12.8 平和を守る母親全国一斉行動

今日、12月8日は、75年前に日本が真珠湾を攻撃し、太平洋戦争が始まった日です。

徳島駅前で行われた徳島県母親大会連絡会の「12.8平和を守る母親全国一斉行動」に私も参加しました。

赤紙1枚で、夫が、息子が、恋人が戦地に駆り出されていった時代を二度と繰り返さない、南スーダンPKO部隊の自衛隊員が殺し殺される事態に巻き込まれないうちに、戦争法を廃止させ、憲法を守る政治に変えよう!

リレートークで、思いを込めて訴えました。

通りがかった高校生が、赤紙のチラシを珍しそうに受け取って読む姿が印象的でした。

高知県沖で米軍機墜落  高知県知事は、米軍機低空飛行訓練中止を要請

昨日の、高知県沖の米軍機墜落について、高知県知事がコメント。

明日、知事自ら上京し各省の関係者へ低空飛行訓練差し止めを要請するそうです。
中田さんのFBへの投稿をそのまま掲載させていただきました。

中田宏

「原因究明・再発防止対策ないままの低空飛行やめよ」 7日の高知沖での米軍機墜落事故を受けた尾﨑正直高知県知事のコメント(12月8日昼)

・米軍機の墜落に関しては、平成6年の大川村、平成11年の土佐湾での墜落に続き、今回で3回目となる。誠に遺憾。

・米軍に対し、速やかな情報提供、事故原因の究明、再発防止対策の徹底について、日本政府を通じて訴えていく。

・訓練中の事故とのことであり、何らかの負荷がかかる状況の中で発生したのではないかと推測される。航空機に欠陥がある可能性もある。

・原因究明と再発防止対策が講じられるまでの間、オレンジルート上での低空飛行訓練は(一般的な低空飛行訓練も含めて)中止していただきたい。

・本日中に外務省及び防衛省へ書簡を提出した上で、明日私が上京し各省の関係者へ直接お願いにいく。以上

初霜が降りました  付託委員会が開かれています

寒いと思ったら、初霜が降りていました。
写真は、自宅前の田んぼの様子です。

昨日、今日と、経済委員会の付託委員会がありました。

労働委員会から解雇争議が1件発生しているとの報告がありましたが、どんな内容なのか、概要さえも報告はしてもらえないので、全くわかりません。

農林水産部関係では、TPP関連問題、鳥インフルエンザへの対応について、耕作放棄地への課税強化の問題、農協改革について、農産品のブランド化について、林業振興策について等の質疑が行われました。

商工労働観光部では、小規模企業の持続的発展への支援を明記した中小企業振興条例の改正を受けての取り組みについて、正規雇用促進、UIJターン促進策、障がい者雇用促進行動計画について、観光振興策について等の質疑が行われました。

特に、鳥インフルエンザ対策では、危機管理部との関係をめぐって、どこが主体となって動くのかが問題になりました。また、県民への鳥インフルエンザ問題についてわかりやすく広報すること、特に野鳥の死骸を見つけたらどこに連絡をすればよいのか、わかりにくいとの指摘もありました。この点は、早速改善されるようですが。

知事は、常に、「国の一歩先を行く」として、多くの政策提言をしていながら、TPP問題などでは、「国の動向を見極め」という言葉が判で押したように繰り返されるのは残念です。県民の暮らし・福祉分野、中小企業支援策などでは、国の交付金だのみの施策が多く、「地方自治」が見えない県政だと感じるこの頃です。