一般質問が終わりました

005 (1280x843) 6月議会の一般質問が終わり、ホッとしながら、振り返っています。

2015年に初当選してから3回目の質問です。毎議会の質疑や討論で本会議登壇も慣れてきたかなと思っていましたが、やっぱり60分の質問は緊張しました。答弁をメモするのに手が震えて、うまく書けない・・・(;´Д`) まだまだ修行不足ですね。

質問を仕上げるにあたり、協力してくださった関係者のみなさん、職員のみなさん、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 

 また、忙しい中、私の質問を聞きに、時間を割いて来庁していただいたみなさん、また、TVで視聴してくださったみなさん、ありがとうございました。質問者は、傍聴してくれている方がいるというだけで、勇気百倍です!
今回は、1)音楽プロダクションの脱税容疑で問題になっている県の文化行事、「とくしま記念オーケストラ」事業に関する質問をメインに、2)国民健康保険の都道府県単位化について、3)徳島東警察署移転問題について、4)受動喫煙防止について
質問しました。

「とくしま記念オーケストラ」事業については、昨日の自民党会派の代表質問でも取り上げられましたが、知事は、脱税容疑がかかっている川岸氏を政策参与に任命した責任を認め、県の文化行政に対する県民の不信を招くような事態になったことは謝罪し、不透明な資金の流れも調査・検証すると表明しましたが、文化行政を記念オーケストラ事業に偏重させた責任も、不透明な資金の流れのもととなっている「基金」をつくった責任も認めていません。また、調査・検証についても、どんな形で、いつまでにするのかの問いには、答えませんでした。

知事は、不信を招き、県民に心配をかけた責任をとるとして、自身の夏のボーナスを全額返上するそうですが、そんなことで県民が納得すると思ってもらっては困ります!

私の知事の責任を問う質問に、次々と「あんなこともした、こんなこともした・・・」と、自らの文化行政の業績を並べ立て、挙句に、ヴォルティスの開幕戦で4Kを使ったオーケストラ演奏上映(1分間に100万円使ったことが評判になった!?)を行ったことを自慢する知事にはあきれてしまいました。謝罪の言葉がよけいに空々しく聞こえ、とても真摯に反省している風には見えませんでした。

010 (937x1280) 他の質問に対する答弁も予想通り、木で鼻をくくったような官僚的な答弁で、どっと疲れました。質問中の私の表情に、その雰囲気が出てしまっていますね。     (T_T)/~~~ 😥

さて、今日は、まずは、ゆっくり休んで、充電します。
明日は、県議団会議で、今後の対応を相談する予定です。
(質問については、後日、詳細を報告します。)

祝!読者ニュース「かわせみ」500号

20170618佐藤さんの似顔絵11時からは、八万地域の「しんぶん赤旗」読者ニュース「かわせみ」500号達成のお祝いの会がありました。

「かわせみ」の書き手の佐藤さんは、2007年6月17日に第一号を発行して以来、赤旗日曜版の発行に合わせて読者ニュースを書き続け、なんと10年!ついに500号に達しました。

八万地域では、日曜版とともに「かわせみ」の愛読者が広がっています。私も、佐藤さんの独特の作風と自画像のマンガ(ご本人にそっくり!)が大好きで、毎号楽しみにしています。

祝賀会で挨拶に立った佐藤さんは、毎週書き続ける大変さにも触れながら、「多くの人に読んでもらえる幸せに感謝している。500号は通過点。これからも書き続けます!」と決意を語りました。

この日は、もう一つ嬉しいできごとがありました。以前からの赤旗の読者で「かわせみ」の隠れた協力者として佐藤さんを支え続けてこられたMさんが、入党してくださったことです。「佐藤さんの頑張りにも励まされ、党とともに人生を歩むことにしました。よろしくお願いします。」と語るMさんに、参加者から大きな拍手が送られました。

久しぶりに参加された方もいて、大いに盛り上がった祝賀会でした。

○20170618かわせみ500号(表)  20170618かわせみ500号(裏) (2)

びっくり日曜市で訴えました

○20170618日曜市宣伝朝は、定例のビックリ日曜市での宣伝。古田美知代元県議、山本千代子衆議院1区予定候補、私と、交代でマイクを握りました。

 

参議院委員会での審議を飛ばして「中間報告」という異例の手段を使った「共謀罪」法案の強行可、国会最終日に申し訳程度の集中審議で加計学園問題の追及をかわす国会運営等々、維新を巻き込んでの政権与党の暴挙は目に余ります!

県議会では6月議会が開会。日本共産党は、21日の一般質問で、「とくしま記念オーケストラ」への不透明な県費の流れなどを質す予定であること等を報告。ぜひ傍聴をと呼びかけました。

 

交代で訴えている間にもたくさんの方が、会釈したり手を振ってくれたりと、いつもながら、日曜市宣伝は、元気をもらえる楽しい活動です。

今日は、四国の一斉宣伝デー

19113891_710472139136194_3262362997109004592_n[1]16日は、日本共産党四国ブロックの一斉宣伝デー。

私と山田県議は、21日の質問準備のため、定例の徳島駅前宣伝のみの参加でしたが、私たちの訴えに、バス停でじっと耳を傾けて下さっていたみなさんが拍手を送ってくれました。

「共謀罪」法案の異常な強行可決、加計学園問題の疑惑解明を避けるかのような国会運営等々、数を嵩に着て暴走する安倍政権への怒りが広がっていることを実感しています。

 

上村きょう子の見て歩記 No.46 を発行しました

「上村きょう子の見て歩記」No.46を発行しました。

このニュースは、佐那河内村と徳島市の上村の担当地域の「しんぶん赤旗」読者のみなさんに新聞に折り込んでお届けしています。

(尚、このニュースは、政務活動費は使わず、自費で印刷、配布しています)

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル

6月議会が始まります  21日、一般質問に立ちます

◎一般質問のご案内 20170614徳島県議会の6月議会が始まります。

14日まで、常任委員会、特別委員会の事前委員会が開催され、日本共産党県議団も、国会審議を気にしながらも、すでに議会モードです。

15日に開会、知事説明、20日から代表質問、一般質問があります。

今議会は、私が党県議団を代表して21日13時30分から一般質問に立ちます。

ただいま、準備中!

いよいよ6月議会が始まります! 12日から事前委員会開催

12日は、文教厚生委員会の事前委員会でした。

syonika_m[1]県は、今年4月診療分から「子どもはぐくみ医療費助成補助金」を中学修了まで拡大するとして、1億5千万円の補正予算を提案しています。県内のすべての市町村が医療費助成を中学校修了または、18歳に達する年度末まで対象としていることを受けての対応で、市町村が行う補助と同額を県が負担するものです。市町村は、県が負担する分だけ財政的に助かることになります。
ところが、扶養親族1人の場合570万円の所得を超える世帯は県の助成の対象となりません。また、1レセプトにつき600円の自己負担金が必要という条件が付いています。
市町村で所得制限を設けている(570万円)自治体は美波町のみ。また、自己負担を課している自治体は、24市町村のうち14市町です。(「レセプト」とは、患者が受けた保険診療について、医療機関が保険者《市町村や健康保険組合等》に請求する診療報酬の明細書のこと)
つまり、この条件からはずれる中学生の医療費助成は、市町村がすべて負担することとなります。
私は、「県の助成が拡大されたことは、県民にとって大変喜ばしいことだが、なぜこうした条件を付けるのか?条件をつけずに助成すべきではないか」と質しました。

 

国民健康保険は、来年度から運営主体が市町村から県に変わります(保険料徴収をはじめとした実務は今まで通り市町村が担当します)が、市町村とどのような協議がされているのか、保険料試算の結果はどうなっているのか等、県はまったく明らかにしていません。
私は、情報公開している他県では、ほとんどの自治体で保険料が上がる試算が出ていることも紹介しながら情報公開するよう求めましたが、県は、国が保険料試算の方式を改定する予定であること等を理由に、まだ公開すべき時期ではないとして明らかにしませんでした。この問題は、引き続き、一般質問でも取り上げる予定です。

 

gatag-00010283[1]文化の森総合公園の野外劇場に屋根を新設し、雨天でも使用できるようになることで、野外劇場の使用料を倍に引き上げる条例案が提案されています。
これについては、引き上げすぎだと委員から異論が出ました。
県は、これまでは、屋根がないため、雨天に備えて室内のイベントホールなども同時に借りる団体が多かった。それを考慮すると、引き上げ額は妥当との答弁。
野外劇場の使用は、昨年は、8件、16日の稼働。屋根がなく、雨天時に使用できないことがネックになっていたが、屋根の新設後は年間100日の稼働を予想しているとのことです。
委員からは、文化立県を唄うのならできるだけ安い料金で県民の利用を促すべきではないかとの意見が出ました。私も、「まったく同感。料金設定は再考すべき」と意見を述べました。この問題は、負託委員会でさらに追及していきます。

 

県議会は、15日開会。代表質問が20日、一般質問が21日と続きます。私は、21日、13時30分から、日本共産党を代表して一般質問に立ちます。

建労住宅デーにおじゃましました

建労住宅デー案内2017061111日(日)は、建労南支部論田分会の住宅デーでした。私も短時間でしたが、ご挨拶に回りました。
「雨が降らんで良かったー!」と言いながら、ご近所のみなさんから預かった包丁を研ぐ地元の職人さん。
地域に役立つことをやろうと各支部、分会で取り組み始めた住宅デー。今ではすっかり地域でお馴染みの行事となりました。

建労住宅デー20170611

建労論田分会住宅デー20170611
ノミなどの大工道具を研ぐ研磨機で、ご近所のみなさんから持ち込まれた包丁やはさみを無料で研いでくれます。最後は、目の細かい砥石で丁寧に研いで仕上げてくれます。住宅補修などの相談にものっていただけます。

祝!びっくり日曜市20周年 

びっくり日曜市20周年感謝祭20170611今日のびっくり日曜市は、20周年感謝祭で大変な賑わい様でした。
いつもの場所で訴えた後、会場中央に設営された舞台の前を通ると、オープニングの和太鼓の演奏が始まりました。
いつもよりも出店も多いようでした。
「宮内庁御用達(?)」の札が目について、近づいてみると、「宮内庁御用無し」でした。干しいも専門のお店で、京都から仕入れた品だそうで、大阪から売日曜市さつまいもの店(ほしいも)20170611りに来たとのことでした。

 

 

 

びっくり日曜市は、県内はもちろん、県外でも評判になり、今では観光バスのコースに入るほどになっています。関係者のみなさんが力を合わせて頑張って来られた成果です。商売人の底力の凄さを感じます。

 

共謀罪法案強行は許さない! 憲法共同センターの昼休み宣伝に参加

20170610_130729 (2)「共謀罪(テロ等準備罪)法案の強行は許さない!」 憲法共同センターのお昼休み宣伝に参加しました。

「僕も署名しとくわ。」と、寄ってくれた男性は、「こんな法律、絶対につくらせてはいかん。治安維持法よりもひどい中身だ。」と怒っていました。
土曜日だからか、県外の方が多い。署名してくれた人全員が県外だったという人もいました。

与党は、維新を巻き込んで、会期までに強行採決する構えですが、私たちはあきらめません!