学習会のお知らせ

医療・介護など、私たちの暮らしに欠かせない制度の改悪が続いています。2017年度以降も計画されている患者負担増の内容を知り、これ以上の負担増を止めるためにどのような取り組みが必要か、4月8日の学習会で、ご一緒に考えましょう。 講師は、全国保険医団体連合会会長の住江憲勇医師です。

 

 

1.22春をよぶつどいーーにご参加ください!

1月22日、10時30分~あわぎんホール(郷土文化会館)5階小ホールにて、「春をよぶ女性のつどい」を開催します。
「四国から国会へ!何としても党の議席の奪還を!」と、固い決意で四国を駆け巡っている衆議院比例候補の白川よう子さん、小選挙区候補の山本千代子さん、久保たかゆきさんが、みなさんに政策と決意を訴えます。白川さん、久保さんは、歴史的な第27回党大会に参加しています。その体験談も聞けると思います。

歌ったり、笑ったりの楽しい企画も用意しています 😆  😆  😆

画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

市民と野党の共同行動  9.19を忘れるな!

14064063_486601721547197_2760550315561181679_n119日は、「戦争法」が強行されてちょうど1年。戦争法を発動させずに廃止させ、立憲主義、民主主義を取り戻そうと、全国各地で市民と野党の共同行動が行われます。

徳島では、以下のような行動が予定されています。

天候が心配ですが、ぜひご参加下さい!

12時30分~13時  憲法共同センターの徳島駅前行動

15時 ~ 16時  オール徳島の横山良先生の講演(あわ銀ホール)

16時 ~ 16時30分 沿道パレード(あわ銀ホール→徳島駅前)

16時30分~     4野党共同街頭宣伝

(民進党、日本共産党、社民党、新社会党)

 

野党と市民の共同のたたかいの発展を! 党創立94周年記念講演会を視聴して

写真
記念講演会の様子 (「しんぶん赤旗」より)

7月15日、日本共産党は、創立94周年を迎えました。

今年は東京都知事選挙があったため、恒例の記念講演会は8月5日に開催されました。

冒頭、シールズの諏訪原健さん、ママの会の西郷南海子さん、「市民連合」の広渡清吾東大名誉教授が来賓あいさつ。

昨年からの、戦争法廃止、立憲主義、民主主義を取り戻すたたかいのなかで広がった野党と市民の共闘。それが参議院選挙、東京都知事選へと発展し、新しい政治革新への流れがつくられるという歴史的な年となったことを象徴する記念講演会となりました。

志位和夫委員長が「野党と市民の共闘と、日本の政治の展望」と題して講演。野党と市民の共闘の意義と成果を振り返り、今後のたたかいの課題と展望を明らかにしました。

今回初めて、参院選をたたかった候補者全員が舞台上に勢ぞろい。初当選を果たした武田良介、岩渕友、山添拓の3氏があいさつしました。

3人とも30歳代。若く頼もしい彼らの活躍が期待されます。

舞台には、党比例代表候補として奮闘されたふるたみちよ元県議の姿も見えました。

記念講演会は、全国で視聴会が開かれ、同時中継されました。

(日本共産党中央委員会のホームページで録画が視聴できます)

 

 

7月3日12時 徳島駅前に来てください!  市民+4野党合同街頭演説会のご案内

参議院選挙、選挙区は、大西そう と書いて 投票してください!

比例代表は日本共産党へ!

参議院選挙投票日まで、あと1週間。

安倍政権の独裁、暴走政治にNO!と立ち上がった市民と野党が共闘する歴史的な選挙です。

ラストサンデーの3日、12時~徳島駅前で、大西そう候補押し上げの合同街頭演説会を開催します。

ご参加ください!!

 

シンポジウムにご参加ください!

13346504_535673649949378_8114511508547364435_n[1] 6月11日(土)午後2時から 県障がい者プラザで

「地域経済活性化シンポジウム」を開催します。

5月22日の徳島新聞社主催のシンポジウムは、移転実現への大キャンペーンという内容だったようですが、消費者行政にかかわってきた弁護士さんや国会議員の意見も聞いて、もう少し冷静になってこの問題について考え、本当の地域経済活性化のために何が必要か考えてみようと企画したシンポジウムです。

このシンポジウムに参加ごいただき、ご一緒に考えてみませんか?

20160609_181716
あじさいが美しい季節になりました。いろんな色のあじさいが咲いていますが、私はこんな色合いのあじさいが好きです

 

 

 

6.11シンポジウムにお越し下さい!

6月11日(土)午後2時~県障がい者プラザで開催する「地域経済活性化シンポジウム」―消費者庁移転を考える― にご参加下さい。

5月22日の徳島新聞社主催のシンポジウムは、移転実現への大キャンペーンという内容だったようですが、今回のシンポジウムは、消費者行政にかかわってきた弁護士さんや国会議員の意見も聞いて、もう少し冷静になってこの問題について考え、本当の地域経済活性化のために何が必要か考えようという企画です。

「消費者庁って何するところ?よくわからない・・・」という方も、清水ただし衆議院議員の話を「もう一度聞きたい!」という方も歓迎です。