「君たちはどう生きるか」がブームに

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト9日夜9時~のNHKクローズアップ現代で「漫画 君たちはどう生きるか」が取り上げられていました。

戦後の岩波書店の編集者として有名な吉野源三郎さんが戦前に書いた「君たちはどう生きるか」という本の漫画版が出され、その発行部数が100万冊を超えたということです。この火付け役となったのが若い人たちだというのだから驚きます。

原作は、軍国主義と言論統制が強まっていた時代に「せめて少年少女だけは時勢の悪い影響から守りたい」と企画された「日本少国民文庫」(全16巻)の一冊で、人として守り行うべき道はどこにあるのか等、生きていくために大事な哲学的な問題を扱っています。

私も若い頃に読みましたが、社会がどういうしくみで動いているのか、その中で、自分自身がどう生きていくのかを考えるのに大変役立つ、現代にも通じる書だと思いますが、この本のブームの背景にあるのが、「混沌とした時代」だということのようです。

かつて、小林多喜二の「蟹工船」も同じようなブームの再来がありましたが、この時は、若者を使い潰す「ブラック企業」が大きな社会問題になっていました。
新たな時代の幕開けの予感もするのですが、逆に、吉野源三郎がこの本を書いた時代ー暗黒の時代ーの再来は歓迎できません。

自動代替テキストはありません。

上村きょう子の見て歩記 No.58を紹介します

上村きょう子の見て歩記No.58を発行しました。今回は、11月議会での一般質問(12月1日、山田県議団長の質問)特集です。飯泉県政を評して、「県政の私物化」、その下での「忖度の蔓延」、「組織の腐敗」が進行していると断じ、そのことを象徴する4つのテーマで質問しました。

知事は、開会の所信で、「現行憲法には『地方自治』に関する規定は、第八章のわずか四条のみであり、その内容もあまりに抽象的」で、地方交付税の大幅削減や参議院選挙での合区問題など、「国政に地方の声が届かず、地方の活力を損なう弊害を招く大きな原因となって」いるとし、「課題解決先進県・徳島」として「地方自治に関する憲法論議」を進め、憲法改正草案を取りまとめて全国知事会に報告したこと、さらには、知事会を代表して安倍総理に提言までしたと述べました。

山田県議団長は、この知事の発言に対しても、「憲法改正など本末転倒」「国政に地方の声が届かないのは、憲法を守らない国と地方の政治の責任」だと厳しく批判しました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、テキスト

「共闘の新しい形」 ―市民と野党の共闘で安倍政権を退陣に!

15日の赤旗日刊紙、西日本のページの「総選挙2017 今 言いたい」のコーナーに、市民連合・徳島代表の山本純さんが登場していました。「共闘の新しい形」ができたという、彼女の言葉に大いに励まされます。
事務所の片付けや候補者カーの準備を済ませ、明日からの後半戦に備えて早く寝ようと思っていたのに、やっぱり夜遅くの帰宅となってしまいました。(*_*)

ちなみに、1区は、候補者も女性、事務所長も次長も女性という、まさに「女性活躍」の象徴(^o^) 😆 のような体制です。

「上村きょう子の見て歩記」No.54ができました

私の事務所が徳島1区候補の山本千代子&比例の事務所となり、事務所長の任をいただきました。初めての経験で、あたふたすることが多く、バタバタの日々です。それでも、2日の事務所開きは雨の中、80人を超える参加をいただき、勝利に向け熱気あふれる会となりました。9月議会開会中で、不器用な私は両立に四苦八苦の日々です。

さて、「上村きょう子の見て歩記」No.54ができあがったので、紹介します。
今号は、選挙特集。2日の事務所開きの報告も載せました。

議会は10日閉会が、公示と重なるため、6日に変更。閉会日に行う議案に対する討論の準備もしなくてはと思いつつ、今日も事務所運営の打ち合わせなどで終わりました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル