午後から阿波市へおじゃましました

 午後からは阿波市を回りました。昼食後、スコールに見舞われましたが、おかげで少し気温が下がり、街頭演説中も汗で目がしみることもありませんでした。
 吉野町で最後の街頭演説を終え、帰路につきました。(写真は後日掲載します。)
 今日も、信号待ちをしていると、隣の車線で停止していた車の窓が開き、「頑張ってください。」と若い男性に声をかけられ、ちょっとびっくり。今まで同年代か、もう少し上の年代の方からの声援が多く、あまり若い方にエールをいただくことはありませんでした。
日本共産党の政策に共感してくださったのかな?とうれしい気持ちと同時に、候補者でないとこんなこと絶対にないなあ、とちょっと得した気分でした。
 
 明日は、徳島市内で行動します。街頭演説あり、あちこちで個人演説会やら団体の大会での挨拶あり、夕方は青年とのトークあり、と変化に富んだスケジュール満載です。時間に余裕がないので、こまめに情報発信できないかも知れませんが、ご容赦ください。
 

川島で街頭演説

「学」(川島町の「学」はJRの入場券が入学祈願で有名です)での街宣風景です。

今日は昨日よりも暑いのですが、木陰を選んで宣伝カーを停めてもらうので、大分楽でした。
鴨島では、炎天下のなか、たくさんの方が集まって演説を聞いて下さいました。
元職場の職員の方が駆けつけて、「お願いしますよ。」と握手しにきてくれ、元気百倍川島、山川と走りました。

鴨島の合鴨農法

今日は、鴨島で第一声を上げました。
鴨島の阿北地区委員会の前の田んぼでは、朝から合鴨が雑草取りに励んでいます。
とっても人懐っこく、写真撮影していると、一斉に私のいるところに集まって来ます。