盛会だった「安倍9条改憲NO! 徳島市民アクション」結成キックオフ集会

17日(日)14時~「安倍9条改憲NO! 徳島市民アクション」結成のキックオフ集会は220名の参加で成功を収めました。

麻生多聞氏の「憲法9条加憲論をめぐる批判的考察」と題した講演は、丁寧なレジュメで大変わかりやすい上に「目からうろこ」の内容が盛りだくさんでした。

憲法よりも米国の意向が優先される日本の政治の問題から、9条加憲論の裏側とその怖さがよくわかる内容でした。
同時に、安倍首相が従来の自民党改憲案ではなく、9条に自衛隊の存在を例外として認める内容を書き込む「加憲」を言い出した背景には、国民の根強い「9条」支持の世論があるからで、ここに憲法改悪のたくらみを許さないたたかいへの希望があることを示してくれました。

9条に自衛隊を書き加えることがどんな意味を持つのか、私たち自身がしっかりと掴み、具体的に語ってどれだけ多くの国民に知ってもらえるかが重要であること、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」がその有効なツールだということが、参加者によく伝わる講演だったと思います。

憲法改悪を狙っている日本会議は、憲法「改正」を求める署名を1,000万筆集めているという話も聞きます。

憲法を守ろうという勢力と集団的自衛権行使の足かせとなっている憲法を変えてしまおうという勢力とのせめぎ合いは、ますます激しくなっていることを感じます。

すでに署名を1,060筆集めている「西部みんなの九条の会」の経験も語られ、来年の5月3日までに、徳島で20万筆の署名を集め、全国3,000万筆達成に団結しよう!憲法を守るたたかいに必ず勝利しよう!と決意を固める集会となりました。

日曜市宣伝  八万支部の「選挙お疲れ様会&望年会」ー 心に残る言葉がいっぱい

今朝のびっくり日曜市は、いつにも増してお客さんが多く、宣伝カーの置き場確保も大変でした。今年もあとわずか、年の瀬だということを実感した朝宣伝でした。
いつものように、古田美知代元県議と交代でマイクを握り、訴えの合間に「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」への署名を訴えて回りました。
寒さの中、署名しながら、「安倍さんの政治は本当にひどい。何とかしてもらわんと。共産党には頑張ってもらいたい。」と激励して下さった女性。今治から来てお店を出しているという店主さん。昔から共産党ファンだという方と、次々と声をかけていただき、今日もいろんな出会いがありました。

 

徳島1区候補としてたたかった衆議院選挙を振り返り、笑顔で語る山本千代子さん。 選挙中、ずっと身につけていた「9条バッチ」が胸に輝いていました。

10時からは八万支部の大掃除と総選挙お疲れ様会&望年会。
衆議院選挙で1区選挙区候補として活躍した山本千代子さん、選挙事務所の次長として尽力いただいた船越徳島市議にも参加していただき、激動の選挙戦を振り返り、今後の取り組みについても語り合いました。
日本共産党との出会いと期待について語っていただいた後援会員のYさんの話も感動的でした。政党の基本理念をお城の石垣に例えて、「良い石垣は、基礎がしっかりつくられていて何百年経ってもその傾斜を保って崩れない。それが共産党だ。だから、誰のために何を目指して活動するかがぶれない。紆余曲折があっても、必ず目的を達成すると期待している。」と、熱く語ってくれました。
―2019年の一斉地方選挙とその後に続く参議院選挙での勝利を。市民と野党の共闘を発展させ、必ず捲土重来を!ーと、来年、再来年を見据えた「望年会」となりました。