景気の好循環実現の道は?

今朝は定例の駅前宣伝の日でした。いつもより、気温が4~5℃高かったので薄着で行ったのですが、宣伝カーの上に上がってみると風が強く、結構寒い。声が震えないよう、しっかりお腹に力を入れてマイクを握りました。
 私は1月29日の国会での志位委員長の代表質問を取り上げました。
 安倍首相は、「経済の好循環を実現する」と言いますが、働く人の所得は18か月連続で減少、GDPの実質成長率も減速、アベノミクスの影響で輸入品が値上がりし、物価が上がるなど、大方の国民や中小企業は青色吐息の状態なのに、消費税増税などとんでもない。景気が冷え込まないよう手当していると自信たっぷりに示す対策の中身はどれも大企業優遇策。
これでは消費税増税後は一気に景気が冷え込む悪循環に陥ってしまいます。
 志位委員長は、「消費税増税中止と賃上げの2つの転換」という対案を示して安倍政権が推し進める経済政策に真正面から対決しました。
 この間、地域支部の方と徳島市内を歩いていますが、聞こえてくるのは「給料が上がらなくて生活が厳しい」「年金引き下げでこの先不安」「医療や介護の切り捨てで将来が不安」「景気が良くなったと言っているけれど、いったいどこの話?うちらには関係ない」といった声ばかりです。
 新聞広告に「消費税増税分はすべて社会保障にまわされます」との政府広報の一面広告!目を疑いました。
よく言うよ!消費税増税分はすべて大企業減税と大型開発事業に消えてしまうのに、・・・!!いつまでも国民をだませると思ったら大間違いですよ!安倍さん!!

NHK会長就任会見にびっくり!

 NHKの籾井勝人新会長が就任会見で、日本軍「慰安婦」問題について、「戦争しているどこの国にもあった」と発言したことを新聞記事で知りました。
 昨年の5月に、橋本大阪市長(維新の会共同代表)が同様の発言をしたことがどんな結果を招いたのか、籾井氏は理解していないのか、それとも確信犯なのかはさておき、私は、こんな人物が公共放送の会長に就任したということが許せません。
 籾井会長の発言は、「慰安婦」問題について軍の関与を認め謝罪した河野談話を継承してきた政府の立場とも、歴史的事実とも異なるものです。
 このような人物を公共放送のトップにすえた政権与党の責任が問われます。

1月24日は徳島駅前に3回出没

 1月24日(金)は朝、昼、晩と徳島駅前で宣伝しました。
 
<朝>  定例宣伝で訴えました。
     私は秘密保護法の廃止と脱原発・再生可能エネルギーへの転換を訴えました。

<昼>  新婦人が呼びかけた秘密保護法は廃止へ!昼休み宣伝に10団体37人が参加。私も廃止を訴えるチラシを配布し、署名の呼び込みをしました。
この日は通常国会の開会日。国会周辺では、昨年末に強行した秘密保護法は廃止せよ!と、国会大包囲行動に3000人が集結しました。
 この行動に呼応して全国各地で抗議集会が開かれ署名やデモ行進など多彩な取り組みが行われました。

<晩>  18時から81回目の反原発徳島行動に参加(この日は17人が参加。初めてマイクを握った方もいます)

原発ゼロ徳島連絡会総会に参加

 「原発からの撤退、自然エネルギーへの転換を求める徳島県連絡会」の第4回総会に参加しました。
 服部敏彦代表の開会挨拶の後、玉 真之介 徳島大学総合科学部教授の「原発事故と農産物の『風評』問題」の特別報告がありましたが、放射能被害が、農産物についてもいかにやっかいで困難なものかということを改めて認識しました。
 今出続けている放射能汚染水についても、問題を解決する見通しもないのに、性懲りもなく原発の再稼働をしようとしている安倍自公政権に怒りを覚えます。
 やはり、原発は一刻も早くゼロへ!!再生可能エネルギーへの転換を!!この道しかないと再確認した会議でした。 

消費税増税中止を求める市民の声

 今日は消費税増税中止を求める定例宣伝日でした。
 朝、いつもの二軒家交差点で、幟とプラスターを立てて、「おはようございます。消費税増税は中止させましょう」と声をかけながら宣伝していると、自転車の男性が古田県議に、「共産党は、消費税増税を中止させるんですか?」と聞いてきました。「そうです。先の臨時国会でも消費税増税中止法案を出そうと頑張っていたんですよ。」との返事に、「1月24日から国会が始まりますね。消費税増税中止法案を出してくれるんですか?」とまた聞かれました。
古田県議が、「共産党は参議院で躍進して議案提案権を持ちましたが、消費税に関しては、予算が伴うので、今の議員数では単独では法案を出せません。他の野党の議員の協力が必要です。」と答えると、「ぜひ、お願いします。増税されたら本当に困るんです。」と頭を下げられました。
 4月からの消費税増税、何とか中止させたい!宣伝も頑張って続けよう!勇気とエネルギーをもらった朝の会話でした。

政府は、辺野古への米軍基地新設断念を


           (当選を喜ぶ稲嶺市長候補の陣営。1月20日「しんぶん赤旗」電子版より)
 
 昨日投開票された沖縄 名護市長選挙は、普天間基地移設のための辺野古への新基地建設反対を掲げた稲嶺前市長が、移設推進を掲げた末松氏を大差で破り、再選されました。
 振興策というカネと引き換えに米軍基地移設の容認を迫る安倍自公政権の圧力に屈せず、再度、辺野古への新基地建設反対の意思を明確に貫いた名護市民。その市民に連帯してたたかった全国の力の結集がこの勝利を導きました。
 政府は、あくまでも辺野古への基地建設を強引に推し進める姿勢を見せています。
 新基地建設を政府に断念させ、普天間基地を無条件撤去させるまで、たたかいは続きます。圧倒的な世論の力で日米両政府を包囲しましょう!!

党大会終了 今後の運動前進を誓って

 あっという間に4日間の党大会が終わりました。
 11月に大会決議案が発表されて以降、討議と実践を重ね、豊かに発展させられた大会決定が採択されました。
 全国津々浦々で今大会の感動、学びを伝え、2010年代の党勢倍加、世代継承をはかるという2つの大きな目標達成に向けて全党が一丸となって活動する。想像するだけで、わくわくします。
 私もその一員としてさらに力をつくそう!そう決意して帰路に着きました。

写真(左)は、大会会場で、四国の仲間と参議院議員の仁比さん、辰巳さん、吉良さんと一緒に撮影したものです。
 (香川の白川県議のフェイスブックからシェアさせていただきました。)
 写真(右)は、帰路の駅でばったり出会った倉林参議院議員(京都選挙区選出)とのツーショットです。倉林さんの  写真と記事が、今度の看護協会の協会紙の一面トップに掲載されるそうです。(倉林さんは、看護師出身で、看護協会の協会員です)

カクサン部グッズ売ってます

党大会会場では、様々な記念品を売っています。
写真は、カクサン部グッズのコーナーです。Tシャツ、クリアファイル、…。クリアファイルは、1枚300円。「高っ」と言う声にもひるまず、「10枚買うとカクサン部シールがついてきまーす!!」と応じていました。ちなみに、カクサン部シールだけの販売は取り扱っていないそうです。

党大会最終日

いよいよ今日は党大会最終日です。
大会会場に向かう坂道で見かける、歩くポスター。ずっと気になっていたのですが、今日、やっと駅でお会いできました。宣伝効果抜群ですね!!

大会3日目、元気に参加

党大会も、あっという間に3日目です。昨日は午後から青年の発言が続き、党の世代継承の展望を確信しました。今日は、一斉地方選挙勝利を目指した活動や機関財政、専従体制確立などの経験を聞き、徳島でも努力すれば飛躍は可能だと思いました。昼休み、会場前で、広島に飛んでいた仁比さんとバッタリ。再開の握手をしてもらいました。
写真は会場前で、手塚さんとのツーショットです。