国保の都道府県化問題で県に要請 

DSC_0007 28日、徳島県社会保障推進協議会は、国保の都道府県化問題で県に要請を行い、懇談しました。私たち県議団も同席しました。

国保は、市町村が財政運営や実務などすべての業務を担ってきましたが、来年からは、財政運営を県が担うことになっています。

要請書は、全国に比べ県の所得に占める国民健康保険料(税)の平均割合が高いことを指摘。お金の心配なく必要な治療を受けることができる制度への改善を求めています。このなかで、減免制度をつくっていない自治体が半数近くあることを指摘。法令違反であり、県は、厚生労働省からの通知を各自治体に徹底するよう申し入れました。

井上尚会長は、都道府県化は国の医療費抑制政策が狙いであることを指摘。「県民は、ベッド削減で入院できるのか、国保料がさらに値上げされるのではないかと心配している」と語り、県民に情報を公開するよう求めました。

他県では、制度改定に向けての市町村との打ち合わせ(連携会議)についても情報公開しているところがある(高知県など)のに、県は、いっさい公開していません。

今まで市町村とどんなことが話し合われてきたのか、保険料試算はどうなっているのか、情報公開するよう求めました。

また、今年度設置される県の国保運営方針を決定する協議会について、専門家を入れる、被保険者代表に社会保障推進協議会のメンバーを入れてもらいたいなど、要望しました。

県国保改革課の麻植塚課長は、「要望はうけたまわりました」と答えました。

今後も、県民の声が反映されるよう、求めて行きます。

患者さんとNs

「徳島東警察署移転問題を考える会(仮称)」が発足します

27日夜、徳島東警察署の裁判所跡地(現在の地裁の隣)への移転・新築に反対している弁護士会と市民との懇談会に参加しました。

徳島東警察署新庁舎を、地裁を建て替えた跡地に移転・建設する計画について、徳島弁護士会は反対しています。

反対の最も重要な理由は、旧裁判所の建て替えによってできた跡地に東警察署新庁舎が建設されると、裁判所と警察署があたかも一体となっているかのように見え、裁判所の中立性や公正さ、警察からの独立性に疑念を持たれる可能性があり、司法に対する県民の信頼が損なわれることになりかねないというものです。

市民の間でも、「共謀罪」法案を強行しようとしている安倍政権のもと、この徳島で、警察署と裁判所が仲良く並び立つような計画を許していいのか、と、弁護士会の呼び掛けに応じて集まり、懇談しました。東署移転問題 イラスト

私は、県議団もこの計画に反対の立場で論戦してきたこと、ろう学校跡地などの県所有の候補地があるなかで、「基本計画」にも反する裁判所跡地に、なぜ、どのような経緯で決めたのか、議会の審議でも文書質問でも質してきたが、明確な答弁がなかったことを報告し、この計画を止めるのは県民の世論しかないと訴えました。

東署移転問題プロジェクトチーム座長の木村清志弁護士は、「弁護士会は断固反対で最後まで頑張る」と決意表明。

集まった市民からも、一度建ってしまうと50年も60年も裁判所を警察署が見下ろす異様な光景が続くことになり取り返しがつかない、今止めなくては、等々、熱心な話し合いが続きました。

予算は通りましたが、計画の具体的な動きが始まっていない今のうちにこの問題を県民に広く知らせ、計画撤回の世論をつくる取り組みを急ごうと、5月17日に、「東警察署移転問題を考える会(仮称)」を結成することが決まりました。

結成総会は、5月17日(水)18時から 徳島弁護士会館(徳島市新蔵町1丁目31番地)で開催します。みなさんの積極的なご参加をお願いします。

no_minna[1]

 

県庁前の「平和の石碑」

DSC_0026議会報告を作成中です。

今日は、紙面に掲載する県議団3人の写真を撮りに、県庁周りをあちこち歩き、「平和の石碑」を見つけました。

戦争する国づくりが進められている安倍政権下で、「共謀罪」法案が強行されようとしています。戦前、治安維持法による激しい弾圧が行われ、国民が「戦争反対」の声も挙げられなくなるなかで、日本は、侵略戦争を拡大し、敗戦への道をひた走りました。「現代版」治安維持法=「共謀罪」法(案)が強行されれば、政府の方針に異をとなえる国民の声は押さえつけられ、「戦争反対」の声も上げにくくなる・・・。

石碑に刻まれている言葉、「恒久平和は県民の願い」が、こんな時代だからこそ輝いて見えました。

石碑のまわりには、一年中枯れない「笹」が青々と茂っています。この「笹」は「平和を守る不断の努力」をあらわしている― 達田県議の解説に、山田団長も私も感心しきり・・・。この石碑の前で撮った写真に達田議員の言葉を添えて、議会報告に掲載することとしました。

 

桜から新緑へ 日射しまぶしい日曜市宣伝

今朝の日曜市宣伝。先週まで薄桃色の花が残っていた桜も、すっかり緑に変わり、初夏のような強い日差しがまぶしいくらいです。

いつものメンバーで、交代でマイクを握りました。
訴えの合間では、買い物途中の男性から、(「共謀罪」創設法案について)「こんな法律つくって、安倍さんは何がしたいんで?何ともおとろしい(恐ろしい)。」と、対話になりました。

腐敗した政権が、憲法を踏みにじり、国民の暮らしもこわして戦争する国へとひた走る。こんな政治は早く終わらせなければいません。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、屋外           画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、車、屋外

党女性後援会の総会&講演のつどい

女性後援会 藤田文さん20170422今日は、日本共産党女性後援会の総会と講演のつどいがありました。
この間、毎月1回はキャラバン宣伝に出て、日本共産党の風を吹かせ、時には楽しい活動にも取り組んできました。とにかく「楽しく元気に」がモットーです。

来るべき衆議院選挙の候補者も勢揃い。候補者を代表して、比例四国ブロック予定候補の白川よう子さんが挨拶し、支援を訴えました。

講演は、「女性のひろば」の編集に取り組んで24年の藤田文(あや)さん。(現、編集長)
「女性のひろば」は、20歳代~50歳代の女性編集者5人でつくっていること、5人のそれぞれの悩みも喜びもこの雑誌づくりに生かされている=「自分たちの苦労が全部仕事の種になる」仕事だとの職場紹介から始まりました。
私も「女性のひろば」は1980年代からずっと愛読していて、ファンの1人ですが、藤田さんのお話を聞いて、「女性のひろば」の魅力の秘密が見えたような気持ちです。

「女性のひろば」の編集の仕事を通して、情勢が大きく変化している―「貧困」と「生きづらさ」の深まりを感じていること、一方で「共産党を除くという壁が崩壊」して、思わぬ方々と出会ってきたという話は興味深く聞きました。「女性のひろば」に登場された党派を超えた方々、それぞれの人生への尊敬の念を込めた取材態度が、相手の心を開き、感動的な話を引き出してきたのだと思いました。

藤田さんのお話のなかで、特に心に残ったお話をひとつ。「相手の心を、一回の対話で、自分1人が動かそうとしなくても良い。その人が、いろんな時にいろんな人からかけられた言葉が、ひとしずく、ひとしずく、心のなかの小さなコップに溜まっていき、いつかあふれ出す。その時に、その人の心が動く ・・・」という話です。
選挙への取り組み方としても、示唆に富んだお話でした。

女性後援会 候補者勢揃い 20170422              女性後援会 白川さん② 20170422

 

脱原発金曜日行動、250回目を迎えました!

脱原発金曜日行動 手塚さん 20170421脱原発金曜行動が250回目を迎えた昨日、私も久しぶりに参加しました。
手塚さんの粘り強い取り組みに脱帽です!
記念日とあって、参加者もいつもより多く、にぎやかでした。
衆議院比例四国ブロック予定候補の白川よう子さんも到着。さっそくマイクを握り、「原発止めよう!」と、力強く訴えました。

医労連の井上純さんは、放射せん技師らしく、放射能汚染のこわさを具体的な数値も上げながら告発。原発は事故を起こさなくても近隣住民の健康にいかに深刻な影響を及ぼすのか、説得力のある話を聞かせてくれました。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、オンステージ(複数の人)、立ってる(複数の人)、靴、屋外   脱原発金曜日行動 ドラムをたたく私 20170421

党四国ブロック一斉宣伝デー  

徳島駅前宣伝 2017042121日は、日本共産党四国ブロックの一斉宣伝デーでした。
朝は、徳島駅前で山本千代子衆議院徳島1区予定候補と、このあと、お昼まで、八万支部のみなさんと一緒に街頭宣伝を行いました。

八万町では、宣伝準備をしていると、車で通りかかった若者が、「共産党、頑張って下さい!」と声をかけてくれました。八万支部と街宣20170421
県道沿いで訴えていると、車窓を開けて手を振ってくれる方が次々と。「ご声援、ありがとうございます」と言うのに忙しい街頭宣伝でした。

 

途中で、元県議の服部昭子さんのお宅に伺い、久しぶりにご挨拶。
病気療養中ですが、体調はまずまず落ち着いているとのことで、記念撮影にも笑顔で応じてくれました。
(写真は、ご本人の了解を得て、掲載しています)

服部昭子さん自宅前にて 20170421

 

「共謀罪」創設法案は廃案へ!戦争法も廃止!  憲法共同センターの連日昼休み宣伝

12時30分~は、徳島憲法共同センターの駅前宣伝に参加。リレートークで「共謀罪」創設法案の危険性を告発し、廃案へ!と訴えました。

今日は19日。戦争法廃止の行動日でもあり、20人が参加しました。

今日初めてのお目見えという新婦人の赤いタペストリーが鮮やかです。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外