衆議院特別委員会での TPP関連法案強行採決は許せない!

TPPの国会承認を求める議案と関連法案を審議する衆議院の特別委員会は、4日、採決を強行!民進党、日本共産党などが激しく抗議するなかで、またしてもヽ(`Д´)ノ

しかも、与党内の関係議員との意思統一さえなかったという異常さです。

山本農水大臣の2度にわたる暴言で審議がストップしたのに、与党はその責任もとらないまま、今国会での成立を目指すために問答無用で突っ走る。

世論調査で、今国会でのTPP関連法案の成立を望まないとする意見が過半数%を超えるなかでの暴挙に、TPP協定の危険な内容が国民に広く知られないうちに何が何でも通してしまおうという姿勢が透けて見えます。

こんな政権をいつまでも続けさせるわけにはいきません!

来るべき衆議院選挙で、何としても場外へ!

地域で街頭宣伝

午前中、地域支部のみなさんと街頭宣伝に出ました。

私が訴えている間、支部のみなさんは、ご近所を回って、核兵器廃絶と国保料引き下げの署名への協力を訴えました。

私が訴えていると、わざわざ家から出てきて話を聞いてくださる方や、演説の合間に通りがかった方と対話になったり・・・。

2時間足らずの行動でしたが、6人の方と対話でき、10筆を越える署名が集まりました。

好天にも恵まれ、楽しいひとときでした。