地域再生の希望の芽  NHKの番組から

13133345_483925748479390_8758735928537933550_n[1]
歌手の秋川さんが、佐那河内村を訪れ、村民と対話
 4月29日のNHK Discover 四国 「消滅可能性自治体で見つけた希望の芽」という番組で、私の地元、佐那河内村も紹介されていました。

2040年頃までに消滅する可能性ある自治体として取り上げられていることは納得できませんが、なかなか面白い内容でした

佐那河内村の魅力は? というコーナーでは、自然豊かで、住民の自治組織である「常会」があることなどが取り上げられていましたが、先日県議団で訪問した、東京の「ふるさと回帰支援センター」の嵩(かさみ)副事務局長さんも同様のことを言っておられたことを思い出しました。

都会の暮らしは便利だけれど、隣の人のことも何も知らない。人とのつながりが希薄。田舎は、人とのつながり、交流がある。特に佐那河内村は、「常会」などの住民の自治組織がしっかりしていて、移住者も世代を超えた人間関係をつくれる。田舎に移住したいという若者は、自然環境だけでなく、そういう人間関係に魅力を感じるのだそうです。

13092051_483926025146029_741752419000921429_n[1]

 番組で、自らも田舎に移住した高木美保さんが、自分の世代では、(田舎の人付き合いなど)欠点と思っていたことが、今の30代、40代では魅力と感じると語っていましたが、私も佐那河内村に移住した若い方から同じことを聞いていたので、納得です。

地元の農家から仕入れた野菜を売る小さなスーパーの店主は、「ずっと黒字です」と語っていました。
高齢で車が運転できなくなって出荷することができない農家には、出荷お助けマンが家まで来て収穫した農産物を市場まで運んでくれる仕組みをつくるなど、地域の中で経済を回す工夫や、住民がアイデアを出し合って問題を解決していくなど、示唆に富んだ内容で、最後まで興味深く視聴させてもらいました。

経済員会で視察

4月28日(木)、経済委員会の視察に参加しました。

県庁をバスで出発し、上板町にある日新酒類(株)を訪問。

日新酒類は四国で唯一の総合酒造メーカーで、創業68年の歴史を持つそうです。約50種類もの多岐にわたる製品を製造販売し、すだちなど、徳島産品を使った商品も開発。

海外へも販路を拡大していますが、各国の規格に合わせて充填量やラベル表示を変えるなど、国内とは違った対応に苦慮しているとのことです。

食品安全マネジメントの国際規格である ISO22000を取得しているとのことで、品質管理のための最新の設備も見学させていただきました。

topimg02[1] omise1[1]

(写真は、いずれも日新酒類株式会社のHPより)

 

 

午後は、JA阿波町野菜集出荷彫像施設を訪問しました。

ここは、レタスやブロッコリーなど、鮮度がいのちの野菜の品質を保つ最新の設備、「高性能な野菜集出荷貯蔵施設」を整備するとともに、新たな流通ニーズに対応した契約取引情報システムを導入して、産地競争力の強化を図っているとのことでした。

「もうかる農業」を目指して、国・県の補助事業(とくしま明日の農林水産業づくり事業=耕畜連携強化実証整備事業)を活用したとのことで、備品一つ一つにそのことを記したシールが貼ってありました。

レタスはブロッコリーなどと比べて傷みやすく、出荷の際にフィルムで包むなど、手間ひまかかるわりに収益性がもう一つとのことで、最近では、レタスづくりをやめてブロッコリーにシフトする農家が増えているそうです。野菜生産、販売の難しさを感じるお話でした。

最大出荷量にも余裕を持って対応できる巨大な保冷庫

image

最新の梱包システム。箱詰めしたブロッコリーに鮮度保持のためのクラッシャー氷を自動投入し、包装まで自動で仕上げてくれます。

image

最新のシステムを導入し、販売の競争力強化をはかっているとのことでした

image

視察の最後は、「ユニバーサルカフェ つだまちキッチン」

ここは、地域公益事業の先駆的モデル事業として、デイサービスなどの介護事業を行っている社会福祉法人あさがお福祉会が運営しています。

県産杉をふんだんに使った建物は、木の香りがしてやさしい雰囲気です。
外観は、おしゃれなレストランの様です。

つだまちキッチン外観
写真は、つだまちキッチンHPより
つだまちキッチン 内装
天井には、明かり取りの窓と和紙の間接照明

 

この建物のなかで、要介護高齢者対象の調理作業をリハビリとしたデイサービス、子育て支援サービス、ここで調理された弁当やお菓子などをセルフサービスで食べられる地域交流カフェなど、多彩な取り組みが行われています。

5月からは、地域の経済的困難家庭の子どもたちに無料で食事を提供する「ゼロ円食堂」も開設するとのことでした。

「森林整備加速化・林業飛躍事業」の補助金を利用した施設としての視察でしたが、その取り組み内容も興味深いものでした。

 

 

ごみ処理問題で村長と懇談  

27日(水)、佐那河内村長にごみ処理について申し入れ、懇談を行いました。

日本共産党佐那河内支部の支部長で元村議の松長英視さん、自然保護や生ゴミの堆肥化などに取り組んでいる松長禮子さんとともに、私も地元議員として参加しました。

佐那河内村では、出直し村長選挙の結果、大型ごみ処理施設の建設計画が白紙撤回され、新村長が公約していた生ゴミの収集が4月から始まりました。

生ゴミの収集については、今まではコンポストなどで自家処理をしている家庭がほとんどでしたが、村が収集を始めたことで、自家処理していた家庭まで生ゴミを出すようになったりと、燃やすゴミが増える傾向にあります。

33分別でゴミを減らす努力をしてきたことに逆行することがないよう、生ゴミの収集について、自家処理できる家庭は今まで通り続けてもらうよう改めて周知してはどうかと提案しました。

生ゴミを堆肥化するなど、燃やさずに有効利用して村起こしに役立ててはどうかという話も出ました。

村長は、議会から提案があった生ゴミ処理方法を取り入れることも考えていること、自家処理ができる家庭は今まで通り続けてほしいことを周知していくことなど、改善を約束しました。

当選当初から、村長は、ごみ処理の広域処理の協議会に参加する意向を表明していますが、村民からは、ごみ処理の広域行政に参加すれば、結局処理費が増えることにならないか、分別収集の取り組みが後退するのではないか等、心配する声も上がっています。

ゴミ処理のための広域行政への参加は、大型焼却炉などの莫大な建設費と処理維持費の負担が大きくなり、自治体財政を圧迫すること、一部事務組合設立で、小規模自治体の声=住民の声が反映されなくなるなど、問題があることを指摘し、参加しないよう要請しました。

この件について、村長は、村民の意見をよく聞いて結論を出すとのことでした。

申し入れの懇談のなかで、中断していたゴミ分別推進委員会を近々再開することも確認できました。

ゴミ処理について、村民から出されていた疑問や意見を率直に伝え、村長や担当責任者の考えもお聞きし、色々意見交換できたことは収穫でした。

これからも、住民と行政が力を合わせて、環境にやさしいごみ処理のあり方を探求できるよう、また、「ゴミを宝」に、村起こしに使うことも考えていきたいと思います。

県央部視察

 26日午前、県議会委員会視察で、徳島東警察署と、STN徳島移動式水素ステーション(万代町)を視察しました。

東署は、徳島市の東南地区約3分の2と、佐那河内村を管轄し、13か所の交番と3か所の駐在所があります。県下の政治、経済、文化等の中心地で、事件・事故も最も多くなっています。
事件・事故とも減少傾向にある一方、高齢者の万引き事件が増加している(万引き検挙人員の43%が高齢者)、交通事故も高齢者の比率が高いことなど、報告を聞かせていただくなかで、やはり高齢者対策が重要だということを感じました。ただ、何歳からを「高齢者」としているのかお聞きしたところ、65歳以上との回答。今は、世間一般の感覚では、65歳は高齢者という感じではなくなってきているのでは?と思いますが、・・・。

高齢者の万引きが増加する傾向について、署長さんは、高齢者の孤独化や店舗の側の不十分な対応などが原因と思われるとのことでしたが、生活苦からやむを得ず万引きに走る方も増えているのでは?と思いました。

東署は築45年。建て替えが必要ですが、建設予定地の是非やPFI導入問題など課題山積です。6月議会でしっかり議論していきたいと思います。

           

移動式水素ステーションは、県庁近くの万代町のものを見学しました。
実際に水素燃料電池車に水素燃料を充填するところを見せてもらいましたが、安全確保のために専門員が充てん作業にあたる必要があり、ガソリンスタンドのようにセルフでというわけにはいきません。
現在、県内で水素を燃料とする自動車は9台稼働しているそうですが、一台が700万円以上。しばらくは、国から200万円、県から100万円の補助金が出ますが、それでも400万円以上。生産に時間もかかるそうで、今注文しても2年待ちだとか。

車の購入も、燃料補てんについても、普及までにはかなり課題が多いと感じました。
写真は、昨日の視察で撮ったものです。

高校生にアピール

20160502_003600-1 25日、月曜の朝の二軒屋駅前宣伝で、党の若者向け政策パンフを配布しました。
表紙の英字が目に付いたのか、「国際政治は難しくてわかりません」と言った高校生がいました。「日本の政治の話ですよ」と、答えたのですが…。
列車から降りてきた高校生に配布したのですが、演説前の15分間に16冊受け取ってもらえました。読んでもらえるとうれしいのですが。

宣伝後は、県議団ニュースの作成で、県庁へ。
なんとか連休に入る前に初稿まで行き着きたいと、議員団で原稿を練っています。

 毎度のことながら、伝えたいことを分かりやすく、簡潔にまとめることの難しさを実感しています。

金曜日、徳島駅前で訴えました

22日朝、古田書記長、山田豊県議とともに徳島駅前の定例宣伝を行いました。

私は、「九州地方地震で、あらためて住宅の耐震化の重要性を思い知らされた。耐震化には少なくとも1軒150万円はかかる、生活に精一杯で、『とても出せない』とあきらめてしまっている人が多い。実効性のある行政の支援が必要だ。命と安全を優先した予算配分を行うべきだ」とのべ、いまだにこの地震を『激甚災害』としない安倍政権を批判し、「参議院選挙で審判を下そう」と訴えました。

 

13083351_443099882564048_3785851348576366718_n[1]

4月21日  ふるさと回帰支援センターを訪問

4月21日、東京での視察も今日で終わりです。

午後からは、兼ねてから訪問してみたいと思っていたNPO法人「ふるさと回帰支援センター」を訪ねました。ふるさと回帰支援センターは、東京都千代田区有楽町の東京交通会館6階にあります。

ここの副事務局長の嵩(かさみ)さん、徳島県のコンシェルジェ、斎藤さんのお話をお聞きすることができたことは大きな収穫でした。

徳島県がこのセンターに参入したのは四国の他県よりも遅かった(2015年12月オープン)ので、移住相談もまだ少ないそうです。これからに期待したいところですが、嵩さんが、開口一番、「徳島県と言えば、佐那河内村の取り組みに注目しています」と言われたのには驚きました。私の地元の話がいきなり出てくるとは思っていませんでした。

移住し、そこで長く生活していくには、人とのつながりが欠かせない。佐那河内村は常会などの自治組織がしっかり機能していて、移住者の受け入れをそこに住んでいる住民自身が判断している点を評価しているとのことでした。

移住促進の取り組みでは、地域のインフラ整備がどのくらい進んでいるのかが重要で、徳島は比較的インフラ整備は進んでいる方。ただ、魅力のアピールがうまくいっていないように感じるとのことでした。魅力をアピールするためには、その地域での「暮らしのイメージ」をどう伝えるかが重要。

移住促進の取り組みでも「観光」は大きなポイント。それも体験交流型がいい。

まずは観光で行って、ここに住んでみたいと思ってもらえれば良い。

宿泊者を増やすには、最低5時間は現地に滞在させる「何か」が必要。

県単位ではなく、市町村単位の取り組みが重要ではないか。成功するポイントは、行政のおしきせではなく、住民参加の取り組みなど、「地域自治」。

JRの駅よりも、道の駅の活用を、それも土日に開いていること・・・・等々、

観光と移住者を増やすヒントになる話をたくさん聞かせていただきました。

 

徳島県のコンシェルジェ 斎藤さんと、徳島への移住をアピールするポスターをバックに記念撮影

 

東京交通会館にある、徳島・香川トモニ物産店にも寄ってみました。

徳島の産品が、ところ狭しと並べられています。
徳島の一番人気は、かつ天やフィッシュカツだそうです。

4月21日  消費者庁移転問題で党国会議員と懇談

衆議院議員会館で、大門みきし参議院議員、清水ただし衆議院議員、秘書さんたちと、消費者庁・国民生活センターの徳島移転問題や「地方創生」の取り組みなどに関する情報交換を行い、今後の取り組みについて意見交換を行いました。

これからの私たちの課題も明確になり、大変有意義な懇談でした。

20160421_102650