたします。
平成27年度は、平成26年4月からの消費税増税で、景気回復の遅れが深刻で、県内小規模零細企業や県民生活への支援が求められました。また、南海トラフ巨大地震への備えや、豪雨・豪雪など大規模災害への対策が喫緊の課題として求められました。
県民の、くらしを守る政治をという願いはますます高まっています。
県は、災害復旧などで県民の要望に一定応えてきたものの、弱者の視点に立って住民福祉の機関としての役割を果たしてきたのか、また公平かどうか、無駄づかいがないかなど、県民目線でみれば、認定しがたい決算であったといわざるをえません。
こうした視点から、認定できない、主な理由を述べてまいります。

第一に「地方への新しい人の流れの突破口」として「消費者庁」「国民生活センター」等の徳島移転を実現させるとした取り組みのうち、神山町で行った消費者庁の業務試験に関する支出をしている点です。
東京一極集中の是正のためとして省庁などの移転が検討されてきましたが、德島での業務試験の結論は、消費者庁がこれまでおこなってきた、迅速な対応を要する業務や対外調整プロセスが重要な業務即ち、国会対応、危機管理、法執行、司令塔機能、制度整備等は東京で行うというものでした。
德島で「新未来創造オフィス」を設置して、新しい仕事をし、3年後の検証・見直しをするという方向に持ってきたのは、裏をかえせば、通常の業務は德島では出来ないということです。
消費者庁・国民生活センターの機能低下につながり、全国からの理解も得られないのに、県が無理を通すという初年度となったわけですから、131万円という少額であっても、認定できません。

第二に、德島東署施設整備PFI導入可能性調査事業として997万9千円が使われたことです。まださらに28年度29年度と2800万円も必要ということで、事前の調査・検討に約4千万円も使われることになるといいます。
PFIは、大企業、金融機関、ゼネコンのための新事業を作り出すためのものです。主なもうけは県外の大手に吸い上げられる仕組みです。こうしたPFI導入の検討等の費用については、おおいに疑問であり、認定できません。

第三に、マイナンバー導入のために 使われている点です。
マイナンバーの、情報漏洩の危険性については、国民の不安がますます高まっています。この制度の中止こそ国に求めるべきであって、県独自の制度にもマイナンバーを使ってもらって普及を図るという、半ば強制的なやり方はやめるべきです。

第四に、27年度も、德島化製協業組合という1民間企業に、農林水産部3929万9千円、危機管理部2095万9千円、商工労働部1833万9千円で、一時より減額してきたとはいえ、計7859万7千円も支出していることです。
平成6年から27年度までの補助金総額は、47億7051万4千円にものぼります。
国、県、市が、かつて同和高度化資金として60億円も無利子融資した上に、その返済を県が補助金という形で肩代わりした形の、不透明・不公正きわまる支出です。融資した貸付金はすでに全額返済されています。
厳しい経済状況の中、多くの中小零細業者の皆さんがご苦労されています。なぜ赤字とも思えない一民間企業に破格の補助金を出し続けるのでしょうか。県の姿勢が問われます。

第五に、德島阿波踊り空港の国際便施設整備設計費に1927万8千円が27年度分で支出されている点です。
五年前に整備したばかりのターミナルビルに18億円もつぎ込んで拡張するというものですが、国際チャーター便の需要予測も極めて曖昧です。
民間が増資に見合う収入を確保するのが難しいから、事業費は全額県で負担するということですが、一方では、県財政が厳しいといいながら、老朽化しているわけでもない、まだ新しい施設に県費をつぎ込むやり方は、県民の理解は得られないと考えます。

第六に、県の財政を悪化させてきた大本である3000日の德島戦略の反省なしに、国営農地防災事業、旧吉野川流域下水道事業という不要不急の大型公共事業を漫然と続けている点です。今後いくらかかるのか、いつ終わるのかわからない大型事業は、見直しを行うべきです。
災害対策の山崩れ防止や河川の安全対策を行ってもらいたい、交通安全対策で、子ども達が安全に通れるように通学道路を改良してもらいたいなど、要望が沢山あります。こうした身近なくらしにかかわる仕事に振り替えるべきです。

以上、認定できない主な理由を述べました。議員各位のご賛同をお願いして反対討論を終わります。

 

 

雨の朝、日曜市で宣伝

27日のびっくり日曜市宣伝でも、山本千代子衆議院1区予定候補と一緒にマイクを握り、国政や県政について語りました。

山本千代子さんは、年金カット法案をめぐる国会での緊迫した情勢を語り、今でも生活できない年金をさらに削り続ける仕組みであること、年金受給者の年金が削られれば、地域経済にもマイナスとなり、結局は現役世代も悪影響を被ることになる。
こんな法案の強行は許せない!と、怒りを込めて訴え、日本共産党の経済政策を紹介。

戦争する国づくり、暮らし破壊の政治を強行する安倍政権を倒して、新しい政治への転換を目指して、ごいっしょに力を合わせましょう!と、訴えました。

傘を差しての宣伝でしたが、立ち止まって、私たちの訴えに聞き入ってくださる方、手を降ってくださる方が何人もいて、元気をいただきました。

秋の阿波おどり~阿波おどり大絵巻~ 

アスティとくしまで開催された「秋の阿波おどり~阿波おどり大絵巻~」を見て来ました。

式典後、徳島ラーメンを食べて一服していると、阿波藍で染めた衣装のファッションショーが始まりました。

藍染衣装で踊る阿波おどりも素敵ですね。

阿波おどり大絵巻にふさわしい阿波おどりの群舞は圧巻でした!

会場には、特産品のお店もたくさん出ていて、お土産も買えました。

LEDを使った作品や竹細工などの工芸品もあちこちに展示してあり、展示物を見て回るのも楽しいものでした。

議会の質問準備のため、ゆっくり観ることができなかったのが残念です。

 

 

 

 

県社会福祉大会に参加 辻井いつ子さんの講演も聴きました

25日、県社会福祉大会に行ってきました。

式典では、社会福祉分野で功績のあった400を越える県民・団体のみなさんが表彰され、「『地域で生活する誰もが、安心して、生きがいを持って暮らすことのできる福祉社会の実現』に向けて、その具体的な取り組みを進めることを誓い合」う大会宣言を採択しました。

式典後、辻井いつ子さん(盲目のピアニスト、辻井伸行氏のお母様)の記念講演がありました。

 

「明るく、楽しく、今を生きるために」と題した子育て体験談は、笑いあり、涙ありの、示唆に富んだものでした。

生後間もない息子さんが、全盲とわかり、「美しいもの」をみるたび、「彼は一生、こんな美しいものを見ることはできないんだ」と落ち込んでいた時、盲導犬と暮らす福沢みわ子さんの著書に出会い、福沢さんに子育ての悩みを相談。

「健常児と同じように育てなさい」と言われ、目の前が開かれたこと、「視覚以外の感覚で楽しむ」ことができると、お花見にも連れていったことなど、いつ子さんの前向きで積極的な姿勢が、息子さんの才能を見つけ、伸ばすことにつながったということがよくわかるお話でした。

スイミングもスキーも乗馬にも挑戦したという伸行さんの、「見えないことをこわがらない」積極性も、このお母さんあってのことだと思いました。

つききりだった子育ても、伸行さんの「お母さん、もう大丈夫だよ。これからは、お母さんのやりたいことをやってね」との言葉で卒業。
今は、講演や執筆活動などに励んでいるそうです。
経済的に恵まれていたからできたこと思うことも多いのですが、辻井いつ子さんの、子育てだけでない、生き方、社会や人への向き合い方に多くのことを学ばせてもらいました。

徳島駅前宣伝で山本千代子さんが初の訴え

25日、徳島駅前宣伝に衆議院1区予定候補の山本千代子さんが登場し、古田元則書記長、私の3人で訴えました。

私は、23日の演説会での市民連合の山本純さん、オール徳島の河村洋ニさんの連帯の挨拶も紹介しながら、「市民と野党の共同の力で、安倍政権の悪政の暴走を許さず、憲法を守り生かす新しい政治への転換を図っていこう!」と、呼び掛けました。

冷たい空気に気も引き締まる朝でした。