地方創生ーー県の人口ビジョン、戦略を考える

28日、人口減対策や地方創生について、中山徹先生のお話を聞きに、奈良女子大学に行ってきました。

中山先生は建築分野の専門家ですが、まちづくりや公共事業、人口減少対策、地域再編問題、地域経済活性化など幅広い分野について研究されている方です。

少子高齢化が急速に進行し、地方の過疎化が問題になっている我が国では、人口減対策、東京一極集中是正、地方創生と、国を上げての取り組みが行われていますが、果たして国の誘導する方向に付き従っていくことが良いのか、県の取り組みをどう考えるのかなど、県議団でも議論をしているところです。

中山先生から、国の取り組みをどう評価するか、他県の先進的な取り組みなどもお聞きし、徳島県での具体的な取り組みについても多くのヒントをいただきました。

学んだことを2月定例会でも生かせるよう、まずは県議団でしっかり議論を深めようと思います。

写真の 建物は、奈良女子大学の記念館。歴史を感じさせる建物です。(山田県議の投稿からシェアしました)

画像に含まれている可能性があるもの:空、家、木、屋外

「寒茶」で話題に!? テレビで宍喰が紹介されていました

今朝のTV番組で、徳島県の海陽町宍喰が紹介されていました。「寒茶」で注目されているそうです。
高齢化で、つくり手がいなくなってしまうところだったけれども、寒茶の魅力にひかれて若い人が移住し、栽培に、販売にと、地域の活性化に一役買っているとの話でした。
徳島県人として嬉しい話です。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:1人、植物、自然、屋外

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)

 

佐那河内村の新しい産品に白ネギが加わりました!

自動代替テキストはありません。私の地元、佐那河内村で、白ネギ(阿波ネギ)の出荷が始まったそうです。(写真は、佐那河内村長 岩城さんの投稿から)

ネギは、風邪予防などにも効果があるとTVでも紹介され、人気が上昇している野菜です。

「ももいちご」(今は「さくらももいちご」に品種が変わりました)に続くブランド品として有名になることを願っています。