第84回メーデー集会(徳島県中央メーデー集会)での私の挨拶

 集会参加者のみなさん、おはようございます。
 第84回メーデー集会の開催、おめでとうございます。
 私は、日本共産党徳島県委員会、医療・福祉対策部長の上村きょう子です。この7月に行われる参議院選挙で、徳島選挙区に立候補を予定しています。
 今日は、日本共産党徳島県委員会を代表して連帯のごあいさつをさせていただきます。どうかよろしくお願いします。

 安倍政権の経済政策は、どれも大企業応援の政策で、この政策が招いた急激な円安・物価高は国民生活に深刻な影響を与えています。さらに、医療・介護、年金、福祉など社会保障制度のすべての分野にわたる改悪と、来年予定されている消費税増税。多くの国民にとって、最悪の政策しかない、これが安倍政権の実態ではないでしょうか。

 日本共産党は、まず働くものの所得を増やす、国民の懐をあたためることで、経済を活性化させる、大企業や大金持ちの優遇税制を改めるなどで財政を立て直し、消費税に頼らない社会保障制度の維持、再生、さらに拡充をと提言しています。「今こそ大企業の260兆円もの内部留保をこのために役立てるべきだ」、この日本共産党の提案に、政府も財界に賃上げ要請に行くなど、動かざるをえない状況をつくりました。

 JAをはじめ、医療団体など広範な市民団体、保守層の方々とも共同し、「農業と食の安全、医療、雇用など国のかたちをこわす」TPP交渉への参加阻止のため正面から闘ってきました。

 安倍政権は、福島の原発事故を経験するなかで、国民の多くが望んだ、原発「ゼロ」安心安全のエネルギー政策への転換の願いを裏切り、原発再稼働、推進の立場にたっています。さらに、唯一の被爆国でありながら、国連の核兵器の不使用を主張した共同声明への署名に背を向けるひどい政府です。

 国民の安全を脅かす、オスプレイなど米軍の危険な低空飛行訓練に対し、抗議するどころか、日米安保条約にもとづく軍事機密だからと、国民に最低限の情報さえも知らせない。その上、アメリカのおこす戦争に参加できるように憲法を改悪する、そのハードルを引き下げるための憲法96条の改定をこの夏の参議院選挙の争点にしようともくろんでいます。

 日本共産党は、こうした、くらし、平和・民主主義をこわす逆流に正面から立ちはだかり、みなさんの運動と連帯してたたかいます。「大企業中心」「アメリカいいなり」の政治から、働くものの願いを実現する政治に転換させるために頑張ります。
このことを決意し、連帯のごあいさつとさせていただきます。ともにがんばりましょう。

徳島県中央メーデーで挨拶

 5月1日、メーデー日和の快晴でした。午前中、徳島県国民春闘共闘委員会と県労連共催のメーデー集会に参加。日本共産党徳島県委員会を代表して挨拶させていただきました。
(挨拶文も掲載しています) 昨年まで、私は徳島健康生活協同組合職員労働組合の委員長として、旗を持って壇上を見上げていた方です。自分が来賓として壇上に上がるような立場になるなんて、不思議な感じでもあり、時間の経過は恐ろしい・・・という感じもします。この後、恒例のデモ行進にも参加。デモ行進終了後は、元職場の仲間たちと、例年通り、アミコビルの2階に上がる階段を陣取り集合写真に収まりました。なんだか、まだ健生の職員のような気分でした。
 午後2時からは三好市の池田総合体育館で開催された西部メーデー集会で挨拶。徳島自動車道を走ったのですが、強風にあおられ、ちょっと怖いドライブでした。いよいよ5月に入り、参議院選挙まで2か月。いよいよ迫ってきた、とあせりを感じる日々です。