演説会のご案内

 6月6日告示、15日投票で行われる県議補欠選挙は、定数2で、自民新人2人、民主推薦1人と山田豊県副委員長が立候補予定です。国政では自共対決、県政ではオール与党対日本共産党の対決構図。全国からも注目される選挙となっています。
 日本共産党の議席増で、安倍政権の暴走にストップをかけ、県民の命、くらし、福祉をまもる県政に切り替えましょう。
 多くのみなさんの参加で演説会を成功させ、選挙勝利へと総決起する場としましょう。

駅前で宣伝、会議、地域訪問  補欠選挙勝利めざし、奮闘中

 今朝は、定例の駅前宣伝の日ですが、明日の演説会の参加をもっと広げようと、30分早くに集まり、労働者後援会のみなさんと一緒に演説会の案内ビラを配布しました。(地区の専従者しか写っていなくてすみません。)

 

宣伝カーのデッキに上がると朝の陽射しが眩しく、細い目がさらに細くなってしまいます。
 私は、特に、解釈改憲で集団的自衛権行使容認に突き進む安倍政権の危険性を訴え、日本共産党の議席増で暴走にストップを!と訴えました。
 この後、活動地域別の支部指導部会議に参加。午後からは、居住支部と一緒に地域を歩き、対話、支持拡大。演説会の参加や後援会ニュースの読者、赤旗日曜版の読者も増えました。
 夜は、建設労働者市内後援会の会議に参加。情勢論議も活発にされ、県議補欠選挙勝利に向け、一気に取り組みを強めようということになりました。