徳島県農民連総会で挨拶

        
 5月11日、13:30~第15回徳島農民連(農民運動徳島県連合会)の総会が鳴門で開催されました。私は日本共産党徳島県委員会を代表して挨拶を行い、安倍内閣の経済活性化政策「アベノミクス」が招いた円安で燃料代などが高騰し、徳島県下の農林水産業従事者にも深刻な打撃を与えていること、TPP交渉への参加、今後予定されている消費税増税など、安倍自公政権の悪政をともに打ち破ろうと訴えました。(詳細は、挨拶文を参照してください) 

 「農民連」とは、農民運動連合会の略で、全国組織です。農民連は、農業と農家の経営を守る目的で、農家が自主的につくった団体で、全国に連合会があり、20年の歴史があります。専業・兼業を問わず、農業に従事している方なら誰でも加入でき、農業や経営を守るとりくみを進めている組織です。安全・安心の農産物を求める消費者の声に応え、新婦人などの団体と共同して産直運動に取り組むなど、様々なとりくみを行っています。

第15回農民運動徳島県連合会総会での挨拶

 ただいまご紹介いただいた、日本共産党徳島県委員会の上村恭子です。
 徳島県委員会を代表して、みなさんに心から連帯の挨拶を申しあげます。
 農民運動徳島県連合会第15回総会の開催、おめでとうございます。
みなさんが、厳しい情勢のなかで、安全・安心な農産物を消費者に提供する活動にご尽力されていること、また、地域農業を守る運動の先頭に立たれていることに心から敬意を表します。
 今、安倍内閣の経済活性化政策としてすすめられている、「アベノミクス」の影響による円安は、燃料代の高騰など、ただでさえ厳しい経営状況のなかで、苦労されている農林水産業従事者にさらに深刻な打撃を与えています。私の地元、佐那河内村のイチゴ農家の方からも、「ハウスの暖房に遣う燃料代が高騰して、つくっても、つくっても赤字。もうこれ以上続けられないと思いながらも、これしか能がないけん、続けざるをえん。税金の申告をしに行ったら、これからどうやって生活していくのか?と逆に心配された。」と言われていました。また、吉野川市の米農家の方は、息子が農業を継ぎたいと言ったが、「もう農業では食べていけん。」と公務員になることをすすめたと言われていました。私の舅、姑もしいたけやすだちなどを栽培している専業農家ですが、働きづめに働いても、わずかしか収益がない、ハウスの空調などにつぎ込んだ経費の借金を返すために働き続けている。そういう状況です。
 農業は、私たちの食を支える、つまり、いのちと直結した産業です。安全・安心な国産の農産物を食べたい、国の食糧自給率を高めてほしい。これはすべての国民の共通した願いです。この食糧を生産する農家が食べていけない、後継者を育てられないといった状況にあることは、まさに国の存亡の危機です。国民上げて、いのちを支える農業を守れと声を上げるときだと思います。
 それなのに、安倍内閣のTPP交渉への参加、来年予定されている消費税増税。こんな悪政、もう許せません。
 日本共産党は、この悪政に、正面から立ち向かい、みなさんの運動とともにこの悪政、打ち破る闘いの先頭に立って闘います。
 7月に行われる参議院選挙、どうしても負けられません。私、徳島選挙区の予定候補として、この闘いの先頭に立つ決意です。どうか、ご支援よろしくお願いします。
 最後に、この総会が、みなさんの要求実現、地域農業を守るたたかいへの決起の場となることを願って、挨拶といたします。ありがとうございました。