希望の光が見えた徳島県民医連2018望年会

15日、午前中は、人間ドック。胃カメラで軽度異常あり、お薬をいただきました。このところ、忙しかったからかなあ。

遅い昼食を食べ、午後からは、地域支部との行動へ。街頭宣伝にポスター貼り、ビラ配布と、新入党員のMさんが大活躍でした。

夜は、私の古巣、徳島県民医連2018年望年会でした。
県議、徳島市議、県議候補のたかはらくみさんとともに参加させてもらいました。
来年春の県議選で、板野選挙区からの立候補を決意した高原久美さんが、日本共産党議員団を代表して「いのちを大切にする政治をともに目指そう」と挨拶しました。

徳島民医連望年会の今年のテーマは、「かがやく未来へ~We can go it!」
冒頭で院長の佐々木先生が、懸案の健生病院のリニューアルの取り組みについて、わかりやすく紹介してくれました。厳しい医療情勢の下、資金繰りで大変な困難を抱えているということは聞いていましたが、乗り越えていける展望が見える話で、感動しました。

高齢化が進む2040年まで、実際には必要病床数は増えます。医療費抑制のためのベッド削減を強行にすすめる今の政治がいつまでも続くわけではありません。将来、情勢が変わっても対応もできるようにと、柔軟性のある計画を考える先見性は「民医連」だからこそできることだと確信すると同時に、私たちも政治変革が早くすすむよう、頑張らなくてはいけないと励まされました。

私の古巣ですから、多くの顔見知り、仲間がいます。私は、各テーブルを回って挨拶しながら話し込みました。嬉しかったのは、職員の子弟が何人も新人として入職してきていることです。

恒例の職場ごとの出し物も、今年はやりのダンスが次々と繰り出され、楽しませていただきました。抽選で豪華な「半生うどんセット」までいただき、いつにも増して心に残る一夜でした。

     

四国ブロック一斉宣伝行動日 地域支部と街頭宣伝へ

14日は、四国ブロック一斉宣伝行動日でした。
私は、Hさんの運転で担当地域を宣伝カーで流して回り、5か所でスポット演説を行いました。途中で、地域支部のUさんに出会って、お付き合いしていただきました。
ポスター貼りとビラ配布をしていて、私の声を聞いて駆けつけてくれたそうです。

 

最後に演説した場所では、車を停めて窓を開けた男性から、「共産党頑張れよ-!もっと頑張ってくれなんだらあかんぞ!」と声援を送られました。ありがたいですね。

文教厚生委員会(保健福祉部・病院局)での質疑  夜は演説会へ 

13日、保健福祉部・病院局の付託委員会がありました。

 

私は、来年度の国保の標準保険料率の算定はどうなっているか聞きました。試算中とのことで、具体的な額は示されませんでしたが、今年度よりも上昇する可能性がある様子。今後、12月末に国から本係数が示され、標準保険料率が決まるのは、来年2月中旬ごろとのことです。県は、今年度と同様に、激変緩和措置を講じるとのことですが、心配です。私は、国保料上昇など、住民負担がこれ以上重くならないよう求めました。

この他、地域医療介護総合確保基金の使い道について、徳島病院の統廃合問題について、旧優生保護法による強制不妊手術問題について問いました。

徳島病院の存続を求める署名は4万筆を超え、地元市長も議会はもちろん、県議、県内国会議員全員が存続を求めていること、さらに、周辺自治体で存続を求める意見書も採択されていることを示し、地域医療構想は「地域の実情に応じ」てというなら、県がこの地域の声を国立病院機構に届けるべきではないかと質しました。

県は、国立病院機構に「ていねいな対応」を求めたとのことで、答弁事態は相変わらずですが、5月に続いて10月にも申し入れたとの話に、世論の力の大きさを感じました。

 

夜は、四国キャラバンで徳島入りしている白川よう子四国ブロック国政対策委員長を迎えて開催された徳島市内の演説会へ。私も山田県議団長とともに県政報告を短時間させていただきました。 白川さんは、政権の暴走が野党共闘の進化・発展を呼んでいると、参加者を勇気づけてくれました。

 

四国キャラバンが徳島入り 宣伝行動に参加

12月13日(木)、朝は、昨日から四国キャラバン宣伝で徳島入りしていた白川よう子四国ブロック国政対策委員長とともに、徳島駅前でおはよう宣伝。来春の県議選に出馬する高原久美予定候補と県議団も勢揃いして訴えました。 寒いけれど、「頑張るぞ!」と気合いの入った朝でした。

女性陣は、そろってピンク色の衣装。打ち合わせしたわけではなく、たまたまですが。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、上村 恭子さん、白川容子さんなど、立ってる(複数の人)、空、屋外

「しんぶん赤旗」の魅力再発見  日曜版編集長を招いての学習会に参加しました

日曜版編集長の山本豊彦さんを招いての学習・決起集会に参加し、日曜版の魅力を再発見。山本編集長が語る「しんぶん赤旗」の一般紙にない魅力、特に、「党議員や支部のみなさんと一緒に紙面をつくっている」という話は、胸に染みました。

共産党が「独自のたたかい」と言われていた時代から、「自民か非自民か」、自民・公明か民主か、の「二大政党」の時代、そして、今の「市民と野党の共闘」と、変遷する時代の中での苦労ややりがいから、赤旗編集部にも「芸能部」があるとの話、クイズ・クロスワードパズルは記者が持ち回りでつくっている―といった裏話まで、面白いお話もたくさん聞けました。
頑張って読者を増やそう!って素直に思えたお話でした。

学習の後の決起集会で、来春の県議選挙、板野選挙区から立候補を予定している、たかはらくみ(高原久美)さんの決意表明も素晴らしかった!

地元で街頭宣伝

 

今日は、元村議の松長さんとともに、地元、佐那河内村で街頭宣伝。宣伝カーの流しスポットも自分の声でアナウンスしてみました。
しゃべりっぱなしで疲れましたが、声援をいただくたびに元気を取り戻しました。
「佐那の郷」の前で訴えた後、美味しいランチをいただき、ほっと一息。地元のみなさんの温かさが身に染みました。

 

園瀬川の護岸の修復工事も大分進んでいて、一安心です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外

園瀬川の護岸の修復工事の様子

「記念オケ疑惑」等、質す   達田議員が一般質問

本日、達田よし子議員が県議団を代表して一般質問を行いました。

注目の「記念オケ疑惑」について、知事も理事者もこれまでの答弁を繰り返し、まともに答えませんでしたが、さすがに、6月議会のときのような、記念オケ事業の成果をとうとうと述べるような質問潰しの長時間の答弁も見られませんでした。

達田議員は、質問のまとめで、県民の声に「真摯に耳を傾ける」と述べながら、説明責任をまったく果たさない知事の姿勢こそ問題だと鋭く指摘。傍聴席から力一杯の拍手が沸き起こりました。

地元紙の夕刊の時事柳壇には、「オケにふた多選に耳栓して出馬」とあり、県議団一同「うまい!」と大笑い!
17時30分からの「記念オケ疑惑の真相を明らかにする会」の県庁前宣伝にも県議団3人そろって参加。リレートークでは、達田議員が今日の質問&答弁について報告しました。

           

生活保護基準引き下げに異議! 守る会の審査請求書提出行動に同席しました

画像に含まれている可能性があるもの:8人、上村 恭子さんを含む、立ってる(複数の人)12月4日午後、徳島県生活と健康を守る会連合会(通称「守る会」)が、生活保護基準引き下げに異議を申し立てる審査請求17名分を県国保・自立支援課に提出しました。

党県議団からは、山田県議団長と私が同席しました。

 

「生活保護基準引き下げに反対する声明」が発表されたので、以下に紹介します。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

生活保護基準引き下げに反対する声明

2018年12月4日

徳島県生活と健康を守る会連合会

会長 井出 幸夫

私たちは、本日、本年10月1日に実施された、平均1.8%、最大5%、総額213億円の生活保護基準引き下げに対して、満身の怒りを込めて異議を申し立てる審査請求を行いました。

生活保護制度は、社会保障の岩盤であり、最低賃金や暮らしに関わる多くの制度の適用基準のもととなっているものです。これまでにも、老齢加算337億円、生活扶助670億円、住宅扶助190億円、冬季加算30億円、期末一時扶助費70億円が削減されていますが、今回の213億円の削減実施で、総額1510億円にのぼる生活保護基準の削減となっています。

憲法25条は、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と定め、生活保護法第3条も「この法律により保障される最低限度の生活は、健康で文化的な生活水準を維持するものでなければならない」と規定しています。

今回は『最も低い収入10%の世帯(第1・十分位)の消費水準』より高い生活保護基準を削減したもので、現在でも苦しい生活を強いられている生活保護利用者の生活実態を十分検討することもなく、削減先にありきで、明らかに違憲、違法なものです。

私たちが行っている生活保護利用世帯アンケートでは、「食費を始末し、電気代、水道代を始末し、これ以上節約するところがない」「冠婚葬祭の付き合いができない」「電気製品が壊れても買い替えるお金がない」など、今の生活保護基準額の低さを反映した切実な声が寄せられています。

2013年度に戦後最大の生活保護基準引き下げを行った時の「社会保障審議会生活保護基準部会」報告の中の「一般所得世帯(第1・十分位)と生活扶助基準の比較検討の検証結果の留意事項」では、『現実には、第1・十分位の階層には、生活保護基準以下の所得水準で生活している者も含まれることが想定される点についても留意が必要である。・・・今般、生活扶助基準の見直しを具体的に検討する際には、現に生活保護を受給している世帯及び一般低所得世帯、とりわけ貧困の世代間連鎖を防止する観点から、子どものいる世帯への影響にも配慮する必要がある。』と述べられています。このことからも、この度の引き下げは、基準部会の報告書と整合せず、厚生労働大臣の判断は「裁量の逸脱・濫用」であると言わざるを得ません。

生活保護基準引き下げの影響は、生活保護利用者だけにとどまるものではなく、政府発表でも、国や地方自治体の施策の中で、多くの制度に影響し、年金受給額にも影響が及ぶのは必至で、国民生活全体の切り下げをもたらすことは明らかです。

私たちは、あらためて、憲法25条が保障する健康で文化的な最低限度の生活の基準である生活保護基準の引き下げに強く反対するものです。

 

一般質問の日がせまってきました 

画像に含まれている可能性があるもの:空、夜、屋外

いよいよ、達田議員の一般質問の日が迫ってきました。
今日の県議団会議で、質問項目については、やっと確定しましたが、文章の仕上げは、これからです。

私は、午後からは相談対応もあり、さきほど県庁の控え室を出たところです。

小雨も降って、あたりはすでに真っ暗。
ケンチョピアのヨットのイルミネーションがクリスマスシーズンの雰囲気を醸し出しています。

画像に含まれている可能性があるもの:達田良子さん、スマイル、テキスト

 

徳島・市民アクションの署名行動に参加しました

今日は、問屋町のびっくり日曜市で、徳島・市民アクション主催の9条を守る3,000万人署名行動に参加しました。
天気も良く、新婦人のみなさんによるバザー出店もあり、たくさんのお客さんが訪れてくれて、8時~11時までの取り組みで、158筆集まりました。

9条署名の呼び込みの声を聞いて、自分から署名をしに来て下さる方や、署名しながら「憲法の問題だけでないんですよ。僕は、安倍さんの政治そのものが問題だと思っているんです。」と、安倍政権の暴走政治への怒りを露わにする方もいて、対話もはずみました。
「憲法のこと、色々言われていますが、よくわからないんですけど。」と聞いてこられた女性に、安倍首相が「憲法9条に自衛隊を書き込む改憲」で、日本を「戦争できる国」に変えようとしていることを詳しく説明すると、「よくわかりました。」と、署名してくれました。
10月28日にも同様の取り組みを行っていたので、「この間、署名しましたよ。」と言う方も結構いました。
もちろん、「憲法改正大賛成!」「『アベ政治を許せない』というのが許せないから署名しない」と言う方もいました。

「9条を守る署名にご協力ください」との声かけを3時間続けたせいで、口がくたびれ、腰痛になりかけましたが、色んな方と対話もでき、思わぬ出会いもあって、楽しい取り組みでした。(腰痛の方は、午後からの会議で座っていたら、いつの間にか治っていました。)