地元で最後の宣伝戦

夕食を事務所で摂った後は、地元、佐那河内村へ。村内一円を回って、学校前の選果場で街頭演説した後、自宅近くの根郷駐車場で最後の街頭演説。常会の方を含めて50人近くの方が集まって下さり、もう感激です
最初の「平和憲法を守ろう」との訴えの降りで拍手をいただき、一気に勢いがつきました。
演説後はお一人お一人と硬い握手をさせていただきました。
本当に地元の皆さんの温かいお気持ちに、胸がいっぱいです。ありがとうございます。
事務所に戻り、マイク納めをして、一服。自宅に戻り、大学時代の同級生や知人に電話していると、またまた嬉しいニュースです。
「保守のガチガチの田舎でも、今度は共産党だ、と話題になっとるよ。長い間、地道に頑張ってきたかいがあったな。」と言われ、疲れが吹き飛びました。
さあ、明日は投票箱の蓋が閉まるまで、投票動員の電話かけをします。

午後もひたすら街頭演説

午前中は加戸市議と津田、沖洲で街頭演説を16回、午後は、塀本市議と紺屋町を革切りに、両国橋、中央通り、二軒屋、三軒屋、とひた走り、街頭演説13回。もっぱら憲法問題を中心に訴えましたが、どこでも、暑いなか、わざわざ外に出てきて聞いてくださる方がいて、握手に走るのに忙しく、さすがにバテました。15時の休憩で、クーリングし、元気復活できました。

昼食は、豚カツ

津田、沖洲を回って事務所に戻り、昼食です。この選挙、勝利目指して、「カツ」をいただきました。ボリュームいっぱい、エネルギーをチャージして、午後からも頑張ります!!

最終日に嬉しいメール

今朝、若い看護師さんからこんなメールをいただきました。「とうとう、あと1日ですね。上村さんのお陰で選挙や政治に関心を持つことができました。選挙行きますからね、上村さんなら絶対勝てます!」
若い人が選挙に行かないと言われていますが、ぜひとも投票に行って下さい。憲法を変えて戦争する国に変える、なんとしても、日本共産党を伸ばして、この暴走を止める、私は、この訴えを最終日、広げに広げます