6月7日 海部郡に行きました


 今日は定例の徳島駅前宣伝を終えてから海部郡内を回りました。
 11時過ぎ、牟岐町の辺川で休憩中、藤元町議の携帯電話に米軍機が飛来するという連絡が入り、数分後、ゴーッと言う音が急に聞こえ、藤元町議がカメラを構えます。私もあわてて空を見上げ、カメラを構えたのですが、機体を見つけることはできませんでした。
 今度は海の近くで街宣中、もっと大きな轟音が突然聞こえました。ちょうどマイクを持って訴えていた藤元町議も私も、一瞬、唖然。あっという間に飛び去っていきました。
 昨日もこの時間帯に飛来したとのこと。このところ頻繁だそうです。操縦席が見えるほど低空で飛ぶこともあるとの話に、住民の安全を脅かす、こんな訓練は一刻も早く中止してほしい。
 国民の安全よりも米軍の訓練を優先させる日本の政府。いったい誰のための政治をしているのかと腹立たしい限りです。さっそく、街頭演説でこの想いをぶつけました。
 足を止めて演説を聴いていただいたり、すれ違いざまに手を振っていただいたり、暖かい励ましに力が湧いてきます。

 14時からは、美波町に移動し、町議補選に立候補を予定されている中川さんと一緒に街頭宣伝と団体訪問をしました。
 農協支所や漁協にも御挨拶に行きましたが、どこも人員削減され、ぎりぎりの職員で忙しそうに動かれていました。 漁協前の木陰で休憩していると、杖をついて、近寄ってこられた男性に、「安倍さんは、ちょっと調子にのりすぎとる。消費税増税と憲法改悪だけはなんとしても止めてもらわんといかん。今まともなことを言っているのは共産党だけだ。頑張って欲しい。」と激励の言葉をいただきました。
 「TPP交渉の参加には絶対反対。政府が参加を撤回するまで、みなさんとごいっしょに頑張ります。」との私の訴えに、じっと耳を傾けておられたご婦人。私の手をかたく握りしめ、「TPP交渉への参加はもう止められないとあきらめていました。まだあきらめてはいけませんね。なんとしても参加を止めてください。お願いします。」と訴えられました。

6月6日 守る会の誕生会で懇談


 徳島市の守る会(徳島生活と健康を守る会)のお誕生会に招かれ、御挨拶させていただきました。
 参加者がそれぞれに手作りの料理を持ち込み、盛大なパーティとなりました。
 今日は4月、5月、6月生まれの会員さんのお祝いで、プレゼントも贈呈されました。
 ちょうど、生活保護改悪法案が衆議院を通過し、参議院でなんとしても廃案に、と緊急署名の呼びかけもありました。
 私は、食事前に挨拶させていただいたのですが、食事をいただいているうちに、いつの間にか私との懇談会のよう になり、今日の主役の方には、ちょっと申し訳なかったような気がします。
 庶民の願いを汲んだ政策を訴えているのは日本共産党だけなのに、なぜ、みんな他党に投票するのかわからない、もっと国民が政治について自分のこととして考えなくてはいけない、政治家任せではだめ、・・・等、まじめ?な話から、 私と夫の馴れ初めについての質問や、看護師の嫁さんを紹介して欲しい、いいひといませんか?等、演説会や後援会ではなかなか出ない話も出て、楽しい会でした。
 こうした会員同士の親睦を深める楽しい活動も大事だなあ、とつくづく思いました。

 写真は、豆ご飯、鯖寿司、しいたけと破竹の煮物、新じゃがのお焼き、とうふとチーズのピカタ?、小松菜とおあげのおひたし、古漬けたくあん、さよりの刺身、等(すべて手作りで、それぞれの料理自慢も飛び交い、にぎやかでした。)
 参加者全員に自家製磯自慢のおみやげまで配られたのには、びっくり。(参加者22名全員分を用意してくださっていました。)これで今日の会費300円なんて、なんだか申し訳ないです。