大栗清實顕彰碑・碑前祭に参加して

10時30分から健生阿南診療所で開催された「大栗清實顕彰碑 碑前祭2018」に参加しました。

達田良子県議が、日本共産党徳島県委員会を代表して来賓挨拶を行いました。
達田良子県議は、初めて阿南市議選挙に立候補して地域を回った際、どこに行っても「大栗先生にお世話になった。大栗先生は、お金がなくて医者にかかれない私たちを助けてくれた。」と言われたことを紹介。
大栗先生が生きておられたら、今の安倍政権の酷い政治について何と言われるだろうか・・・。戦争へ戦争へと向かう時代、大栗先生の遺志をついで、平和な日本を守るたたかいに、ご一緒に力を合わせましょう― と語りました。

 

今年は、藤田廣登(ふじたひろと)氏(労働者学習協会理事、伊藤千代子の会事務局、「治安維持法と現代」編集委員等)が、「治安維持法下の無産者医療運動と大栗清實ー民医連のルーツと先達たちが切り拓いたもの」と題した講演をして下さいました。

藤田氏は、戦前の活動家を掘り起こす研究を精力的にされている方で、「伊藤千代子研究」などで有名ですが、これまでの調査で大栗清實氏について明らかになった史実について、詳しく語られました。

大栗清實医師は、戦前、現在の全日本民医連につながる無産者診療所の所長を務めただけでなく、無産者診療所運動の基礎づくりから、その運動を全国に広げるリーダー的役割を果たしてきたことがわかってきたそうです。

戦前、貧農・労働者の診療所・病院を自分たちの手でつくろうという無産者の医療運動は、その影響力の大きさと広がりを恐れた権力によって激しく弾圧されました。
1941年に最後の無産者診療所が閉鎖されて、戦前の無産者の医療運動は終息したそうですが、この時までに20を超える診療所設立が準備されていたことと合わせると、この時代に、無産者の医療運動がほぼ全国各地に広がっていたとの話に驚きました。

私も、この無産者医療運動の歴史を引き継ぐ民医連の院所で働けたことをあらためて誇りに思うとともに、今、戦前の暗黒の時代を呼び起こすかのような政治の流れと、それに抗して平和と民主主義を守り発展させようとする新しい政治の潮流―市民と野党の共闘ーがせめぎあっている時代にどう生きるのかを考えされられたお話でした。

ちなみに、4月7日は、国民救援会の創立90周年だそうです。
この記念すべき日に行われた大栗清實顕彰碑 碑前祭に参加できたことは、幸運でした。

300回目を迎えた金曜日行動  原発はゼロへ!再生可能エネルギーに転換を!

6日18時~は、「原発再稼働反対!徳島有志の会」300回目の金曜行動へ。
雨天にも負けず、リレートークとパレードで、原発にしがみつく政治を変えて、安全安心の再生可能エネルギーへの転換をはかろうとアピールしました。

川内原発、玄海原発等、相次ぐ原発事故。さらに、ニセコ高校のエネルギー学習で、北海道経産局が原子力発電についての問題点を指摘する内容の変更を講師に求めるという教育干渉を行うという異常さ。

一方で、伊方原発は1号機、2号機とも廃炉へ、再稼働していた3号機は、住民訴訟の勝利で停止中です。伊方原発の廃炉決定は、「伊方ショック」とも言われているそうですが、電力会社にとって、原発はもはや不採算のエネルギーだと認識されたということではないでしょうか。

私たちは、これからも原発再稼働反対、すべての原発は廃炉へ、自然エネルギーへの転換をはかれと訴え、アピールし続けます。

予想外の参加者に驚き  「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」第一回学習会

6日、15時~「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」の第1回学習会が開催されました。

 

平日の午後という時間設定にもかかわらず、予想を超える参加者で、みなさんの関心が高いことがわかりました。

私たち県議団3人は、分担してチューターを務めました。

私は、昨年の5月、記念オケ事業を主に取り仕切っていた音楽プロダクション「アンサンブルセシリア」元代表の川岸美奈子氏の脱税容疑に端を発した記念オケ事業にまつわる疑惑の概略についてお話ししました。

達田県議は、記念オケ事業が、議会にもそれとわからない形で巧みに様々な事業に広げられ、川岸氏を儲けさせる仕組みがつくられていたのか、交通戦略の一環として取り組まれた「にぎわいづくり音楽列車」の例を挙げながら説明。議会にも報告されていなかった7600万円を超えるヤミ負担金の発見とその使途の追及でわかったこと、さらに疑惑が深まった点を報告。

最後に山田県議が総まとめを行い、この問題が県政運営の根幹にかかわる問題であり、決して幕終いさせてはならないこと、そのために、県民の世論で議会を動かす―議会が疑惑解明への追及をしっかり行うようにさせる―ことが重要であることを強調しました。

1時間余りの学習会でしたが、市民コンサートの運営に長年関わってきた方から、「N響を招いても、1回あたり1,000万円あればコンサートができる。記念オケは、演奏会ごとに寄せ集めのメンバーで行っているにしては、異常に高い事業費ではないか」との疑問が出されたり、文化振興課の職務専念義務免除の実態についての質問や、「なぜ議会では、日本共産党以外追及を止めてしまったのか」等の疑問や今後の活動に関する意見も出され、活発な学習会となりました。

事務局からは、宣伝行動への参加の訴えや、次回の学習会の予定も報告されました。

この学習会に参加し、新たに会に加入された方もおられます。県民の世論が少しずつ広がっていることを実感した学習会でした。

 

次回学習会は、4月23日(月)13時30分~阿南の「夢ホール(阿南市文化会館)」で開催されます。

 

徳島大学の新入生にも訴えました  定例の徳島駅前おはよう宣伝

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、空、屋外6日、金曜日の定例の徳島駅前おはよう宣伝は、徳島大学の入学式でアスティに向かうバス待ちの大勢の新入生と保護者のみなさんに向けてアピール。
民青同盟の新歓行事のチラシ配布に合わせて、ブラックバイトにも触れました。

宣伝後、9時過ぎまで、チラシ配布に参加しましたが、聖書(文庫版)を配布している方がいたのには驚きました。
家庭教師募集の業者のみなさんは、ボールペンが入った小袋を配布していました。

希望に満ちたキラキラした眼の新入生のみなさんが眩しく見えた朝でした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、上村 恭子さんを含む、スーツ

常会長の任終了 引き継ぎを済ませました

5日、常会の会計監査と引き継ぎが無事終了し、1年間務めた常会長の役割が終わりました。

 

「常会」というのは、「町内会」のような自治組織です。

私の地元、佐那河内村には、全部で47常会あり、各常会ごとに毎月決まった日に各家庭から1人が参加して会を持ちます。
ここで、役場からの伝達事項を伝えたり、河川一斉清掃や道路愛護デー(道路の草刈り等の保全)の取り組みについて打ち合わせをしたりします。年一回の一日行楽や忘年会などの親睦行事も常会ごとに行います。
役場から担当者に出向いてもらって、出前講座も行います。
以前は、お花見など、もっと行事が多かったようですが、勤め人も多くなり、できるだけ行事は簡略化しようということで、今のようなスタイルになったようです。

常会長は、各戸1年ごとに持ち回りで、常会の司会から行事のお世話係、会計等を担当します。
一日行楽の行き先決定から旅行当日の飲食を含むすべての手配、忘年会の準備等、色々と気を使うことも多かったので、1年間、何とか無事、任が果たせて、ほっとしています。

 

満開の桜をバックに訴え

1日(日)、定例の繊維団地での日曜市宣伝。冷川沿いの桜並木も満開に咲きそろい、みごとな眺めでした。

古田美知代元県議と交代で訴え、9条署名にも取り組みましたが、いつにも増して手を振って下さる方、激励の言葉をかけて下さる方が多く、署名も次々と集まりました。

訴えを聞いてくださったお店の方からは、森友問題とともに、記念オケ疑惑についても怒りの声が寄せられ、「しっかりやってくれよ。このまま終わらせたらあかんでえ!」と激励されました。画像に含まれている可能性があるもの:空、木、植物、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、木、屋外

県の組織改変について   「国保制度改革課」が「国保・自立支援課」へ!?

県の「地域福祉課」が3月末で廃止されました。
毎年のように部署名が変わったり、新しい部署ができたりと改変が多い県庁ですが、いただいた資料にも「地域福祉課」については、何の説明もなく、「廃止」という記述があるだけです。一方で、「国保制度改革課」が「国保・自立支援課」という名称に変わります。

地域福祉課は、生活保護制度などの福祉制度を主に担当していましたが、今後は、生活保護制度については、「国保・自立支援課」が、他の福祉制度等については、他の課で手分けして担当するのだそうです。

生活保護制度の担当が「自立支援」という名称に!?
なんだか福祉が削られそうな、イヤな響きです。

駐車場担当の守衛さんも様変わり。競争入札で派遣先の事業所が変わったとのことです。

とくしま記念オーケストラ事業の下請け業者は、競争入札ではなく、随意契約だったのに!