7中総に行ってきました

 5月8日、第7回中央委員会総会が開催されました。今回は、東京都議選と参議院選の予定候補も全員参加でした。
 7月の参議院選挙は、経済、原発、外交、憲法、など、どれも日本の命運がかかった歴史的な政治戦であり、日本共産党の真価が問われる闘いであることがよくわかりました。身の引き締まる想いと同時に、わくわくする、「よーし頑張るぞ!!」という気概のこもった会議でした。予定候補として、県党の総決起のために自らがどう動くのか、これからは、それも考えながら取り組まなければいけないと自覚した一日でもありました。参院選告示まであと58日。もう一日もおろそかにできません。
 
 ところで、会場に着くと、マイクテストをしていたのが、なんと志位委員長!!思わず、「生志位だ!!」とつぶやいたのは、私だけではありませんでした。
 休憩時間に宮本岳志衆議院議員(一番右)をつかまえて、記念写真を撮ってもらいました。左から、高知の春名元衆議院議員、浜川ゆり子参議院高知選挙区予定候補、吉良よし子参議院東京選挙区予定候補、私、もとむら伸子参議院愛知選挙区予定候補。

7中総で予定候補結集

 7中総の最後に東京都議選と参議院選の予定候補全員が壇上に上がり、中央委員、准中央委員の参加者全員と「頑張ろう!!」と気勢を上げました。(仁比そうへい前参議院議員の斜め後方にいるのが私。ちゃんとした写真が赤旗日刊紙に出ると思いますが、先にご紹介します。)