豪雨災害「支援募金」訴えに参加


  徳島県委員会は、8月27日から連続5日間、徳島駅前で豪雨災害「支援募金」への協力を訴えています。
 私も、マイクを握って訴えたり、募金箱を持って立ちましたが、 次々と募金に協力してくださる方がいて、関心の高さに驚きました。
 「共産党にいっちょ協力しようか!」と言って募金に応じてくださった男性の言葉には、日本共産党への信頼を感じて胸が熱くなる想いでした。
 昨日までに10万円を超える募金が寄せられています。
 広島や徳島県の被災者のみなさんに少しでも多くの募金がお渡しできるよう、みなさんのご協力をお願いします。

 尚、日本共産党中央委員会は、全国に「広島等豪雨災害支援募金」を呼びかけています。振り込み方法など、詳細は、中央委員会ホームページ(http://www.jcp.or.jp/)をご覧ください。

秘密保護法廃止へ!地元紙に意見広告

 今朝の徳島新聞の7面全面に「秘密保護法はいらん!」の意見広告が掲載されました。
 紙面を見ると圧巻!!1712人(匿名76人を含む)、194団体がズラリと名を連ねています。
  さあ、あとは、9月6日(土)14時からの大集会を成功させることですね!!(あわぎんホール横公園にて開催)
 

日曜市宣伝


  定例の日曜市宣伝。今日は、大型宣伝カーの上からマイクを握りました。
 私は、国内総生産(GDP)が戦後最悪まで落ち込んでいることを上げ、来年の消費税10%への増税は絶対にNO! 空前の利益を上げて内部留保を大きく増やしている大企業や大金持ちから応分の税負担をしてもらおう。
 また、750億円もの巨費を投じる鉄道高架事業や168億円の新町西再開発など、無駄な大型開発は中止し、防災対策など、県民の命やくらしに直結する事業こそしっかり取り組むべきと訴えました。
 古田美知代県議は、この間の県南部の豪雨災害について、被災世帯の復旧と支援策の充実を求めて奮闘していることを報告。子供議会で教室にクーラーを設置してほしいという切実な要望があがったことも取り上げ、無駄な大型開発はやめて、すべての小中学校にクーラーの設置を!と訴えました。
 いつもながら、たくさんの方が手を振って激励してくれました。
 宣伝終了後、「聞きたいことがある」と声をかけてきた男性と対話。「普通の庶民」が、恩恵を感じられる政治をしてほしいという要望に、「まったくそのとおり、日本共産党もそういう政治をめざして頑張っています」と答えました。