経済は「悪循環」  実質賃金3ヶ月連続減    

 今日、6月の労働者の実質賃金が発表されました。(厚生労働省が31日に発表した毎月勤労統計調査《速報》より)
 6月の実質賃金は前年比3.8%減とのこと。
 4月が3.4%減、5月が3.8%減だったので、3ヶ月連続の落ち込み。しかも、「この20年来最大の落ち込み」です。円安による物価上昇に、4月からの消費増税が追い討ちをかけています。
 私の地元、佐那河内村でも、「生活が苦しい」と実感している方が多くなっています。
今日も、「安倍さんは経済の『好循環』というけれど、私たちには無縁の話。景気がいいのは、上の方の人たちだけ。
おまけに消費税が上がって我々のところは『悪循環』。この先どうなるのか不安。(安倍さんに)だまされた気分だ。」と語った方がおられました。
 来年の消費税10%への増税などとんでもない話です。
 日本共産党は、「増税するなら、大もうけしている大企業や大金持ちから。大企業の内部留保を日本経済に貫流させ、国民のふところを暖める経済改革をすすめよう」と提案していますが、この方向こそ、多くの国民の望む道であり、日本経済建て直しの良薬ではありませんか?

「自衛隊員募集」のお宅も「戦争する国」への道はNO!

 玄関に「自衛隊員募集」の看板を掲げているお宅にご挨拶に伺いました。
政権与党を応援されている方なのかなと思いながらも、思い切って集団的自衛権行使容認に反対する署名への協力をお願いしたところ、「若い人が減っていてこれから先日本は大変というのに、安倍さんは何を考えているのか。自衛隊員を戦地に行かそうだなんてとんでもない!」と憤慨されていて、署名にも快く応じてくれました。
 今、どこへ行っても「解釈改憲による集団的自衛権行使容認の閣議決定」NO!、「戦争する国」への道はNO!という声が溢れています。
 昨日、7月28日は、ちょうど100年前、第一次世界大戦がはじまった日でした。
世界は第二次世界大戦を経て、世界的な規模での戦争を二度と起こさないための努力が続けられています。
平和憲法を掲げる日本が、「戦争する国」への道にUターンするなど、絶対に許されません。
安倍政権は、国際情勢の変化を理由にしていますが、「紛争を戦争にしない」ための外交努力が決定的に欠けているのではないでしょうか。
 憲法9条を生かした平和外交に徹することこそ、多くの国民が望んでいる道、国際社会から求められている日本の役割です。

地元の道路一斉清掃に参加

 今日は、地元佐那河内村の道路一斉清掃の日でした。私も朝7時から、麦わら帽子を被り鎌を持って参加しました。
 人通りの少ない村道には木の枝が覆いかぶさったり、道路脇の雑草が伸び放題になって通行のじゃまをしています。いざというときに救急車が入れないと困るので、頭上の木の枝を伐採したり、草を刈ったりして道路を保全します。常会ごとにほぼ全戸から1人~2人が参加するので、2時間ほどですっかりきれいになりました。
 汗だくで帰宅し、シャワーを浴びて着替えて一服。
 洗濯して昼食をつくって、精米に行って、・・・と家の用事をバタバタと済ませて、午後からは徳島市内へ。
気持ちを切り替えて、「戦線」に復帰しました。

県民のいのちの守り手に  定例の徳島駅前宣伝

 定例の駅前宣伝。
 朝から照りつける日差しで汗だくになりながら、マイクを握りました。
 私は、厚生労働省が、都道府県に医療費目標を設定させ、罰則まで設けて医療費抑制を推し進めようとしている問題を取り上げ、医療費削減ありきの施策ではなく、安全安心の医療の充実こそ国民が求めているものだと訴えました。
 来年の一斉地方選挙は、国のいいなりで住民のいのちを削る県政をすすめるのか、国の悪政の防波堤となって、住民のいのちを守る県政をすすめるのかが厳しく問われる選挙となります。
私も、古田県議の議席を継がせていただき、議会で、県民のいのちの守り手として働けるよう全力で頑張る、みなさんの応援をお願いしたいと呼びかけました。
 
 

消費税10%なんてとんでもない!

 24日は「消費税の廃止を求める徳島県各界連絡会」の定例宣伝行動日です。私も朝の徳島駅前宣伝に参加し、「消費税10%への引き上げに反対です。ご一緒に声をあげましょう。」と声をかけながら、チラシ配布を行いました。用意した600枚のチラシ入りティッシュは30分ほどですべてなくなりました。。
 安倍政権は、2015年10月から消費税10%への引き上げを強行しようとしていますが、今年4月の消費税8%への引き上げで、家計も地域経済も火の車。さらなる増税など、とんでもありません!!
 「社会保障のため」「財政再建のため」といって消費税を増税しておいて、社会保障は全面改悪、大企業には減税の大盤振る舞い。安倍内閣のやっていることは、「国家的詐欺」ともいえるやり方ではないですか。
 日本共産党は、税金は負担能力に応じて払うという「応能負担」の原則に立った税制改革と、大企業の巨額の内部留保を日本経済に還流させ、国民の所得を増やす経済改革に取り組むことで、日本経済を立て直すことを提案しています。
 暮らし破壊の「逆立ち」経済政策の強行か、国民の暮らし本位の経済政策への転換か。消費税10%への引き上げを許さないたたかいは、国民の暮らしを守ると同時に日本経済の未来を守るたたかいでもあると思います。

生き生きと働き続けられる社会へ!

 私の元職場の労働組合の機関紙「スクラム」です。
(県医労連書記長の井上純さんフェイスブックに紹介されていたものです。)
 医療・介護は、相次ぐ制度改悪で、患者さんや利用者のみなさんも苦しめられていますが、現場で働く労働者も低賃金、長時間過密労働に苦しめられています。
この上、先の国会で強行された医療・介護総合法が施行されると、ますます大変な状況に追い込まれ、医療崩壊、介護崩壊を引き起こすことは必定です。
 しかも、安倍政権の推し進める新成長戦略は、残業代ゼロ、生涯派遣など、労働者に低賃金、長時間過密労働を一掃押し付けるものになっています。
 労働者のみなさん、経営難にあえいでいる経営者のみなさん、職場でのたたかいと合わせて、安倍政権打倒の国民的大運動にともに立ち上がりましょう!
すべての労働者が、生き生きと働き続けられ、どの世代も安心して生活できる社会こそ、「豊かな国」と言えるのではないですか。

「亡国の政治」と決別し、未来に責任を負う新しい政治を!


 二軒屋交差点での定例宣伝。朝から焼けつくような日差しでした。
 集団的自衛権行使容認の閣議決定、国民の暮らしを破壊する「逆立ち」経済、原発再稼働、沖縄辺野古への米軍新基地建設、・・・どの分野でも先の見通しを持たない安倍政権の「亡国の政治」。
 日本共産党の志位委員長は、7月15日の党創立92周年記念講演で、「亡国の政治」を押し進める安倍政権を国民的大運動で打倒しようと呼びかけました。
以下は、日本共産党が提唱した「国政の緊急の4つの転換」です。
 1.「海外で戦争する国」づくりを中止し、憲法9条を生かした平和日本に転換する
 2.暮らし破壊の「逆立ち」経済を正し、暮らし第一で日本経済を再生する
 3.原発再稼働をストップし、「原発ゼロの日本」に転換する
 4.米軍新基地建設をストップし、基地のない平和な沖縄を実現する
 
 「『亡国の政治』と決別し、未来に責任を負う新しい政治」への転換めざし、今が頑張り時!暑さに負けてはいられません。
 今夜は2人の新しい仲間を迎えました。

特定秘密保護法廃止の意見広告にご協力ください


 昨年12月に強行採決・成立した特定秘密保護法は、国民の目・耳・口をふさぎ、集団的自衛権容認とセットで日本を「海外で戦争する国」につくりかえるものです。
 安倍政権は特定秘密保護法施行に向けて準備を進めていますが、この企みをなんとしても止めようと、全国各地で党派を超えた運動が広がっています。徳島でも「秘密保護法廃止をめざす徳島大集会実行委員会」が結成されました。
 9月6日(土)14時から藍場浜公園で大集会を行うのに先だって、8月31日(日)の徳島新聞に意見広告を載せ、県民に大きくアピールします。
意見広告の費用として300万円を集めることを目標にしています。一人1口1,000円として3,000人の方の協力が必要です。
 実行委員会では、8月6日までに集めきろうと、チラシを広く配布し、協力を呼びかけています。
 「安倍政権の暴走にストップをかけたい」「戦争する国には絶対にしたくない」と思っている方、是非、ご協力ください!!
 申し込み用紙が手に入らない方は、以下の方法でご協力ください。

個人賛同は一口1000円、賛同団体は一口5000円、いずれも何口でも歓迎です。
郵便振替01650-8-101013、ゆうちょ総合通帳からなら16280-277551へお願いします。


 

日曜市宣伝

 梅雨明け後、猛暑が続いていますが、今朝はまだしのぎやすかったように思います。
 定例の日曜市宣伝では、日本共産党創立92周年記念講演で、志位委員長が、解釈改憲による集団的自衛権行使容認の閣議決定で「海外で戦争する国」づくりをすすめ、消費税増税、原発再稼働、沖縄の米軍新基地建設強行と、どの分野でも国民の願いに背を向け暴走する安倍政権打倒の国民的大運動を起こそうと呼びかけたことを紹介。 来年の一斉地方選挙で日本共産党の議席を増やし、徳島からも安倍政権NO!の声を上げよう、また、何としても古田県議の議席を継がせてほしいと訴えました。
 古田県議は、安倍政権の集団的自衛権行使容認の閣議決定を厳しく糾弾。県政報告の中で、秘密保護法廃止や集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を求める意見書をめぐる県議会の対応に触れ、自民、公明などの反対多数で採択されなかったことを述べました。
 宣伝後は、支部会議に参加。会議後、今まで行動に参加できていなかった党員が一緒に地域を回ってくださり、日曜版が1部増えました。汗だくでの訪問でしたが、50年来読者という支持者の方ともお話することができ、今後が楽しみです。

しんぶん赤旗の魅力

 7月16日、「しんぶん赤旗」日曜版編集部の「『ブラック企業』を社会問題化させた一連の追及キャンペーン報道」がJCJ賞に選ばれました。
 JCJ賞とは、日本ジャーナリスト会議(JCJ)が優れたジャーナリズム活動を表彰する賞です。
  「(ブラック企業追及は)当初は『しんぶん赤旗日曜版』の独自報道だった。だが、次第に社会問題化するにつれ、一般紙も追随し、政治や行政を動かした。多くのスクープや連載などの長期にわたるキャンペーンで『ユニクロ』『ワタミ』などと、具体的に企業名をあげ、過酷な労働実態を追及し続けた『しんぶん赤旗』の報道姿勢は特筆に値する」
というのが授賞理由だそうです。
 7月14日のしんぶん赤旗の読者の広場、「『赤旗』ここが好き」のコーナーには、「単なる事実を伝えるだけではない」「事実の経過や背景、今後の発展方向までも示してい」る。「生きていく上で、大きな勇気や希望をくれる新聞」だという投稿が載っていました。
 こんなしんぶん赤旗の魅力を知ってもらい、もっともっと多くのみなさんに読んでもらいたい。私も、どこに行くにも見本紙を持ち歩き、対話のたびに勧めています。