「徳島東警察署移転問題を考える会(仮称)」が発足します

27日夜、徳島東警察署の裁判所跡地(現在の地裁の隣)への移転・新築に反対している弁護士会と市民との懇談会に参加しました。

徳島東警察署新庁舎を、地裁を建て替えた跡地に移転・建設する計画について、徳島弁護士会は反対しています。

反対の最も重要な理由は、旧裁判所の建て替えによってできた跡地に東警察署新庁舎が建設されると、裁判所と警察署があたかも一体となっているかのように見え、裁判所の中立性や公正さ、警察からの独立性に疑念を持たれる可能性があり、司法に対する県民の信頼が損なわれることになりかねないというものです。

市民の間でも、「共謀罪」法案を強行しようとしている安倍政権のもと、この徳島で、警察署と裁判所が仲良く並び立つような計画を許していいのか、と、弁護士会の呼び掛けに応じて集まり、懇談しました。東署移転問題 イラスト

私は、県議団もこの計画に反対の立場で論戦してきたこと、ろう学校跡地などの県所有の候補地があるなかで、「基本計画」にも反する裁判所跡地に、なぜ、どのような経緯で決めたのか、議会の審議でも文書質問でも質してきたが、明確な答弁がなかったことを報告し、この計画を止めるのは県民の世論しかないと訴えました。

東署移転問題プロジェクトチーム座長の木村清志弁護士は、「弁護士会は断固反対で最後まで頑張る」と決意表明。

集まった市民からも、一度建ってしまうと50年も60年も裁判所を警察署が見下ろす異様な光景が続くことになり取り返しがつかない、今止めなくては、等々、熱心な話し合いが続きました。

予算は通りましたが、計画の具体的な動きが始まっていない今のうちにこの問題を県民に広く知らせ、計画撤回の世論をつくる取り組みを急ごうと、5月17日に、「東警察署移転問題を考える会(仮称)」を結成することが決まりました。

結成総会は、5月17日(水)18時から 徳島弁護士会館(徳島市新蔵町1丁目31番地)で開催します。みなさんの積極的なご参加をお願いします。

no_minna[1]

 

議会真っ最中 質問準備に追われています

 月曜の朝は、二軒屋駅前での朝宣伝。
「現代版 治安維持法」とも言うべき、共謀罪創設の危険性について訴えていると、通学途中の高校生が次々と振り替えって、こちらを見て行きます。
「テロ対策に必要だという政府の言い分がいかにでたらめなことか、現在の国内法で充分対応できるということが、国会論戦で明らかとなっています。
政府のすることに異を唱える市民を押さえるために悪用される可能性のある『共謀罪』の創設は許してはいけない!」と、力を込めて訴えました。(1人なので、写真はありません)

この後、県庁へ直行。県議団全員で22日の一般質問の仕上げにかかりました。

傍聴の呼びかけのチラシを平岡さんがつくって、あちこち声をかけてくれています。ありがたいことです。

そのチラシをご紹介して、ご案内とします。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

鳥越俊太郎候補を東京都知事に!  明日が投票日です

東京都知事選は、いよいよ明日が投票日。
私も、東京に住む親戚などに電話しました。
「鳥越さんが良いと思っています。週刊誌報道など気にしていません。」「私たちも応援しています。頑張りましょう!」「頑張っていますね。もう入れてきましたよ。」等々、手応えあり!

憲法を都政に生かすと言っている候補者は、有力三候補では鳥越さんだけです。

脱原発も鳥越さんだけ。国政は都政に関係がないなどと言う方もおられますが、国政と関係がない自治体などありません。

東京が変われば全国が変わる!鳥越俊太郎候補が都知事になれば、都政も日本の政治の流れも変わります。

東京都の有権者のみなさん、選挙に行って、鳥越俊太郎と書いてください!!

 

「誰でもできる声かけ活動」カードをご紹介します

声かけカード

日本共産党県委員会では、歴史的な参議院選挙での勝利をめざし、様々なチャレンジを行っています。

応援して下さる方に、支持をさらにひろげていただけるよう、こんな楽しい声かけ活動用のカードもできました。

このカードをみながら、あの人にも、この人にも、思い切って声をかけ、どんどん支持を広げましょう!

(カードは、藤原さん、花岡さんの合作です。カードの写真は、花岡さんの投稿から一部いただきました。)

26日夕は藍場浜公園へ!

徳島市長選挙も、いよいよ最終版。

立石かずひこ陣営では、26日16時~藍場浜公園にて最後の決起集会を開催します。

街の再開発につながらない新町西再開発は白紙撤回を!

市民の税金は、市民の暮らし、福祉、教育に!

市政刷新を願う徳島市民のみなさんは、こぞってご参加ください。

 横須賀市長  吉田雄人様、経済評論家 上念司様も応援演説をされるそうです

新町西再開発の白紙撤回を! 徳島市長選挙勝利へ

 31日、徳島市繊維団地、日曜市での「新町西再開発計画の白紙撤回を求める市民の会」の宣伝風景です。

徳島市長選をにらんで、立石さん、遠藤さんが日曜市で挨拶に回っていました。

市民の会では、立石さんを推薦。

 

これまで、市長選挙で市民の立場に立つ市長誕生をめざしてたたかってきた「市民の手で安心と夢のある『徳島市』をつくる会」も、新町西再開発計画の白紙撤回を明確に打ち出し、国保料の引き下げなど、市民の立場に立った市政への転換をめざしている立石さんを自主支援することを決めています。

遠藤さんは、計画を中止することで多額の賠償金が発生するのであれば、推進もやむ無しという立場の「カッコ」付きの白紙撤回です。

市民本意の市政への転換を願う徳島市民のみなさん!
立石さんの応援、お願いします‼ ヘ(^_^)

もっと見る

 市長選挙

県議会一般質問のお知らせ 傍聴に来てください!

徳島県議会 本会議場 (561x400)本日13:45~日本共産党 達田よしこ県議が一般質問に立ちます。
多くの方の傍聴をお待ちしています!
質問テーマは次のとおりです。
1.マイナンバー制度について
2.災害対策について
3.非正規労働者問題について
4.セクハラの再発防止について
5.人事問題について
6.阿波おどり空港整備について
7.阿南中央医療センター(仮称)整備支援事業について

一般質問 聞きに来て下さい!

県議会一般質問は9月28日(月)です。

日本共産党は、達田よしこ議員が13:45~質問します。是非、傍聴にお越し下さい。取り上げるテーマは、次のとおりです。

(1)マイナンバー制度について、(2)防災(那賀川の堆積土砂除去、河川環視システム導入など)、(3)地方創生(非正規の正社員化問題)、(4)警察セクハラ問題、(5)人事問題、(6)阿波おどり空港整備問題、(7)阿南中央医療センター(仮称)整備支援事業について

12038331_425477374324228_4040953215181194766_n[1]

12042878_425477590990873_6584522823624349871_n[1]写真は、県庁の議会棟1階ホールの議員活動紹介コーナーです。県庁に来られた際には、奥の議会棟まで足を延ばしてご覧になってみて下さい。

 

 

 

戦争法案の強行は認められない!  18日も駅前宣伝を行います! 

12006076_384936161713754_8899590895874850269_n[1]

安全保障関連法案をめぐるたたかいは、国会内外でますます激しくなっています。

18日にも参議院本会議で法案の強行が企まれている情勢に黙ってはいられません!

徳島駅前宣伝に多くの方が参加くださるよう呼びかけます。

(案内ポスターは花岡さんのフェイスブックから転載しました)