大西そう 市民+野党で選挙に勝つ! 政治を変える!

7月3日(日)12時~の徳島駅前は、大西そう応援の市民と野党の3,000人で占拠されました。

日本共産党の市田忠義副委員長、民進党の吉川沙織参議院議員、社民党の前川英貴県連代表、新社会党の栗原君子元参議院議員、市民連合の山口二郎代表世話人、SEALDsの寺田ともかさんが、大西そう野党統一候補の必勝を呼びかけました。

 

 

SEALDsの寺田ともかさんの「私たちはこれから何十年もこの国で生きていくんです。」という訴えは心に響きました。

若者の希望ある未来に「戦争」の影を落としてはいけない、憲法を守る平和な日本を受け渡していく義務が私たちにはある、負けられないたたかいなんだ、このことを強烈に思い起こさせる訴えでした。

大西そう選挙区候補の力強く迫力のある訴えに、街頭からは「そうだ!」「頑張れー!」と合いの手も入り、市民と野党が一つになってたたかっていることを実感させる街頭演説会となりました。

さあ、これからが勝負!追いつき、追い越せでスパートを!

(写真は、花岡さんのフェイスブックからいただきました)

参議院選挙ラストサンデー

参議院選挙、ラストサンデーは、繊維団地のびっくり日曜市から。

ふるた比例候補の訴えに、次々と声援が寄せられます。
このあと、ふるた比例候補、渡辺市議と一緒に会場内を回って対話しながら支援を訴えて回りました。

 

「さっき、自民党が回って来よったでよ。負けたらあかんぞ!」
「大西そうさんと、共産党やな。わかっとる。」
「もう、入れてきたけんな」
たくさんの励ましの声に、ラストスパートへの力をいただきました。