過労死ゼロを目指して    「過労死等防止対策推進シンポジウム」に参加して―

23日(土)13時30分~徳島文理大学のキャンパスで開催された「過労死等防止対策推進シンポジウム」(厚生労働省主催)に参加しました。

大学の教室で開催されたこともあって、これまでとは違って、学生さん等、若い人たちの参加も多く、120人の参加者で会場はほぼ満員でした。

過労死事例の認定、救済の現場で過労死問題に取り組んでいる弁護士さんが語る「過労死のしくみと現状を学ぼう」と題した講演は、熱意のこもったわかりやすいお話でした。

長時間労働による脳・血管疾患、精神障がいの労災申請は、年々増えているものの、労災として認定された数が一定で増えていないことについて、徳島労働基準監督幹は、申請件数増加は、労働者の意識の高まりと理由づけたのに対して、岩城弁護士さんは、「長時間労働で実際に病気になる人は増えている。認定数が変わらないのは、国の認定基準が厳しすぎるからだ」と、バッサリ。 日本の労働基準法についても、「ザル法」だと指摘しましたが、この言葉に現場で過労死問題に取り組んでいる専門家としての怒りが込められていることを感じました。

続いて、「全国過労死を考える家族の会」代表の寺西さんが講演。 寺西さんは、飲食店で働いていたご自身の夫を、1996年に過労自死で亡くされ、労災認定を求めてたたかった方です。 当時は、まだ「過労死」という言葉さえなかった時代。過労自死を認めない会社の対応に、労災申請しようにも、証拠集めなど、申請者側に立証責任があるとされる裁判の大きな壁に、一度はあきらめたものの、「夫の生きた証を」と、岩城弁護士の協力を得て地裁に提訴し、認定を勝ち取った経験をとつとつと語られました。 寺西さんの、「誰かがやってくれるのならおまかせしよう」と思っていたが、裁判をたたかうなかで、人任せでなく、自分が主体となって取り組まなくてはと思うように変わったという言葉が印象的でした。 これから就職する学生さんや家族の働き方に不安を感じて参加された方に、過労自死の遺族としての苦しみを語り、「命より大切な仕事はありません!」「もうだめだと思ったら仕事を辞める、辞めさせる勇気を持とう」と、強く訴えられました。

お二人の講演の後、フロアからたくさんの質問や、家族の働き方を心配しておられる方からの相談等が出されましたが、労基局、岩城弁護士、寺西さんと分担して、一つ一つに丁寧に答えていただいたことも良かったと思います。 「過労死」が大きな社会問題になり、「家族の会」の悲願であった過労死防止法がやっとできたと思っていたら、「働き方改革関連法」が強行され、今年4月から施行されたことで、かえって過労死を増やしかねない事態になっていると、今の労働法制改悪の問題もしっかりと示されました。 また、教員の「変形労働制」導入についての質問にも、教員の長時間労働解消にはつながらず、かえって負担を増やすことになることを具体的に示して答えられました。

過労死をなくし、健康で充実して働き続けることのできる社会へ、「8時間働けば、『普通に暮らせる』社会」の実現のためにも、財界の利益優先の今の政治を変える取り組みが求められていることを切実に感じたシンポジウムでした。

徳島市議選 5候補全員当選!

徳島市議選挙、日本共産党の5人全員当選しました! 多数激戦の本当に大変な選挙でした。 ご支援いただいたみなさん、ありがとうございました。

へいもと市議の議席を引き継ぐことができ、喜びに沸くふるたみちよ候補の事務所
5候補そろって当選を果たしたことを祝して、全員集合して万歳!(加戸さとる市議の事務所にて)

本気の野党共闘と、日本共産党の躍進で、安倍政治にサヨナラする年に! 日本共産党新春のつどい

  本気の野党共闘と日本共産党の躍進で政治を変え、「安倍政治にサヨナラする年に」しよう!―

 7日の夜に開催された日本共産党徳島県委員会の新春のつどいは、集まった人々が政治を変える想いを共有する場となりました。

統一地方選に挑む予定候補者が紹介され、達田県議が予定候補を代表してあいさつを行いました。
散会後、白川さんと私たち県議戦に挑む4人で勝利を目指してのガッツポーズ!

 

原発なくても電気は足りる!  原発NO!の金曜行動に参加

12日18時~「原発再稼働反対!徳島有志の会」の327回目の金曜日行動に久しぶりに参加しました。

 

リレートークで、「電力供給が多すぎるからと、再生可能エネルギーによる発電の『出力制御』を実施する九州電力はおかしい!危険な原発こそ停止すべきでしょう!」と、怒りを込めて訴えました。

まさに、「原発なくても電気は足りる」「電気は足りてる。足りないのは、『愛(住民のいのち、くらしを守ることを一番に考えること)』」です!

       

うろこ雲

8日午後は、第47回徳島交響楽団の定期演奏会に出かけ、久しぶりにクラッシックを堪能しました。

9月30日開催が、台風のため、8日に延期となっていたものです。

 

指揮者は、曽我大介氏。

オーケストラをぐいぐいと引っ張っていくような情熱的な指揮に、ユーモアとサービス精神もプラスされ、魅了されました。

 

コンチェルトはラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」

ピアノは長富彩さん。一つ一つの音を力強く明確に響かせながら、とてもなめらかに弾く姿に見とれ、その音色に聞き惚れました。

 

メインのブラームス交響曲第3番。哀愁を帯びた繊細な旋律、さざ波が寄せては返し、やがて高潮となって押し寄せるようなブラームスらしい重厚な響きに圧倒される見事な演奏でした。

 

 

静かな満足感にひたりながら会場を出ると、まぶしい青空にうろこ雲が広がっていました。

新潟県知事選挙、池田ちかこ候補の勝利を!

新潟県知事選挙は大激戦のまま、明日の投票日を迎えます。

「県民の安全守れない現状で原発再稼働に同意できない」「官邸いいなりにならない」

原発推進勢力にきっぱりNO!が言えるのは、池田ちかこ候補です。

「ウソない正直な政治つくる」池田ちかこ候補の勝利は、全国の希望です!

300回目を迎えた金曜日行動  原発はゼロへ!再生可能エネルギーに転換を!

6日18時~は、「原発再稼働反対!徳島有志の会」300回目の金曜行動へ。
雨天にも負けず、リレートークとパレードで、原発にしがみつく政治を変えて、安全安心の再生可能エネルギーへの転換をはかろうとアピールしました。

川内原発、玄海原発等、相次ぐ原発事故。さらに、ニセコ高校のエネルギー学習で、北海道経産局が原子力発電についての問題点を指摘する内容の変更を講師に求めるという教育干渉を行うという異常さ。

一方で、伊方原発は1号機、2号機とも廃炉へ、再稼働していた3号機は、住民訴訟の勝利で停止中です。伊方原発の廃炉決定は、「伊方ショック」とも言われているそうですが、電力会社にとって、原発はもはや不採算のエネルギーだと認識されたということではないでしょうか。

私たちは、これからも原発再稼働反対、すべての原発は廃炉へ、自然エネルギーへの転換をはかれと訴え、アピールし続けます。

国民の怒りに火を注ぐ結果に! 酷すぎる佐川元理財局長の証人喚問

27日の佐川氏の証人喚問は、酷かった!
かつてのロッキード疑獄の「記憶にございません」を連発した証人喚問どころではない。

28日は、どこに行っても、この証人喚問のことが話題になりました。
保守的な立場と思われる方からも、「昨日の証人喚問、どう思われましたか?」と話しかけられましたが、私が、「酷かったですね。」と感想を述べると、「あんまりですよね!国会をばかにするにもほどがある。あんなもので、国民が納得すると思ったら大間違いです。」と、矢継ぎ早に言われて、私の方が圧倒されるほどでした。

全くです!昨日の証人喚問で、幕仕舞いなど許せない!国民の怒りに火を注ぐ結果となったことを安倍首相、官邸は思い知るべきです。

徳島病院の閉鎖、困る! 患者さんからの訴えが地元紙に

徳島病院の移転・閉鎖問題について、地元紙に患者さんからの投書が載っています。
(乾さんの投稿をシェアさせていただきました。)

不可解なことが多い徳島病院閉鎖・統合問題。16億1千万円もかけて病棟をリニューアルしてたった5年で何故閉鎖・板野の東徳島医療センターに統合するに至った合理的な理由は、対政府交渉でも示されませんでした。

私たちは、計画の撤回、徳島病院の充実を求めて行きます!

 

安倍9条改憲NO!憲法を守り生かす署名を呼びかけました

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、車、屋外すっかり春めいた天気になりました。

25日朝は、定例のびっくり日曜市宣伝に憲法共同センターのメンバーも加わって、安倍9条改憲NO!憲法を守り生かす署名への協力を訴えました。
1時間半程の取り組みで131筆集まりました。

この行動に、鳴門から列車とバスを乗り継いで参加された方もおられました。

対話の中でも、森友学園問題に関わる公文書改ざんや、憲法改悪を狙う安倍政権への怒りの声がたくさん寄せられました。

この日は、徳島マラソンの日。こちらの方でも署名活動が取り組まれました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、子供、屋外画像に含まれている可能性があるもの:手塚 弘司さん、立ってる、屋外