満開の桜 今が見頃! 

佐那河内村の旧中学校の桜並木がみごとです。26日はまだ五分咲き程度だったのに、たった2日でほぼ満開に近くなりました。

28日は、村の戦没者追悼式に参列しましたが、式が始まる前の待ち時間、昨日の佐川氏の証人喚問が話題になりました。

28日の桜

保守的な立場と思われる方からも、「あの証人喚問はひどい。あんなもので国民が納得すると思われてはかなわない。」と怒りの声が上がりました。
全くです!桜咲く美しい季節がだいなしの気分です。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然
     26日の桜

また雪です 休日ですが、県庁へ

12日朝は、また雪!我が家の周りも真っ白です。国道に出るまでは積もった雪の上を車でそろそろと・・・キシキシとタイヤが雪を踏みしめる音が聞こえるくらい・・・。
安全運転で県庁へ。
午前中は、控室で県議団会議。22日の一般質問について打ち合わせしました。休日で、エアコンは入らないので、各自、寒さ対策をして臨みましたが、日も差す南向きの部屋のせいか、それほど寒さを感じずにいられました。

残雪の風景

今朝の佐那河内村(国道483号線 園瀬川沿い 一ノ瀬)の風景です。
雪は大分溶けていますが、陽が当たらないところは結構残っています。
路面が凍結しているところもあるので、いつもより速度を落として慎重に車を走らせました。

駅前宣伝で  小鳥も遊ぶ?

白丸で囲んだのが小鳥。ちょっと遠くて、鳥の種類までは、よくわかりませんでした。

昨日の朝、今年最後の徳島駅前宣伝でのこと。ちょうど宣伝カーの前方に停まっていたバスの屋根に一羽の小鳥が飛んで行ったと思ったら、後ろのバスの屋根に飛び移り、行ったり来たりを何回も繰り返しました。まるで遊んでいるかのようなその姿に、ちょっとほっこりさせられた朝でした。

 

 

秋の夕暮れ

26日は、これまで雨続きだったことがうそのような快晴でした。
選挙事務所として使った私の事務所も後片付けがほぼ終了。会計の後処理を終えて帰宅途中、夕焼けが美しい。前日には、「共産党を見直した!議席を減らすことも覚悟で共闘を優先させた。共産党も変わったなあ。」と心温まる声をいただき、励まされました。

画像に含まれている可能性があるもの:空、たそがれ、海、自然、屋外、水

台風一過

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、山、屋外、自然台風一過。今朝は、眩しいほどの光に溢れています。
我が家の前の田んぼも黄金色の実りが秋風にそよいでいます。

午前中、村内の気になるところを見て回りました。
先月、自宅前の村道に面した崖から落石があって、車で通るのに危険だとの相談があり、役場に対応をお願いしていた所は、崖を崩す原因となっている樹を伐採してもらって以来、落石もないとのことでした。
直ぐに対応していただいたことで、今回の台風に間に合い、「ひとまず、良かったね」と言葉を交わし、さらに奥へ。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、屋外、自然樹木の枝が道路を塞いでいたので、撤去しました。

取り敢えずざっと一回りしましたが、今回は大きな被害はなかったようで、一安心です。

 

日本列島を縦断した今回の台風。県内では、強風にあおられて転倒、骨折された女性がおられたとのこと。他県では浸水被害や土砂災害、死傷者や行方不明も出ているとのことです。心からお見舞い申し上げます。

 

もう秋ですね・・・夕焼け空が美しい

このところ、朝夕涼しくなり、季節の移ろいを感じます。
夕焼けもすっかり秋の様相。
(写真は、昨日の夕焼け空)

9月議会の開会を控え、事前委員会が始まっています。
12日は文教厚生委員会、本日、14日は防災対策特別委員会でした。
委員会での質問準備等に没頭していて、投稿を手抜きしていましたが、そろそろ復帰しなくては・・・。

県議会は、いよいよ明日、開会です。

お墓参り  

上村家の墓に参りました。山に散らばっていた古来からのお墓を合祀した墓です。
少なくとも江戸時代初期から(室町時代と思われる墓もあったということですが、確証はないので)続く土着農民だそうで、幼くして亡くなった子どもの墓標もたくさんあります。

この先祖たちは、みな戦争の時代を生きた人々です。義父のお姉さんはⅠ型糖尿病で14歳で亡くなったと聞いています。当時は、第二次世界大戦中で、医療もお国のために戦う兵隊さんが最優先。医者から治療法はないと言われ、家族はお姉さんがなすすべもなく衰弱して亡くなるのを見ていることしかできなかったそうです。
当時、欧米ではすでにインシュリン注射によるⅠ型糖尿病の治療が始まっていましたが、戦争中の日本ではそんな情報も入っていなかったのでしょうか。

ここに来て手を合わせる度に思い出す話です。