記念オケ最後の演奏会へ

午後は、アスティで開催されたベートーヴェン「第九」演奏会に行ってきました。
今年は、第九アジア初演100周年ということで、ドイツからも合唱団を招いての演奏会となりましたが、何と、台湾からも合唱団が参加されていたのには驚きました。

第1部は、短編映画「百年の火花~第九の聖地 徳島~」の上映でした。
この映画は、「徳島国際短編映画祭2017」のオープニングで上映されたもので、少年が、亡くなった祖父が「第九」をこよなく愛した理由をたどっていくなかで、徳島とドイツとの交流の歴史を知っていくという物語です。東京でのフラッシュモブ、街中で突然、第九演奏が始まり、集まった人々が歌い出す場面も出てきましたが、これから本物の第九演奏を聴くという時に、この場面は余分だったかあな、とちょっと残念な気持ちになりました。

映画の後、休憩が入り、いよいよ第2部で演奏開始。
3,000人の大合唱団と観客に囲まれて、オーケストラが真ん中に配置されていて、演奏風景が間近に見られたことは幸せでした。
これだけの規模の第九演奏は、そうそうないと思いますが、やはり3,000人の大合唱は圧巻で、歓喜の歌声に聴き惚れました。
最後に、アンコールの代わりに、瀬戸内寂聴さんが作詞した「ふるさと賛歌」を参加者も一緒に大合唱したことで、さらに感動が増した演奏会でした。

 

とくしま記念オーケストラ事業を取り仕切ってきた川岸氏の脱税で、この事業にまつわる疑惑が浮上し、記念オーケストラの演奏会は今日で終わりとなってしまいました。「公正」で「透明」な事業であったなら、と、つくづく残念です。複雑な思いを抱きながら、会場を後にしました。

 

また雪です 休日ですが、県庁へ

12日朝は、また雪!我が家の周りも真っ白です。国道に出るまでは積もった雪の上を車でそろそろと・・・キシキシとタイヤが雪を踏みしめる音が聞こえるくらい・・・。
安全運転で県庁へ。
午前中は、控室で県議団会議。22日の一般質問について打ち合わせしました。休日で、エアコンは入らないので、各自、寒さ対策をして臨みましたが、日も差す南向きの部屋のせいか、それほど寒さを感じずにいられました。

イレブンアクションに参加

11日、12時~「徳島原発ゼロの会」主催のイレブンアクション参加で徳島駅前へ。
「原発再稼働反対、原発はゼロへ、自然エネルギーへの転換をはかれ!」と、ハンドマイクで交代で訴えながら「原発再稼働反対、東電は福島第一原発事故への責任を果たせ」の署名を集めました。
「海外では、日本の原発事故から学んで自然エネルギーへの転換が進んでいるのに、日本でいまだに原発を使っていることに疑問を感じる。その上、インドに原発を売り込む等、政府は何を考えているのか!」と、署名に協力してくれた青年が語ってくれたことが印象的でした。

2.11集会に参加

11日、午前中、地域支部の総会でご挨拶した後、2.11集会へ。
今年は、弁護士9条の会から大西そう弁護士がメイン講師で、安倍政権が狙う憲法9条改憲(9条に自衛隊を書き込む)についてじっくりと学びました。「憲法を変えないと北朝鮮の脅威に対抗できない」等、憲法9条を守る署名を集める活動をしていると必ずぶつかる意見にどう向き合うか等、実践的な話も含め、中身の濃いお話でした。

中内先生の「日本会議」の正体についての話も、その発足の歴史や活動内容等、詳細に調べた内容で、大変勉強になりました。

久しぶりの日曜市宣伝

2月11日(日)、2週ぶりに日曜市おはよう宣伝を行いました。

古田美知代元県議は、安倍9条改憲を許さない署名や核兵器廃絶署名への協力等を訴え、私は、県政について、新年度県予算や記念オケ問題、特に、「県政の私物化は許さない。疑惑の徹底解明を!」と、「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」が結成され、知事や議会に申し入れが行われた事等を報告しました。

日曜市会場の繊維団地前の冷田川には、カルガモの親子が並んで泳いでいました。
まだまだ寒い日が続いていますが、なんだか温かい気持ちになる風景でした。

事前委員会が開催されました

9日、県議会では、事前委員会が開催されました。

文教厚生委員会では、4月からの国保制度改正で、国保加入者の一人当たり標準保険料(税)の本試算が出され、鳴門市と美波町がわずかに値上がりする結果が示されましたが、県は、800万円の独自支援を行って値上がりを抑えるとのことでした。これで、全市町村、一人当たり保険料(税)は現行と変わらない、もしくは多少引き下げられることになりますが、最終的には市町村の判断で決まります。この独自支援については、2,200万円の予算が組まれていますが、残りの1,400万円は6月に判明する前期高齢者交付金の変動への対応を見込んでいるとのことでした。

所得に占める割合が全国一高い国保料(税)を引き下げるには全く不十分ですが、ずっと求めてきた独自支援に踏み出したことは一歩前進だと思いました。

しかし、一方では、保険料の収納率向上のために滞納世帯の保険証取り上げ・資格証明書発行が徳島市でかつてなく増えるなど、重大な問題も発生しています。

私は、高すぎる保険料(税)の改善なしに、こうした強硬措置に走ることがあってはならない、市町村の状況を把握して、厚生労働省の通知に違反するような事態が起きないよう助言するよう求めました。

また、吉野川市の国立徳島病院が板野の東徳島医療センターに統廃合されることについて、県の対応を質しましたが、「機能は維持すると聞いている」とのことで、特に問題とは認識していないようでした。

 

教育委員会では、他委員から、県の教員の勤務実態調査の結果と改善策はどうなっているのかとの質問が出されましたが、現在検証中とのこと。3月末をめどに結論を出したいとのことでした。

ただ、教員の代わりに学習プリントの印刷やテストの採点等を行う「スクール・サポート・スタッフ」配置事業に504万円(小学校2,中学校2 6時間/日 12学級以上の規模の学校に配置予定)、部活動指導員配置促進事業に899万2千円の予算(県内のすべての市町村に1人ずつ配置。教員に代わって部活動の指導を担当する。)を当て、教員の負担軽減策の一つとして試み、効果を検証するそうです。この事業は、いずれも国からの補助が出る新規事業です。

一方で、児童生徒数の減少に伴う学校再編や学級数の変動を理由に、今年もまた教職員の定員削減のための条例改正案が提出されています。

私は、教員に求められる課題がどんどん増えていることが長時間労働につながっているのだから、この際、定員削減はせずに、正規の教職員の配置に余裕を持たせることこそ必要ではないかと質しました。

とくしま記念オーケストラ事業の廃止で、アウトリーチ(記念オケのメンバーによる名西高校音楽科生徒への指導)がどうなるのかについても質しました。今後は、地元の演奏家(プロだけでなくアマチュアも含む)を中心にお願いすることになる等、条件が変わるとのことで、予算としても今年度に比べて1千万円ほど減少する見込みとのことでした。

教育大綱に基づく教育振興計画の改定案も提案されていますが、質問時間が足りず、付託委員会で取り上げることとしました。

おはよう宣伝に取り組みました

9日、徳島駅前での定例のおはよう宣伝に取り組みました。

政治の私物化を許さず、公平、公正で透明性ある政治へ、国民の暮らしへの願い実現のため、市民と野党の共闘を前に進め、憲法を守り生かす政治への転換をはかろうと訴えました。

今朝は憲法9条の会の「9の日行動」。元町交差点では、弁護士会や労働組合、市民団体のみなさんが、横断幕やプラスターを持ってスタンディング宣伝をしていました。

「9条の会」では、県下各地で毎月9日にこうした街頭でのアピール行動を行っています。寒い中、早朝から街頭に立ってのアピール、憲法を守ろうとの熱い思いが伝わってくる行動に頭が下がる想いです。

(写真は、いずれも山田豊議員の投稿からシェアさせていただきました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記念オケ疑惑の真相解明を求め、県民有志が会を結成

8日朝、「明らかにする会」のみなさんが、日本共産党県議団の控室に来られ、要望書を提出。「2月議会でしっかり追及を!」と激励されました。

とくしま国民文化祭記念管弦楽団(とくしま記念オーケストラ)事業をめぐる疑惑の全容解明を求めて、「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会(略称:明らかにする会)」が7日夜、結成されました。

結成総会には、50名を超える県民が集まりました。

代表委員としてあいさつに立った井上尚さんは、「知事と旧知の仲の元代表をもうけさせるために私たちの血税を湯水のように使ったのなら、知事としての資格が問われる」事態だとして、疑惑の全容を明らかにしないままの幕引きは許さない、県民の力で真相を明らかにさせるために行動しようと呼びかけました。

日本共産党県議団を代表して山田豊県議団長が、記念オケ問題の概要を報告しました。山田県議団長は、昨年の6月議会で自民党会派の代表質問で述べた「特定の人物に特権的な待遇を与える不公正」「突出した予算をつぎ込む不公平」「説明責任を果たさない不透明」という言葉が端的にこの疑惑の本質を突いていると紹介し、「森友・加計学園問題と根は同じ、まさに県政の私物化だ。私たち県議団もみなさんと共同して疑惑解明に力を尽くします」と締めくくりました。

参加者からは、県議会での追及はどうなっているのかとの質問も出され、私から「最大会派の自民党が、知事が今年度で事業を終えると宣言したことでよしとして、これ以上の追及はせず幕引きをはかろうとしている。知事の川岸氏との会食についての虚偽答弁が明らかになった際も、臨時議会を開催して追及をすべきだと申し入れたが、日本共産党以外の会派の賛同が得られなかったとして拒まれた。今のままでは2月議会で追及するのは日本共産党だけとなり、疑惑の全容解明がされないまま終わる可能性が高い。県民のみなさんの世論が頼りです。」と答えました。

結成総会では、代表委員と事務局を選出。規約や特別決議の採択、行動提起が行われ、翌日の8日は、早速、知事と議長に要望書を提出。県議会のすべての会派を訪問し、要望を伝えました。

要望書は、①元代表へ渡った事業費の全容、②音楽プロダクションからの見積書・請求書の公開と第三者による検証、③元代表の「特別扱い」の実態、知事との関係、④元代表との会食についての知事の虚偽答弁について、⑤事業のためのプール金(基金)の実態、などの全容解明を求めるものとなっています。

「明らかにする会」では、今後、議会の傍聴、県民へのアンケートやシンポジウムの開催などを予定しています。

県政をチェックする議会の真価が県民から問われています。私たちも心して2月議会に臨まなければと決意を新たにしているところです。