「仙台・筋弛緩剤冤罪事件『守大助さんを支援する徳島の会』」に参加して

24日(土)午後から「仙台・筋弛緩剤冤罪事件『守大助さんを支援する徳島の会』」の第13回総会に参加しました。

仙台・筋弛緩剤冤罪事件は、2000年、宮城県仙台市の北陵クリニックの患者さんの死亡や急変が相次いだことについて、患者5人の点滴に筋弛緩剤「マスキュラックス」を混入し、一人を殺害、4人の殺人未遂事件を起こしたとして、クリニックに勤務していた准看護師・守大助さんが2001年に逮捕、起訴され、無期懲役が確定した事件です。

当時、私も看護師として勤務していて、同業者が殺人罪に問われるような事件を起こしたと報道されたことに大きなショックを受けたことを覚えています。マスコミは、連日、「連続点滴魔殺人事件」などとセンセーショナルな報道を行い、多くの人が守さんが犯人だと思い込まされてきたと思います。

 

犯罪に使われたとされる筋弛緩剤「マスキュラックス」は、患者さんの急変時への救命措置で気管挿管を行う場合に使うため病棟の救急セットに常備されていましたが、この事件以後、厳重管理の薬品として、日勤、準夜、深夜と各勤務帯で本数を確認するなど管理が大変厳しくなりました。

しかし、事件当初から点滴混入で死亡することがあるのか?と医療関係者の間で疑問の声が上がっていました。

守大助さんも、いったんは自白したものの、以後は無実を主張。弁護団は、患者の症状は筋弛緩剤によるものではなく、冤罪だとして再審を求めてたたかい続けています。
徳島の会は2006年に徳島救援会が立ち上げ、会員を増やし続けながらたたかいを支援しています。
結成時は88名だった会員が、現在では530名にまで増えているとの報告に、粘り強く活動を広げてきた中心メンバーの努力に頭が下がる思いです。

今日は、「布川事件」で再審・無罪を勝ち取り、現在は国賠裁判の原告として活動されている桜井昌司さんの講演もありました。
桜井さんは、逮捕された当時は不良で盗みもしていたそうです。別件で逮捕され、その後殺人事件の犯人にでっちあげられ、自白までするのですが、その後は一貫して無実を訴え44年間たたかい抜いた方です。自分は不良だったけれど、人は殺していない、犯人ではないという「真実」に正直に生きたいと思い、こんな自分を支援してくれる人たちがいるということを支えに、獄中で人間として成長してきたというのです。
獄中で「死刑にされたら」と考えて「生きる」意味を悟った。「その人、一人の存在を大切にすることが『人権を守る』ということだ」とわかったそうです。
自分は「不運」な目に遭っているけれど、「不幸」ではない。自分の無実を信じて励ましてくれる人がいる、自分のために一生懸命活動してくれる人がいる、獄から出てくるのを待ってくれている人がいる。彼のこの思いと周囲の支援者たちとの真心の交流そのものが彼の学ぶ意欲を高め、人間性を磨いていったのだと思いました。

桜井さんが語った「人生に無駄なことは一つもない」「今日は一日限り。人生は一日限りの毎日」だという言葉も心に残りました。
獄中で音楽に親しみ、手紙をたくさん書き、詩を書き、歌を歌うようになったとのことで、最後にその歌声を披露してくれましたが、プロ顔負けの情感こもった歌声に驚き、聞き惚れました。

桜井さんの話を聞き、あらためて日本の警察組織や司法の問題、民主主義について考えさせられると同時に、救援会の存在意義、その活動のすばらしさを実感した総会でした。

冤罪事件で獄中でたたかっている守大助さんに、あきらめずに、希望を失わずに、一日一日、生き抜いて、「真実は必ず勝つ」のだから。私たちもあたなのことを忘れず、支えていきます。― そう伝えたいと心から思いました。

達田良子議員が一般質問 知事の答弁に唖然!

徳島県議会本会議2日目。日本共産党の達田良子議員が一般質問に立ちました。
「とくしま記念オーケストラ」事業にかかわる疑惑についての質問への知事の答弁は異常でした。

11月議会で山田議員が、記念オケ事業に関わって脱税した川岸被告との飲食の有無を質したときには、「ない」と否定していたのに、マスコミが飲食の事実を突きつけると「打ち上げだった。山田議員の飲食についての質問の背景には、川岸氏からの働きかけがあったように印象づける意図があったから(誤解を招いてはいけないので否定した)」「『打ち上げ』と『会食』は違う」などと苦しい言い訳をしていましたが、達田議員の質問でこのことを指摘されると、知事は、まったく同じ言い訳をとうとうと述べたのです。
私たち県議団も、まさかここまで同じ言い訳をするとは思いませんでした。
よけいに疑惑が膨らむばかりです。

また、質問を準備する過程で、これまで7年間で約10億円と説明していた記念オケの事業費とは別に川岸氏のハイヤー代等の経費が1,229万円もあったことが明らかになりましたが、この点を質すと、「10億円は、演奏会の直接的な経費で、交通費や事務費などの経費は別」などと説明しましたが、記念オケ事業にかかった費用の一部を隠していたことになり、議会での説明は虚偽だったということです。どんなに言いつくろってもこんな論理は通用しません。

その上、住民団体からの真相解明を求める要望にどう応えるのかとの質問に対しては、まともに応えることなく、記念オケ事業の成果を質問時間を超えてまで述べたことも異常でした。
おかげで、達田議員の質問は、持ち時間の60分を超えてしまい、最後の登壇ができずに終わりました。

調べれば調べるほど、疑惑が次々と出てきて、質してもまともな説明がされない・・・。
記念オケ事業が今年度で終了するから追及も終わりにして「明日に向かって歩きだそう」などということでは、行政をチェックする議会の責務は果たせません。

達田議員は、記念オケ事業に関わるすべての書類を議会に開示するとともに、事業費が適正だったのか、専門家を含む第三者による検証が必要だと質しましたが、これこそ議会が一致して求めるべきことです。

この他の質問について、以下に概略を報告します。

徳島東警察署新庁舎整備事業についての質問で、談合調査をしたのかとの質問に明確な答弁はなし。再質問で同じことを問いましたが、やっぱり答えない「官僚答弁」でした。

建設産業の担い手育成について、下請け労働者に適正な賃金を決めて元請け業者に支払いを義務づける公契約条例を制定すべきとの質問に対して、建設業者に県から「要請」をしている、支払い状況の調査を行っている等と逃げの答弁に終始しました。

国民健康保険の県単位化(新制度移行)に当たり、来年度の実際の保険料(税)が今年度よりも上がった場合の県の対応について質しましたが、「市町村と連携して県民のみなさまに安心していただける制度の運用に努める・・・」としか答えませんでした。

23日も一般質問がありますが、残念なことに、我が党以外、どこも記念オケ問題について取り上げる議員はなさそうです。

今日、傍聴に来られていた住民団体のみなさんにもご意見をお聞きして、今後のたたかいについて相談したいと思います。

続きを読む 達田良子議員が一般質問 知事の答弁に唖然!

徳島化製事業協業組合への異常な補助金問題 とは?

21日、自民党の岡議員が代表質問で取り上げた徳島化製への異常な補助金問題について説明します。

 

徳島化製は、レンダリング事業(畜産副産物を収集し、肉骨粉などに再資源化する事業)を主に行っている企業ですが、ここに県は四半世紀にわたり、毎年補助金を出し続け、その総額は今年度見込みを含めて48億4千万円余り。

2017年度当初予算でも、畜産振興課、安全衛生課、商工政策課の3課から合計6千366万2千円の補助金が組まれています。

 

実は、この徳島化製事業協業組合への県の補助金は、議会にも説明されず、他の補助金にもぐりこませていた、「やみ補助金」だったのですが、この問題を調査していた日本共産党の山田県議が2001年6月議会で質問して初めて明るみに出ました。こんな異常な県補助金を投入し続けている県は、他にありません。

日本共産党は、この補助金について、要項はあるものの成果報告もなく、終期の定めもない不透明なもの、一企業にこれだけ県費を漫然と投入し続けることは異常だとして、一貫して問題にしてきました。

 

ところが、この問題はタブー視され、他会派議員もマスコミも黙ったままです。

多いときは年間3億円だった補助金が、徐々に減額されてきたものの、それでも6千万円を超えています。

しかも、県は、県内で発生する副産物・残渣物を処理・再資源化することへの補助だとしていますが、県内分は約3割、実に7割が県外から仕入れていて、この比率は一貫して変わっていないとのことです。

 

また、新年度の財政方針で、3年以上経過した政策経費は20%減としているのに、徳島化製への補助金は10%減としている理由については、県は「個別に判断している」としています。

 

日本共産党県議団は、今後もこの問題を追及し、不公正な補助金を止めさせるよう力を尽くします。

(「上村きょう子の見て歩記」No.40 【2017年3月8日付け】から)

今日の代表質問 なかなかのものでした!(^^)!

県議会2月定例会の本会議質問1日目。
今日の代表質問は、なかなかのものでした。

1つは、川端議員(自民党)の代表質問のなかで、「文化の森」の30周年の取り組みについての質問に対する答弁で、知事が県立博物館の常設展示のリニューアルを行うことを表明した点です。
わが党は、県がとくしま記念オーケストラ事業に7年間で10億円を超える事業費をつぎ込む一方で、「文化の森」の図書館・博物館・美術館の予算が大幅に削られてきたことを問題にしてきました。なかでも博物館の常設展示については、職員から何度もリニューアルの提案が出されていたのに、予算がつかず、27年間一度もリニューアルされないままになっていることは異常だと指摘し、予算をつけることを求めてきていたからです。
「文化の森」30周年記念事業として企画し、基本計画を策定すると明言したので、思わず胸の内で「やったーッ!」とガッツポーズ!(^^)!

もう1つは、岡議員(自民党)が、肉骨粉製造の全国最大手業者「徳島化製事業協同組合」(岸小三郎理事長、徳島市)への異常な補助金の問題を取り上げ、追及したことです。

この問題は、2002年、山田豊議員の質問で初めて明らかになったのですが、
他会派もマスコミもタブー視し、今までわが党以外取り上げることがありませんでした。
県の答弁は、指摘した問題にまともに答えない、あまりにも露骨な官僚答弁でしたが、最大会派の自民党の代表質問として取り上げられたこと自体に大きな意味を持ちます。

県議団で一般質問の準備中

17日、県議団一同、朝から県庁の控え室にこもって来週の一般質問の準備にかかっていますが、平昌オリンピックの男子シングル最終グループの観戦で、しばしの休憩中。
羽生、宇野のワンツーフィニッシュの感動に浸っています

素晴らしいドラマを観た後のような高揚感と、ホッとした気持ちが入り混じった、なんとも言えない気分です。
もう少しTVに見入っていたい気持ちを切り替えて、さあ、集中 ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

記念オケ最後の演奏会へ

午後は、アスティで開催されたベートーヴェン「第九」演奏会に行ってきました。
今年は、第九アジア初演100周年ということで、ドイツからも合唱団を招いての演奏会となりましたが、何と、台湾からも合唱団が参加されていたのには驚きました。

第1部は、短編映画「百年の火花~第九の聖地 徳島~」の上映でした。
この映画は、「徳島国際短編映画祭2017」のオープニングで上映されたもので、少年が、亡くなった祖父が「第九」をこよなく愛した理由をたどっていくなかで、徳島とドイツとの交流の歴史を知っていくという物語です。東京でのフラッシュモブ、街中で突然、第九演奏が始まり、集まった人々が歌い出す場面も出てきましたが、これから本物の第九演奏を聴くという時に、この場面は余分だったかあな、とちょっと残念な気持ちになりました。

映画の後、休憩が入り、いよいよ第2部で演奏開始。
3,000人の大合唱団と観客に囲まれて、オーケストラが真ん中に配置されていて、演奏風景が間近に見られたことは幸せでした。
これだけの規模の第九演奏は、そうそうないと思いますが、やはり3,000人の大合唱は圧巻で、歓喜の歌声に聴き惚れました。
最後に、アンコールの代わりに、瀬戸内寂聴さんが作詞した「ふるさと賛歌」を参加者も一緒に大合唱したことで、さらに感動が増した演奏会でした。

 

とくしま記念オーケストラ事業を取り仕切ってきた川岸氏の脱税で、この事業にまつわる疑惑が浮上し、記念オーケストラの演奏会は今日で終わりとなってしまいました。「公正」で「透明」な事業であったなら、と、つくづく残念です。複雑な思いを抱きながら、会場を後にしました。

 

また雪です 休日ですが、県庁へ

12日朝は、また雪!我が家の周りも真っ白です。国道に出るまでは積もった雪の上を車でそろそろと・・・キシキシとタイヤが雪を踏みしめる音が聞こえるくらい・・・。
安全運転で県庁へ。
午前中は、控室で県議団会議。22日の一般質問について打ち合わせしました。休日で、エアコンは入らないので、各自、寒さ対策をして臨みましたが、日も差す南向きの部屋のせいか、それほど寒さを感じずにいられました。