閉会した国会・県議会を振り返って 定例の日曜市宣伝にて

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、車、屋外

今朝は大霜でした。
私の宣伝カーは、エンジン不調で修理に出ているので、今日の日曜市宣伝はハンドマイクで行いました。

 

衆議院議員徳島一区予定候補の山本千代子さんとともに訴えていると、次々と手を降ってくださる方がいて元気が出ます。

TPP、年金カット法案、カジノ解禁と、最終版国会での安倍政権の暴走は特にひどかった。維新の会など、その補完勢力も明確に。

 

画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外、自然山本千代子さんは、オスプレイの墜落事故に対して国民の安全も守ろうとしない日本政府の姿勢を厳しく糾弾。年金カット法案、カジノ解禁についても触れ、国民の多数の声を聞かない政治をご一緒に変えましょう!そのために日本共産党を大きく伸ばして下さい!と力強く訴えました。

 

私は、16日に閉会した県議会で、県議団3人がそれぞれ討論を行ったことも報告。国の悪政がひどい時代だからこそ県政に県民の暮らしを守る防波堤としての役割が求められているが、飯泉県政は、県民の福祉の向上をはかる点では、国から義務付けられた最低限のことしかしない。県独自の予算も使って、県民の暮らし、福祉の向上のための施策を、と具体的な提案も行っていることを紹介しました。
そして、国政でも、地方政治でも国民多数の立場に立った対案を示して頑張る日本共産党がさらに大きくなることが、市民と野党の共闘をさらに発展させて安倍政権を倒して新しい政治に転換する原動力になる。みなさんのご支援、ご協力を!と呼び掛けると、足を止めて聞いて下さっていた方々が手を降って応えてくれました。

 

清水ただし議員を迎えて 集いで充実の時間

 画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、スーツ本日19時からは、建設労働組合後援会が「清水ただし議員と話そう」と開いた集いに参加させていただきました。

清水ただし衆議院議員は、閉会したばかりの国会について、戦争法施行、TPP、年金カット法、カジノ解禁の強行など、安倍自公政権とその補完勢力の暴走ぶりと日本共産党が果たした役割など臨場感たっぷりに語り、最後に「党を大きくすることが政治を変える大きな力になる」と、自身の党との出会いから入党までの経緯も織り交ぜて入党を訴えました。

「安倍首相は、『アベノミクスは道なかば』と口癖のように言うが、下から読むと『ばかな道』」等々、清水節も散りばめた語りに参加者一同、引き込まれっぱなしでした。

 最後には、長年党を応援して来られた方が入党を決意する感動の場面も!

「清水さんに来てもらったかいがあった!」と、一同、喜びの拍手と握手で終えることができました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル