盛況だった佐那河内村の「ふるさと納涼夏祭」

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、オンステージ(複数の人)
元タカラジェンヌも出演 見事な歌と踊りに見惚れました。

今夜は、佐那河内村の第43回ふるさと納涼祭がありました。
舞台では、歌や踊り、恒例のすだち連の阿波踊り、合間に抽選会と、楽しい催し物が盛りだくさん。フィナーレは、花火。会場のすぐ傍に仕掛けるので、真上から降ってくるような迫力ですが、煙でなかなか綺麗な写真が撮れませんでした。

人口2,500人足らずの村ですが、この日ばかりは、お盆の帰省客も含めて、県外からも多くの人が集まり、大変な賑わいです。夜店も沢山出ていて、特にたこやきや、玩具掬い、腕ずもうコーナーは、人垣ができていました。

係の人の話では、今年は1,500人くらいとのことでした。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、夜、屋外
すだち連の阿波踊り。観客も一緒に「おどる阿呆」に!

  

お盆の支度に汗を流しました

12日は、朝宣伝の後、日頃手つかずの家の片付け、掃除、お盆の支度、夕方には、当番日最後の地区のゴミステーションの見回りで片付け、掃除と、動きっぱなしで大汗をかき、さすがにくたびれました。

写真は、わが家のお盆の支度です。13日はご先祖様を迎える日なので、団子をつくっておまつりします。お膳はご飯となすびの和え物。14日は、本膳(一汁三彩)を用意します。

床の間
仏壇

夜明け前の空

6月議会が始まり、事前委員会、22日の一般質問に向けての準備と慌ただしい毎日で、投稿も途絶えがちになってしまいました。

8日の大門みきし参議院議員を迎えての消費税問題の学習会、日曜日の守る会定期大会での挨拶、夜は、地元での初めてのつどい(党外から8人もの参加があり、嬉しかったこと)、12日の夜は、5月につどいに参加していただいた方への入党の呼びかけ、昨日は、教員の息子さんの時間外勤務があまりに酷いと心配された親御さんからの相談と、色々ありました。

夜明け前の空を眺めながら思い出しています。
今から少し仮眠を取って、朝宣伝に行きます。

松山の実家に帰省

4日は、私の実家、松山市に久しぶりに帰省しました。
松山は、私が9歳から18歳まで過ごした故郷ですが、景色は随分と変わりました。実家の周りも、見渡す限りの田畑だったところが、今ではショッピングモールへ。
今年は、伊予鉄電車の薄いオレンジ色の車体もこんな鮮やかな濃いオレンジ色へ。バスまで!
最後の写真は、石手川ぞいの風景。

実家では、93歳の母と妹夫婦に私の4人で夕食を囲み、ゆっくり語り合いました。
母の体調も心配していたほどではなく、まずまずひと安心です。

5日の朝、実家を出て、午後からは、会議に出席。6日からは朝宣伝、会議と、日常活動再開です。

 画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外  画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外 

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然、水

満開の桜 今が見頃! 

佐那河内村の旧中学校の桜並木がみごとです。26日はまだ五分咲き程度だったのに、たった2日でほぼ満開に近くなりました。

28日は、村の戦没者追悼式に参列しましたが、式が始まる前の待ち時間、昨日の佐川氏の証人喚問が話題になりました。

28日の桜

保守的な立場と思われる方からも、「あの証人喚問はひどい。あんなもので国民が納得すると思われてはかなわない。」と怒りの声が上がりました。
全くです!桜咲く美しい季節がだいなしの気分です。

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然
     26日の桜

また雪です 休日ですが、県庁へ

12日朝は、また雪!我が家の周りも真っ白です。国道に出るまでは積もった雪の上を車でそろそろと・・・キシキシとタイヤが雪を踏みしめる音が聞こえるくらい・・・。
安全運転で県庁へ。
午前中は、控室で県議団会議。22日の一般質問について打ち合わせしました。休日で、エアコンは入らないので、各自、寒さ対策をして臨みましたが、日も差す南向きの部屋のせいか、それほど寒さを感じずにいられました。

残雪の風景

今朝の佐那河内村(国道483号線 園瀬川沿い 一ノ瀬)の風景です。
雪は大分溶けていますが、陽が当たらないところは結構残っています。
路面が凍結しているところもあるので、いつもより速度を落として慎重に車を走らせました。

駅前宣伝で  小鳥も遊ぶ?

白丸で囲んだのが小鳥。ちょっと遠くて、鳥の種類までは、よくわかりませんでした。

昨日の朝、今年最後の徳島駅前宣伝でのこと。ちょうど宣伝カーの前方に停まっていたバスの屋根に一羽の小鳥が飛んで行ったと思ったら、後ろのバスの屋根に飛び移り、行ったり来たりを何回も繰り返しました。まるで遊んでいるかのようなその姿に、ちょっとほっこりさせられた朝でした。