原発はいらない!ストップ再稼働! 161回目の金曜行動

原発金曜日行動

8月7日(金)、161回目の反原発金曜日行動に参加しました。(写真は、金曜行動を引っ張ってきた手塚さん)

火山学者が火山噴火は予測不可能と言っているのに、九州電力が大丈夫と言っているからと、安倍政権は、川内原発の再稼働を認めました。伊方原発の再稼働も迫ってきています。

原発なくても電気は足りてる!原発にしがみつく政治をやめさせ、自然エネルギーへの転換を!  リレートークで訴えました。

 

文化センターの存続を! 耐震・リニューアルで立派に再生できるのに、壊さないで!

8月7日(金)17時10分~徳島駅前で、文化センターの存続を訴える宣伝行動に参加しました。

文化センターは、耐震・リニューアルすれば立派に再生し、長期に使い続けることができます。徳島市の試算では30億円かかるとのことですが、それでも新町西につくられる予定のホールを132億円も使って買い取るよりもずっと安くつきます。

財政危機宣言中の徳島市。街の活性化につながらない、ゼネコンと一部の地権者のための無駄遣いは止めて、耐震・リニューアルで経費節減を!そうすれば、市内のすべての小中学校の普通教室にもエアコンをつけることができます。高い国保料や介護保険料引き下げのための財政措置も可能です。

住民投票を求める4万6千の声を無視して、いつできるかも不透明の、新ホール買い取り(しかも、いつ建設できるかも不透明です)計画推進のために、文化センターを取り壊そうとするなど、許せません!?

「文化センターの存続を求める会」事務局長の平岡さんがマイクを持って訴えるなか、署名にチラシ配布にと、会のみなさんとともに頑張りました。

 

 

 

 

踊りの祭典待つ徳島駅前

踊りの祭典を待つ徳島駅前の風景

金曜日駅前宣伝

 8月7日(金)

 阿波踊りの準備が進む徳島駅前は、12日から始まる踊りの祭を静かに待っているようでした。

 今朝の徳島駅前宣伝は、常連の古田書記長も山田県議も所用で来られないため、私一人でした。「昨日の被爆70年、広島の平和記念式典での安部首相の挨拶には、「非核三原則」の言葉がありませんでした。安保法制=戦争法を審議している参院では、政府は、核兵器の輸送を『排除しない』と答えています。 被爆者と国民の核廃絶・平和を求める声に背を向け、暴走する安部政権。一刻も早く退陣してもらわなくてはなりません‼ 」怒りを込めて訴えました。