5月24日 午後、上勝で街頭宣伝


 午後は上勝町に移動し、明本町議とともに街頭宣伝。
 ここ上勝町は、映画「彩り」の舞台になった町です。
 家の窓から顔をのぞかせて、手を振ってくれる方、車ですれ違いざまに手を振ってくれる方など、結構反応がいいのにびっくりしました。明本町議さんの普段の活動のたまものだと思います。
 青空に新緑が目にしみるようでした。山あいに家々が点在している風景や谷川の水の流れの美しさに心が洗われるようでした。

5月24日 午前、小松島市内で街頭宣伝


 10時から、小松島市で天羽市議といっしょに街頭宣伝。田植えの終わった水田の水に日光が反射し、とてもきれいでした。
 アベノミクスの弊害を訴え、くらしと経済をたてなおすには、安定した雇用の拡大と賃上げで働くものの所得を増やすこと、国民のふところをあたためることがまず必要。消費税増税は中止し、どの世代も安心できる社会保障制度の再生、拡充を!!と訴えました。
 憲法96条の改定については、改憲派からも批判の声があがり、公約に入れるとかえって票を減らすとみた自民党。この期に及んで争点隠しをしようとしています。しかし、参議院選挙が終われば、必ず、憲法改正の動きは再燃します。この夏の参議院選挙、日本共産党の躍進で、このたくらみ必ず打ち破ろうではありませんか。

5月24日 定例の駅前宣伝


 今朝も雲一つないすばらしい快晴でした。
 昨日、株価が暴落。アベノミクスの危険性がはやくも露呈した市場の成り行きに、マスコミ報道もアベノミクスへの評価をあわてて修正しだしました。日本共産党が指摘した、安倍内閣の暴走と破綻が目に見える形で現れてきています。
 定例の駅前宣伝、今日は格別力をこめて訴えましたが、ちょっと力みすぎてとちってしまいました。