村の一大事  ゴミ処理施設建設NO!

 県内のゴミ総量の52%を、佐那河内村に建設するゴミ処理施設で処理する計画があることが明らかになりました。
 2012年に、老朽化したごみ処理施設を共同整備するために発足した東部地域環境施設整備推進協議会は、7市町村(徳島市、小松島市、勝浦町、佐那河内村、石井町、松茂町、北島町)で構成されています。
第一回目の会議以外、協議内容は、住民にはもちろん、議員にも非公開で進められてきたものです。それが、ゴミ処理施設を佐那河内村に建設することが決まり、12月議会に一部事務組合設立の議案が出されるという情報が伝わってきたのですから、驚きました。
 
 

 わが党の議員が村長に確認したところ、「そういうことは知らない」との返事でしたが、30日にマスコミ報道され、広く住民にも知れることとなりました。
 
 早速、今朝、党関係者と一緒に村役場に申し入れに行きました。「協議会」での協議、決定内容を全面公開すること、計画を断念し、一部事務組合への参加をとりやめることなどを求めたものです。
申し入れの後、建設候補地を視察。村民のみなさんにも報告と訴えをしようと、街頭宣伝に出ました。 
「7市町村のゴミの総量の0.27%しか排出しない村が何故、他市町の大量のゴミを処理しなければならないのか。ゴミの減量、再資源化、リサイクルと、環境にやさしい村づくりをと、住民参加で取り組んできた努力を無にするのか、村の自然や農業を台無しにするこんな計画は絶対に認められない。ゴミの減量、再資源化で燃やすゴミを減らし、自区内処理をすすめることが、自治体の財政負担も減らし、循環型社会をつくる確かな道です。」と訴えていると、近くの畑で作業をしていたご婦人から「新聞見ました。こんなばあさまでも、計画には絶対反対や。頑張ってよ。どんどん言うてや。」と激励されました。
 村の将来にかかわる一大事です。計画断念に追いこむために全力で頑張ります。

街頭から訴えました


 火曜日の朝の定例宣伝は二軒屋交差点で行っています。
 私は、昨日、財務省が、「目に見える成果が見られない」ことを理由に小学校1年生の35人学級を40人学級に戻すように求めたとの話にも触れ、「あまりにもひどい財政節約論。教員をもっと増やし、多忙すぎる実態こそ解消すべき。子供たちに行き届いた教育をするために、先進諸国では30人以下の少人数学級が当たり前になっている時代に逆行する発想。文科省が猛反発しているらしいが、当然です。財源論を言うなら、軽減されている大企業や大金持ちの税率こそ見直すべき。」と訴えました。
 ここ、二軒屋交差点に立っていると、よくお遍路さんに出会います。この日は、青森から一人でやってきたという若い男性のお遍路さんに出会いました。地図を片手にもくもくと歩く姿に、「地道な努力こそ大事」と言われているような気がしました。

水車小屋のある風景


 ガタン、ゴトン、と回る水車。苔むした水車の羽。なんとも風流ですね。
 自宅に水車小屋があるお宅なんて珍しい!と、対話の合間に写真を撮らせていただきました。
 この日の話題は、もっぱら「政治とカネ」の問題。「政党助成金も企業団体献金ももらわない、クリーンな共産党の議席がもっと増えないと政治は変わらんと思う。徳島からも(共産党の)国会議員を出せるくらいにならんとあかんでよ。」との激励に、まさに「攻めの」姿勢で頑張るときを実感しました。

全生連 50周年記念レセプションに参加


 50周年を迎えた徳島県生活と健康を守る会連合会の記念レセプションに参加しました。
 カッパのげんさんの力強い太鼓演奏で始まり、来賓のご挨拶をさせていただいた後は、おいしい食事に歓談、出し物、ゲーム、と楽しい時間を過ごしました。
 50年史ができあがったとのことで、写真スライドの上映と解説がありました。生存権裁判や海洋パークや吉野川可動堰計画を白紙撤回に追い込んだたたかい、国保のたたかい等、まさにたたかいの連続だった歴史を写真と語らいで振り返りました。住民運動の力強さに勇気をいただいたと同時に、あらためて「守る会」の存在の大きさを実感したひとときでした。
 ビンゴゲームでは、私は2等の電気ストーブが当たりました。「こんなところで運を使うなよ」という声もありましたが、これから寒くなる季節、大切に使わせていただきます。

日曜市で訴えました

 毎週日曜日の朝は繊維団地で開催されている「びっくり日曜市」の宣伝で始まります。
 今朝も良い天気でした。私は、消費税の10%への引き上げストップ、医療・介護の改悪を許さない決意と、「政治とカネ」の問題について訴えました。
 古田美知代県議は、県南の豪雨災害の被災地に党が集めた義援金を送ったことを報告。「新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」で取り組み始めた新しい署名運動についても触れ、市民の世論で再開発を中止させ、くらしと防災に予算をまわさせようと訴えました。
 日曜市で宣伝しだしてもう1年半になります。おなじみの方もでき、手を振って声援をいただくことも多くなりました。

第40回 国民救援会の県本部大会に参加

徳島の国民救援会の県本部大会が開催されました。 
 私は去年に引き続き、今年も日本共産党県委員会を代表してご挨拶させていただきました。
 えん罪裁判の闘争支援や様々な争議支援をはじめ、憲法擁護運動など、国民救援会は、人権の守り手としてますます重要な存在となっています。
 徳島は全国トップの組織率を誇り、「徳島ラジオ商事件」での裁判闘争を勝利に導くなど、数々の歴史的な功績を残してきています。私の元職場の看護師さんたちも中心的役割を担っていて、大会では久しぶりの再会を喜び合いました。
 徳島弁護士9条の会の上地弁護士の「秘密保護法で善良な市民が何故逮捕されるのか?それは法律が悪い」と題した記念講演もありました。
 戦前の治安維持法にも匹敵する戦後最悪の悪法と言われている特定秘密保護法を施行させずに撤廃させ、憲法を守る政治をとりもどす運動を大いに盛り上げようと志気のあがった大会でした。
 (当日の写真がないので、「徳島ラジオ商事件」の再審無罪を勝ち取った際の写真を引用しました。「無罪」の旗を掲げているのは、若き日の川上さんです。彼女は、私が徳島健生病院に入職した時の上司でした。)

10月24日 駅前で訴えました


 24日は「消費税の廃止を求める各会連絡会」の定例宣伝後、いつものメンバーで駅前宣伝を行いました。
 私は、今日は主に通常国会で強行可決された医療・介護総合法について訴えました。
 急性期のベッドを46満床も減らし、患者を在宅へ在宅へと押し出し、介護では軽介護の利用者を介護保険から締め出し、特別養護老人ホームの入所を要介護3以上に制限する。医療と介護の連携で地域包括システムの構築をうたっていはいるが、実際には在宅医療を担う医師も看護師も充足にはほど遠く、介護分野でも人出不足で24時間介護体制の構築ができない。その上、医療でも、介護でも自己負担が増大するような改悪です。
このままでは、医療難民・介護難民が大量に生み出されることになります。今、県、市町村で始められている具体化を、国の悪政のままに進めさせない運動が必要です。看護師として医療・介護の現場で働いてきた経験を生かして、なんとしても県民の医療・介護を守るために全力で頑張る決意を込めて訴えました。
 熱心に話を聞いてくださる方、手を振って声援を送ってくださる方がいて、元気の出る宣伝でした。

「地方創生」公聴会を傍聴しました


 安倍内閣が目玉政策として打ち出した「地方創生」。
 本日、地方創生に関する特別委員会の地方公聴会が徳島市で開催されました。
 私も山田豊県副委員長と一緒に傍聴してきました。
 地方公聴会は初めての経験です。会場では、乾はるみ元参議委員議員とお会いし、ちょっと緊張が解けました。
 意見陳述者は、神山町のグリーンバレー理事長の大南氏、上勝町のいろどり社長の横石氏、介護事業者のどりーまぁサービス理事長の山口氏、飯泉徳島県知事の4人でした。
質疑者は各党1人ずつ8人。日本共産党からは、宮本岳志衆議院議員が出席しました。
 大南氏も横石氏も、地方が活性化するにはまず「仕事」が必要。仕事がなければ、所得が得られず生活できない。その仕事をいかにつくるかで努力してきたことを語っていました。神山も上勝も「平成の大合併」に合流しなかった自治体だとうのは皮肉ではありませんか。
農業で生活できていた地方が、専業では生活できなくなったのはなぜか?稼げる仕事がある都会へと若者が出て行ってしまうような流れが止まらず、地方の過疎と高齢化をここまで進行させたのは、長年の自民党政治そのものではありませんか。
 今までどういうことをしてきたのか、ここをまずしっかりと振り返ることが必要ではないかと指摘し、消費税増税、TPP推進が地方にどんな影響を及ぼすか考えよとせまる宮本岳志氏の質疑は、他党との違いを際立たせるものでした。

街頭から訴えました

 今日は定例の朝宣伝の日でした。二軒屋交差点でいつものように幟を持って立ちましたが、今日は、ハンドマイクで演説もしました。
 この後、私は、午前中、県の宣伝カーで八万~論田方面を街宣して回りました。
 今日は、安倍政権の看板女性閣僚が「政治とカネ」をめぐる疑惑で2人も辞任したことや徳島県議の政務活動費不正受給問題も取り上げ、「国政でも地方でも『金権政治』とは無縁の日本共産党の議席を増やして、いのちと暮らしを大切にした新しい政治に転換させよう」と訴えました。
 クラクションを鳴らして声援を送ってくれたり、家からご夫婦そろって出てきて最後まで話を聞いてくれたりと、住民のみなさんの温かい反応に励まされ、思い切り訴えることができました。

村の文化財 「仁井田の板碑」  

 私の地元、佐那河内村には、様々な文化財があります。
今日は、核廃絶の署名や消費税再増税反対の署名依頼などで村内の仁井田地区をまわりましたが、仁井田には、有名な「板碑」があります。村の文化財に指定されている貴重な碑です。せっかくなので、ちょっと寄り道して、じっくりと見てきました。(板碑をまつった屋形と板碑の写真は村のホームページから引用しました。)興味のある方は、一度実物を見に来てください。
 詳細は、佐那河内村のホームページ(http://www.vill.sanagochi.lg.jp/)をご覧ください。