ゴミ処理のあり方を考える学習会のご案内

 ゴミ処理のあり方を考える学習会 を以下のように開催します。
 ぜひ、ご参加ください!村外の方も歓迎します。

 日時  1月31日(土)午後7時30分より
 場所  佐那河内村役場 農業振興センター大会議室
 講師  笠松 和市さん(元上勝町長)

 (参加費無料)
 主催  佐那河内村へのごみ処理場建設計画の白紙撤回を求める村民の会

  笠松和市さんは、上勝町長のときに「ゼロ・ウェイスト宣言」(ごみを「ゼロ」にするという宣言)をして取り組みを進めてこられました。
 2020年までに焼却と埋め立てゴミをゼロにすることを目標に、いかにゴミを燃やさず資源化するかを課題として、町内のゴミは34分別。生ゴミはほぼ100%、コンポストや生ゴミ処理機で処理。温泉や料理屋などの事業系の生ゴミは、大型の生ゴミ処理機で堆肥化し、有効に利用しています。
 まだまだ使える衣服やオモチャは、町内の「くるくるショップ」に置いて、必要な人が持ってかえるなど、再利用のとりくみも進めてきました。
 経済、環境を考えて、循環型社会づくりをすすめることが大切だと提唱されています。

街頭宣伝は面白い

 火曜日の午前中は街頭宣伝デーです。
 8時から二軒屋交差点で、ハンドマイク宣伝。
 いつも交差点脇の歩道に面した空き地の壁に「消費税増税NO!」「原発再稼働ストップ!」「集団的自衛権NO!若ものを戦地にいかせない」など、ずらっとプラスターを並べて宣伝しています。信号待ちの高校生が、じいっとプラスターをのぞき込んでいるので、「貴方の気持ちにぴったりのはある?」と聞くと、「うーん、ぴったりのもあるけど、ちがうのもある」と。彼は、「原発は動かしてもいいかなと思う。貧乏で困っている人がいるんだったら、経済が少しでも良くなった方がいいから」と。「うーん」、信号が青に変わってしまって、これ以上対話できなかったのが残念!

 10時からは、へいもと市議と内町地域で街頭宣伝。
へいもと市議が「街の活性化につながらない新町西再開発は止めて、小中学校のすべての教室にエアコン設置を」私が、「無駄な大型開発はやめて、県民の暮らしや防災に役立つ公共工事を。徳島化製への1億円の補助金はやめて、高すぎる国保料や介護保険料の引き下げを」と訴えていると、すぐ近くのお店から男性が飛び出してきて、「岸化製(徳島化製)は新町西の店を買い占めて(再開発事業で)もうけようとしよる。もっともっと言うてくれ!腹立てとるもんが大勢おるんじゃ。署名用紙ないで?」と言ってきました。
新町西再開発計画の白紙撤回を求める署名の署名用紙を5枚、持ち帰ってくれました。

 街頭宣伝は毎回様々な反応があって楽しく面白い!
 
  

地域でつどいを開催しました

 1月26日(月) 19時から、八多町でつどいを開催しました。
 古田県議は知事選出馬の決意表明。私は古田県議の議席を、わたなべ亜由美さんは、中野市議の議席を引き継ぐ決意と支援のお願いをそれぞれ訴えました。
 懇談するなかで、古田県議、中野市議がこの地域で長年にわたり築いてきた信頼の大きさを実感し、引き継ぐのは並大抵のことではないことを改めて痛感しました。
 話題は、佐那河内村に建設が予定されている広域でのゴミ処理施設建設問題に集中。ちょうどできあがった市議団ニュースも配布し、なぜ私たちが広域での大型焼却炉による焼却中心のゴミ処理に反対しているのか説明させていただきました。
 会の終わりに一人一人にご挨拶させてたいだくなかで、上村家の遠縁に当たる方が2人もいることがわかり、心強く思いました。「地縁・血縁」も大事ですよね。
 平日の夜、しかも、雨天にもかかわらず、集まってくださり、私たちの話を聞いてくださったみなさん、ありがとうございました。

党と後援会の決起集会 盛り上がりました 

 1月25日(日)に開催された「党と後援会の決起集会」は、ほぼ満場の入りで、大いに盛り上がり、今後の活動にはずみをつける場となりました。
 県知事予定候補となった古田県議、県議予定候補4人、徳島市議予定候補5人をはじめ、一斉地方選挙の予定候補が次々と壇上にあがり、力強く決意表明。
最後は全員で団結頑張ろうを三唱し、必勝への決意を固めあいました。

民医連退職者の会新年会


 1月23日に開催された徳島県民医連退職者の会新年会に参加してきました。
 定年前に退職した私は、本来ならお仲間に入れてもらえないのですが、このたび入会を認めていただけることとなり、参加させていただきました。
 お世話になった婦長さんたちや事務の方、食養の調理師さんなど、懐かしい方々との再会に感激もひとしお。
見田市議とともに、県議予定候補としてご挨拶もさせていただきましたが、様々な思い出が脳裏をかすめ、話をしながらちょっとうるうるしてしまいました。
 各テーブルを回って話し込みましたが、励ましの言葉をかけていただき、選挙への応援も約束していただくなど、先輩たちの温かさが身に染みました。
おいしい食事もいただき、夕方からの活動のエネルギーをしっかり充電しました。

消費税10%への増税ストップ!各界連と宣伝

 1月23日(金)、7時30分からJR徳島駅前で、消費税をなくす各界連絡会のみなさんと、消費税10%への引き上げはNO!と宣伝しました。「増税はアリえない」と、かわいいありさんのポスターが目を引きます。
  
 

 

 
 
 8時からは定例の駅前宣伝。
古田県議、山田豊県議予定候補とともに県議選挙に向けて訴えました。

中山間地域の景色

 地元での活動日は2週連続の雨。
 国道438号線沿いで定例の朝立ちをした後、松長村議の運転で佐那河内村でも一番標高の高い地域(海抜500メートルくらい)を回りました。
朝のうちは、道の行方を見通すことができないくらい深い霧に覆われていました。軽トラックがなんとか通れる狭い山道ですが、村内の道を知り尽くした松長村議の運転なので、安心して同行できました。
 写真は、走行中に助手席から撮った景色です。天気が良ければ山間に雲海も見えるそうです。
 訪問先で、庭先の軽トラックの周りに3~4人集まって何かしています。近寄ってみると、わなにかかったイノシシをみんなでさばいているところでした。30~40Kgくらいでしょうか。イノシシを間近に見るのはこれが初めてです。
次の家では、子供のイノシシを飼っていました。鳴き声はまさに豚!
 地元でも、平地とは違う別世界を感じた風景でした。
 

原発ゼロ徳島連絡会 第5回総会

 今日、18時30分~原発からの撤退、自然エネルギーへの転換を求める徳島県連絡会(略称:「原発ゼロ徳島連絡会」)の第5回総会が開催されました。
 服部敏彦代表の挨拶の後、伊方原発運転差止訴訟弁護団の南 拓人弁護士から特別報告として、伊方原発運転差止訴訟の経過と今後の見通しについて詳しく説明がありました。
 伊方原発運転差止訴訟は、原告数1338名という全国有数の規模の原告団を組織しています。(第4次訴訟までに四国の全市町村に原告が広がりました。私ももちろん原告の一人です。)
今までにこちらの主張はほぼ出し尽くしたそうですが、被告の四国電力は、まともに反論しない(できない)ままだそうです。
2月10日に次回期日を迎えますが、判決が出ないうちに原子力規制委員会の審査に合格すれば再稼働することもあり得るとのことで、裁判長に早く判決を出すよう働きかけることが重要だとのことでした。
 原発運転差止の画期的な結論を導いた福井地裁の判決は私たちにとって感動的でしたが、南弁護士は、「市民感覚でみれば、画期的というより当たり前の判決」とバッサリ!
「当たり前の判決を出せないような司法のあり方が問題。それを変えるのがこの訴訟だと思っている。」南弁護士のこの発言に、原発の再稼働ストップをと訴える私たち市民の世論と運動をさらに盛り上げていかなくてはいけないと思いました。(写真は、総会で挨拶する服部敏彦代表)
 

二軒屋交差点で宣伝

 今朝は、ふるた県議と定例の二軒屋交差点での宣伝を行いました。

「県民の声がまっすぐ届く県政へ!」「県民の目線で県政を厳しくチェックする日本共産党の議席、何としても引き継がせてください。」マイクを持つ手にも力が入ります。

昭和町での街頭宣伝に反響

 先週、昭和町で私の演説を聞いたという方からはがきが届きました。
「他党の候補の声をまだ聞いておりませんので、なんとも現在のところ言いようがありませんが、比べてみて納得できたら投票します。では、御身体に気を付けて頑張ってください。大声で叫ぶより、心に沁みる演説を!!」とあります。宛先は、この日私が演説している間に同行してくれた同志が配布した徳島新報号外の発行元になっていました。
配布した宣伝物をきちんと見てくださる方がいること、しかも、演説を1回聞いただけで、わざわざはがきを送って下さる方がいるということ自体が大変ありがたいことです。
短時間の街頭演説も、1回、1回、大事に、丁寧にしなければ、と思った出来事でした。差出人は、イニシャルだけ記してあったので、どなたかわかりませんが、ありがとうございました。
 写真は、1月19日(月)午後から昭和町中心に行った街頭宣伝で訴えるへいもと信之市議です。この日は、地域支部の同志と私、へいもと市議と3人で回り、交代でマイクを握りました。