福島を忘れるな! 3.11徳島県集会&脱原発金曜日行動に参加

11日、徳島駅前宣伝 夜の部は、192週連続の脱原発行動。

「原発ゼロ徳島」の「福島を忘れるな、3・11徳島県集会」との合流で、100人を超える人が参加しました。
日本共産党の春名なおあき参院比例予定候補も参加し、「フクシマは今も解決していない。これを切り捨てる事など許せない。原発に固執する安倍政権を倒そう」と力を込めて訴えました。
偶然、通りがかった茨城の僧侶も飛び入り参加し、マイクを握って訴えました。
パレードでは、卒業式で集まっていた派手な学ラン(?)を来た若者集団や超ミニスカートの女子も飛び入りで隊列に加わり、一緒に「原発いらない!」「再稼働反対!」とコール。大いに盛り上がりました。

3.13  重税反対統一行動に参加しました

11日、重税反対統一行動徳島市集会が鷲の門広場で行われました。

500人を超える人々が、消費税増税中止、戦争法廃止、中小零細業者支援などを訴え、集会アピールを採択した後、市内をパレードしました。
集会には日本共産党の春名なおあき参院比例予定候補と県議・市議が連帯して参加しました。

3.11 駅前宣伝  朝の部

3月11日の徳島駅前宣伝は、春名(はるな)なおあき元衆議院議員も加わって、勢いのある宣伝となりました。

春名さんは、参議院比例予定候補として中四国を駆け回っています。
徳島・高知合区は、無所属で立候補予定の弁護士の大西そう氏に一本化することで、合意できたことも報告し、比例は日本共産党へ、選挙区は大西そうさんへ!と訴えました。

 

今日は、東日本大震災、福島第一原発事故から5年目。被災者救済、被災地復興優先の政治、消費税10%への増税ストップで、庶民の暮らし、生業を大切にする政治を!
戦争法を廃止し、立憲主義、民主主義を取り戻す、原発再稼働ストップ!

間近に迫った徳島市長選挙では、新町西再開発計画はキッパリ白紙へ、国保料引き下げなど、市民の声を聞く立石さんを!

国政も市政も大きく変えるチャンスです!

ご一緒に、力合わせましょう!と訴えると、待合所で駐車していたタクシー運転手さんたちから拍手が起きました。