盛況だった佐那河内村の「ふるさと納涼夏祭」

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、オンステージ(複数の人)
元タカラジェンヌも出演 見事な歌と踊りに見惚れました。

今夜は、佐那河内村の第43回ふるさと納涼祭がありました。
舞台では、歌や踊り、恒例のすだち連の阿波踊り、合間に抽選会と、楽しい催し物が盛りだくさん。フィナーレは、花火。会場のすぐ傍に仕掛けるので、真上から降ってくるような迫力ですが、煙でなかなか綺麗な写真が撮れませんでした。

人口2,500人足らずの村ですが、この日ばかりは、お盆の帰省客も含めて、県外からも多くの人が集まり、大変な賑わいです。夜店も沢山出ていて、特にたこやきや、玩具掬い、腕ずもうコーナーは、人垣ができていました。

係の人の話では、今年は1,500人くらいとのことでした。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、夜、屋外
すだち連の阿波踊り。観客も一緒に「おどる阿呆」に!

  

お盆休み 井戸寺にお参りしました

大阪で働いている娘が9日から帰省していましたが、今日、帰るというので、送りがてら国府町の井戸寺にお参りしました。
井戸寺は、四国八十八ヶ所の第十七番霊場で、白装束のお遍路さんにも出会いました。
娘は、御朱印集めをするのが趣味で、いつも御朱印帳を持ち歩いていますが、ここでも早速、御朱印をいただき、満足したようです。

それにしても、日中はやっぱり暑い!
池の鯉がうらやましく思えた午後でした。

 

 

 

 

 

 

 

お盆の支度に汗を流しました

12日は、朝宣伝の後、日頃手つかずの家の片付け、掃除、お盆の支度、夕方には、当番日最後の地区のゴミステーションの見回りで片付け、掃除と、動きっぱなしで大汗をかき、さすがにくたびれました。

写真は、わが家のお盆の支度です。13日はご先祖様を迎える日なので、団子をつくっておまつりします。お膳はご飯となすびの和え物。14日は、本膳(一汁三彩)を用意します。

床の間
仏壇