四国ブロック政府交渉に参加

 6日に行われた日本共産党四国ブロックの政府交渉に参加しました。

徳島からは、山田県議、岡田吉野川市議、藤元牟岐町議、私の4名。 他県からは、松本けんじ参議院選挙区予定候補、白川よう子党四国ブロック国政対策委員長、塚地高知県議、米軍機の低空飛行訓練で爆音、振動被害に見舞われている高知県本山町の住民3名が参加。多忙な委員会審議の合間を縫って仁比そうへい参議院議員も途中から駆けつけてくれました。

議題は、米軍機の低空飛行訓練の中止要請、徳島病院の存続・充実の要望です。

以下、交渉の概要を報告します。

1.米軍機の低空飛行訓練の中止について

米軍機の低空飛行訓練については、高知県では4度も墜落事故が発生し、ドクターヘリ、防災ヘリとのニアミスも起こっています。 4月には、保育園上空をこれまでにない低空で飛行し、驚いた園児が泣き叫ぶ等の被害が出て大きな問題となっています。園児の保護者代表として参加した3人は、保護者や住民のみなさんから寄せられた「日本の空で戦争の訓練はやめてください」との願いを書いたメッセージカードの綴りを政府に提出し、一人ひとり、抗議しました。

徳島県南部でも今年に入って6月4日までで28回と、半年足らずですでに昨年1年間を上回る低空飛行が確認され、住民の不安が募っています。 外務省の担当官は、「ひとつひとつの事例を積み上げて改善していきたい」、防衛省の担当官は、「住民のみなさんからの苦情は、米軍側にも英訳して一つ一つ伝えている」と答えましたが、政府自身でまず実態をきちんと把握する調査をすべきだと厳しく指摘しました。

要請の要点は、以下の4点です。

①住宅密集地での低空飛行訓練の中止を直ちに米側に求めること

②全国知事会が求めている日米地位協定の抜本的見直しを行うため、全国知事会との協議機関を設置すること

③政府として被害の実態を調査すること

④防災ヘリやドクターヘリ等との衝突の危険を回避するため、フライトプランを自治体に情報提供するよう徹底すること

2.徳島病院の存続・充実について

徳島病院問題については、昨年11月にも東徳島医療センターへの機能移転・統合(事実上の閉鎖)をうたった基本構想の撤回、徳島病院の存続を求めて交渉していましたが、県議会、県下全ての市町村議会で意見書や決議が上がり、四国市長会での存続への要望が上がったことなどを受けての再交渉です。

「昨日の衆議院厚生労働委員会での立憲民主の阿部知子委員の質疑への答弁で、『徳島病院及び東徳島医療センターの医療機能を将来にわたって継続していくために最適な方策を検討しているところ』との回答があったが、「最適な方策」の中に、徳島病院と東徳島医療センターのそれぞれを存続させるという選択肢は含まれているのか?」「これまでも指摘してきた水害等、防災上の問題に対する対応の検討もしているのか?この問題については、当然、徳島県との協議も必要となってくる」と、仁比参議院議員が追及しましたが、担当官からは、どの質問にも「お答えできない」との返事でした。

昨日、徳島病院の院内掲示(徳島病院を東徳島医療センターに統合し、機能移転するー事実上の徳島病院閉鎖を宣言した「基本構想」)を撤去すると回答したことも考慮すると、「『検討』という名の事実上の基本構想の撤回ですね」との質問にも「お答えできない」との回答でしたが、今日のやり取りを聞いた印象では、図星だったのではないでしょうか。

岡田吉野川市議をはじめ、白川よう子党四国ブロック国政対策委員長、私たちもそれぞれ徳島病院が担ってきた神経難病などの専門医療、リハビリや防災上の問題など発言し、徳島病院の存続・充実をと要請しました。

徳島病院の存続は、県と県内全ての自治体の要求になり、さらに四国市長会へと広がっています。吉野川市民の住民運動と医療労働組合のみなさんの一致団結した運動が、まさに国を動かしています!

 

松本けんじ参議院予定候補が応援に―後半戦の勝利を!

16日、午後からは、後半戦の応援に高知から駆けつけていただいた松本けんじ参議院選挙区予定候補とともに、徳島市内での街頭演説に

徳島駅前では、ふるたみちよ市議候補、末広団地前では、加戸さとる市議候補とドッキング。私も司会進行役で、短くご挨拶させていただきました。 若い松本けんじ参議院選挙区予定候補のよく通る声と、政治に期待しない、あきらめている人たちへの心にも届くようにと、心のこもった訴えに、どこに行っても声援が送られます。 中には、ハーモニカを吹いて励ましていただいた方もいました。 徳島市議選も中盤となりました。多数激戦で予想のつかない混戦です。 どうか、日本共産党の候補者全員、勝利できますように!

松長村議候補の勝利を願って 村議選告示

本日16日、私の地元、佐那河内村の村議会議員選挙が告示されました。

日本共産党からは、松長英視元村議が前回失った議席の回復めざして立候補。 自宅前での出陣式には、親戚縁者、友人、大型ゴミ焼却炉建設計画の白紙撤回を求めた住民運動でともに頑張った仲間等が集まってくれました。

今回、立候補を取り止めた元村議のYさんも応援に駆けつけ、「私の分身として頑張ってほしい。私も、秘書兼監視役で支えます。」と、語ってくれました。 8議席を11人で争う激戦です。 松長候補は、「安倍政権の悪政を、そのまま村民に流し込む政治はさせない!何としても議会に送っていただいて、村のために働かせてください。」と、強い決意を表明し、元気よく、街頭宣伝に出発しました。 村の宝の自然環境を守り、家族農業への支援を強めて、この村の基幹産業の農業を守り発展させたいと、若い時から頑張ってきた松長英視候補を、どうか、村議会に押し上げてください! 私も候補者カーに乗り込み、ともに訴えてまわりました。

いよいよ後半戦が始まりました!

14日から徳島市議選が始まっています。
15日、午前中は、地元で翌日に迫った村議選の準備。
午後からは、日本共産党の宝の5議席、何としても確保を!と、あちこち駆け回りました。

ポスター掲示板を見かける度に、30の議席を40人で争う多数激戦区のすごさを実感させられます。

ある地域で出会った方は、「消費税10%増税は絶対困る」と、「消費税10%増税の中止を求める請願」署名に協力してくれましたが、地元の自民党候補への支持を頼まれているとのことでした。
私が、自民党は消費税10%増税をする側だと指摘すると、「そんな風に考えたことはなかった。僕の地域で消費税増税に反対している人は、誰ですか? その人に入れようと思う。」と対話になり、思わぬところで支持拡大ができました。

日本共産党市議団の候補者のポスターには、すべて「消費税10%増税中止(ストップ!)」が明記してあります!

仁比そうへい参議院議員の応援を得て

14日告示の徳島市議選を前に、仁比そうへい参議院議員が応援に駆けつけてくれました。 午前中の国会審議を終え、午後の航空便で徳島入り。休む間もなく5人の徳島市議の活動地域5ヶ所で街頭演説。最終便でとんぼ返りというハードスケジュールでしたが、市民と力を合わせて市政を変える徳島市議団5人の議席の価値を語り、全員当選で県議選での悔しさを晴らそう!と、力強く訴えました。 消費税10%増税に社会保障改悪、戦争する国づくり、沖縄の辺野古新基地建設強行。その上、忖度で巨額の無駄遣いの公共事業を計画する政治の私物化に「復興より議員が大事」発言で相次いで副大臣、大臣が辞職。 国民を愚弄し、腐敗しきった安倍自公政権への怒りを呼び覚ますような仁比さんの迫力満点の演説に、通りがかりの自転車や車から声援が送られました。

来週からいよいよ後半戦が始まります。 県議選で議席を失った悔しさを2度と繰り返さない、市民の立場で頑張る宝の議席、全てを勝ち取るために頑張ろうと、あらためて決意を固めた午後でした。

後半戦勝利をめざして!

今朝は、選挙後、初めての二軒屋駅前でのおはよう宣伝からスタート。
徳島市議予定候補のふるたみちよさんと交代でマイクを握りました。

いよいよ来週日曜から徳島市議選挙が始まります。
「へいもと市議の貴重な議席。何としても引き継がせて下さい!」
気迫のこもった訴えに、通学途中の高校生も手を振って応えてくれました。
私は、県議選の結果報告と、今後も頑張る決意を述べました。

事務所近くの喫茶店にご挨拶に伺うと、薄黄緑色の桜の花が目に止まりました。大変珍しい種類の桜だそうです。色々と調べて下さった方によると、「鬱金(うこん)」という種類ではないかとのことです。

2期目への挑戦が終わりました ー捲土重来を期してー

 

3月30日、TVでおなじみの小池晃参議院議員が応援に駆けつけてくれました。

2期目を目指した県議選。

私の得票は6843票。前回2015年の時より645票伸びましたが、議席には届かず、徳島選挙区は山田さんの1議席確保にとどまり、1議席減の残念な結果になりました。

県民のみなさんのくらし、福祉を守る公約、特に、消費税10%増税ストップ!高すぎる国保料・税の引き下げを、医療・介護の負担を減らす。
お友達優遇の不公平・不公正な政治の象徴「記念オケ疑惑」の幕じまいを許さず徹底解明を!
終盤で、この訴えが浸透し、手応えを感じていただけに悔しい想いです。

ご支持、ご支援いただいたみなさんの期待に応えることができず、申し訳ありません。

投票率が前回より7%あまり伸びる中での敗戦、自力不足を痛切に感じています。
しかし、厳しいたたかいを制した阿南での達田さんの1議席確保は嬉しい限りです。

捲土重来を期して、頑張ります!
まずは、後半戦のたたかいの勝利のために力を尽くします。

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、植物、雲、屋外、自然今朝は、少し暑いくらいの快晴。桜並木も満開です。

徳島駅前でのご挨拶を終えて休憩に入った喫茶店で、可愛いオブジェに癒され元気を取り戻して、お世話になった団体のみなさんへのご挨拶に回りました。

 

  

わたなべ亜由美徳島市議の事務所開き

 

あいさつする天羽あつし知事予定候補(右)

3月3日、雛祭りの日、わたなべ亜由美市議の2期目をめざす事務所開きがありました。天羽あつし知事予定候補もごあいさつ。私も、共に頑張りましょうとごあいさつさせていただきました。

わたなべ亜由美徳島市議は、初当選してからの4年間で実感した徳島市議団5議席の値打ちを語り、「4年間では、まだまだ足りない。みなさんの要望実現のために、何としても私を再び議会に送ってください」と力強く訴えました。

  

八万地域で街宣  八万後援会員のみなさんと一緒に

3月2日、八万後援会の皆さん、ふるたみちよ徳島市議予定候補と街頭宣伝に出ました。

コートも要らないくらいの暖かい陽気に、散歩中の方や庭の手入れをされている方等、訴えの合間に対話も思いのほかすすみました。中には、わざわざ家から出てきて激励して下さる方も。

3月に入り、告示日まで1ヶ月を切りました。
いよいよラストスパートです!