佐那河内村ごみ焼却施設学習会に参加

 7月15日(水)19時~、村がごみ焼却施設学習会を開催したので参加してきました。
 講師は、(財)日本環境衛生センターの岩永氏です。
 
 今回は、専門家を招いての学習会、「ごみ処理技術と排ガス処理、ダイオキシン類の基礎、排ガス中の水銀等について」と銘打ってのものでした。
村民に、いかに今のごみ処理(焼却)技術が進んでいて、どれほど安全なものかを理解してもらおうと、村長が企画したものです。前回の松山クリーンセンターの所長を招いての学習会がさんざんだったことの挽回の意もあったのだと思います。
 しかし、岩永氏は、ダイオキシン類の発生がいかに抑えられているかという話は詳細にしても、ダイオキシンの毒性が、他と比較にならない(どれだけ薄まれば安全かという基準はないに等しい)ものだという話には触れない、ダイオキシン類の測定を連続して行うことは不可能と言う(連続測定は可能。実際、ヨーロッパでは連続測定している)、排ガス中の重金属類分析結果について説明しながら、日本では実際にはごみ処理施設での重金属類の測定は義務づけがなく、安全基準も設けられていないことなどについては触れない・・・といった都合の悪いことには触れない内容で、参加者の質問で、すぐにごまかしが明らかになりました。
 
 参加者から、「全国でたくさんのごみ処理施設ができているが、今まで事故や健康被害は出ていないと理解していいですか?」の質問に、岩永氏が「今のところ聞いたことがありません」と答えたのには驚きました。
私は、最後の質問者になりましたが、2015年4月に起きた山梨県の焼却施設(エルテックサービス)の焼却炉内壁張り替え作業中の煉瓦崩落事故や、2013年に福島県で起きた爆発事故などを上げ、事故はあちこちで起きていること、岩永氏の資料にも水銀混入事故の例が載っていることなどを指摘しました。
岩永氏は、「住民に被害が起こったことはないという意図でお答えした」と訂正しましたが、爆発事故などが起これば汚染物質が広く拡散し、取り返しがつかない事態になります。また、水俣病など、汚染物質の蓄積で起こる健康被害は長い年月を経てはじめて現れ、しかも、ゴミのような雑多な成分が混じったものを燃やして出る多種多様な汚染物質のなかで何が原因か特定することは非常に困難です。

 一見、真摯に真実を述べるように見せながら、肝腎な問題ではごまかす、許せない態度だと思いました。
 村の運営も、質疑応答で、質問者には一人5分、3問までと制限をする一方、岩永氏には延々としゃべらせ、質問していないことまで発言していても注意もせず、「はい、予定の時間(9時)が来ましたので、これで終わります」と、不公平な運営でした。

 村長は、今後もこうした学習会を重ね、「村民のみなさんの理解を得」る努力をしていると、実績づくりを狙い、反対運動の沈静化を待っているようですが、そうはいきません。

虹のかけ橋

 帰宅途中で大きな虹を見ました。
 折しも、安全保障関連法案の強行採決で大きく揺れ動く情勢の元、国会前では、平日にもかかわらず過去最大の人々が集まり、安倍政権の暴挙に怒りの声を上げる。
 今まで政治には無関心だった若者たちも次々と立ち上がり、自分たちの言葉で政治を語る。この動きが全国津々浦々で広がっている。
 国会で圧倒的多数の議席を占め、どんな抵抗も無視して突っ走る安倍政権は、一見、巨大な権力を得た魔王のように見えるかもしれない。けれども、追い詰められているのは、彼らの方。
 天に向かって走る大きな虹が、まるで希望への掛け橋のように見えました。
 

新日本婦人の会と「県政カフェ」

 13:30~新日本婦人の会と「県政カフェ」(懇談会)を行いました。
 伊方原発の再稼働、何とかストップさせてほしい。子供の医療費無料化、県下全域で中学校卒業まで実現してほしい。小手先のテスト対策ではなく、一人ひとりの子供たちに行き届いた教育を。県の施設をもっと利用しやすく改善してほしい、‥等、様々な要望も出され、意見交換もできました。
私にとっては、次からの委員会質疑で取り上げる課題もみつかり、大変有意義な場となりました。
 県議団からは6月議会の報告をし、今後も、こうした場を持ちながら、みなさんの声を県政に反映するために力を尽くしたい旨をお話ししました。
 達田議員と私は、2015年1月に新日本婦人の会がまとめた「私が感じた差別ー女性地方議員アンケートの結果について」の冊子をいただきました。女性の比率がまだまだ低い地方議会で、セクハラや差別に悩む女性議員の生の声が掲載されている貴重な資料です。こうした女性の目線で議会や県政をチェックすることも重要だと思いました。

戦争法案強行への怒り、燎原の火のごとし

 本日昼、衆議院特別委員会で「戦争法案」が強行可決されました。明日の本会議で採決される見通しとのこと。
首相自ら、「国民の理解が進んでいるとは言えない」と言いながら、なぜ強行可決なのか!?これ以上審議を続けていては国民の反対の世論が広がるばかり。つまり、追い込まれての強行劇です。
国会前も全国各地でも、抗議宣伝が行われ、安倍政権の暴挙に対する国民の怒りは燎原の火のごとく広がり続けています。国会前の抗議行動には、これまでで最高の10万人もの人が集まり、夜10時を過ぎても抗議の声が収まる様子が見られないとのこと。
 今日の徳島駅前での昼休み緊急宣伝には平日にもかかわらず、100名を超える人々が集まり、抗議の声を上げました。私もこの宣伝に参加し、マイクを握りました。(写真右)
板野では朝から連続宣伝が取り組まれました。(写真左)
日曜日には若者が集まり、抗議の声を上げました。
 徳島憲法共同センターは、明日も12:30~13:00、徳島駅前にて抗議の街頭宣伝を行います。私は、明日も参加します!(写真は、地元新聞記事より)
 「戦争法案」の衆議院通過阻止のたたかいは続きます。

「戦争法案」の強行可決NO! 緊急宣伝行動のお知らせ

 7月15日は、日本共産党の93回目の創立記念日です。
いつもなら、志位委員長の記念講演を全国で一斉に視聴するのですが、今回だけは、「戦争法案」をめぐる国会情勢の緊迫で、18日に延期されました。
 国会周辺での行動に連帯し、「『戦争法案』の強行可決は許さない!」と、徳島駅前昼休み宣伝が取り組まれます。
 みなさん、、ご参加下さい!!