後援会のみなさんと行楽へ  御所の郷で鋭気を養って

今日は、南後援会のみなさんと御所の郷へ。後援会の総会を兼ねた秋の行楽です。

好天に恵まれ、御所の郷に向かうバスの中から、お高越山や吉野川第十堰など、見所も満載です。
「今日の第十堰は、水が少ないねえ。」の声に、第十堰の可動堰化を止めようと住民運動で頑張った思い出も話題にのぼりました。

御所の郷で温泉につかり、美味しい料理や会話を楽しみ、来年の選挙勝利に向けて鋭気を養いました。

部屋の前の廊下では、知らないご婦人から、「共産党の方ですか?今日は、何の集まりですか?楽しそうで良いですね。」と声を掛けられました。
県外の方だそうですが、御所の郷の温泉が好きでよく来ているとのこと。
立ち話程度でしたが、最後に「頑張って下さい」と励ましていただき、温かい気持ちになりました。

料理の1品です。鳥の巣に見立てたものでしょうか?さつまいもでつくった黄色く色づいた銀杏の葉やそうめんでできた松葉に栗など、見た目も美しく楽しいお料理でした。
帰りに、御所の郷の玄関前で記念撮影

新しい宣伝カーの初お目見え  定例の徳島駅前宣伝で

金曜日の朝は、定例の徳島駅前でのおはよう宣伝を行っています。

今日は、県委員会の新車の宣伝カーの初お目見え。
久しぶりに宣伝カーのデッキに上がり、気持ちも新たに、古田書記長、山田県議団長と並んで訴えました。

私は、今の国会の焦点になっている外国人労働者受け入れ拡大について、国内の労働者不足を補うために安上がりの人材として呼び込むことは問題だということを、徳島県の縫製工の技能実習生問題も例に上げて指摘。介護士など、働き手が不足している分野の待遇改善こそ取り組むべきだと訴えました。
14日の政府要請についても報告しました。