戦争法をなくす  憲法共同センターの連日行動

20160306_123759-1 3月6日(日) 憲法共同センターが毎日行っている戦争法廃止を求める徳島駅前宣伝に参加しました。

誰かがリレートークで戦争法の危険性について訴え、署名板を持った参加者が散らばって、通りがかる人に署名への協力を訴える。
もうすっかりおなじみの光景です。

 この日も連日参加の横山先生が訴えていましたが、若い女の子のグループや高齢の女性、壮年の男性もと、あちらこちらで署名に応じてくれていました。

戦争法が強行されてから5ヶ月あまり。昨年の8月、台風で1日休んだだけ。連日粘り強く続けられている行動ですが、この頃また反応が良くなってきているように感じます。

対話がはずんだ日曜市宣伝

  3月6日の日曜市宣伝は、対話がたくさんできて、楽しいひとときでした。
ふるたみちよ元県議と、幟持ちの佐藤さんと、メンバーは相変わらずですが、世論が変わってきていることを感じました。

「本当に安倍さんの政治はひどい。野党が一緒になってたたかうことになったのはよかった。期待してます。」と、快く戦争法廃止を求める書名に協力してくれた女性。201511-sensoho_A2_prasta_1-175[1]

 「わしは戦争法大賛成。反対するおまえらこそ、日本を壊そうとしとる」と食って掛かる男性に「反対するにもものの言いようがあっるやろ」と怒りながら、「わしは、おまはんらを応援しとるでよ」と励まして下さった男性。

市長選挙の話で、女性と対話になり、立石さんを応援してくれることになったこと。
(この方は、実は、違う候補者を応援しようと思っていたのだとか。)

話に夢中になっていて、写真を撮るのを忘れてしまいました┐(‘~`;)┌。26hyo-awa-sticker[1]