希望の光が見えた徳島県民医連2018望年会

15日、午前中は、人間ドック。胃カメラで軽度異常あり、お薬をいただきました。このところ、忙しかったからかなあ。

遅い昼食を食べ、午後からは、地域支部との行動へ。街頭宣伝にポスター貼り、ビラ配布と、新入党員のMさんが大活躍でした。

夜は、私の古巣、徳島県民医連2018年望年会でした。
県議、徳島市議、県議候補のたかはらくみさんとともに参加させてもらいました。
来年春の県議選で、板野選挙区からの立候補を決意した高原久美さんが、日本共産党議員団を代表して「いのちを大切にする政治をともに目指そう」と挨拶しました。

徳島民医連望年会の今年のテーマは、「かがやく未来へ~We can go it!」
冒頭で院長の佐々木先生が、懸案の健生病院のリニューアルの取り組みについて、わかりやすく紹介してくれました。厳しい医療情勢の下、資金繰りで大変な困難を抱えているということは聞いていましたが、乗り越えていける展望が見える話で、感動しました。

高齢化が進む2040年まで、実際には必要病床数は増えます。医療費抑制のためのベッド削減を強行にすすめる今の政治がいつまでも続くわけではありません。将来、情勢が変わっても対応もできるようにと、柔軟性のある計画を考える先見性は「民医連」だからこそできることだと確信すると同時に、私たちも政治変革が早くすすむよう、頑張らなくてはいけないと励まされました。

私の古巣ですから、多くの顔見知り、仲間がいます。私は、各テーブルを回って挨拶しながら話し込みました。嬉しかったのは、職員の子弟が何人も新人として入職してきていることです。

恒例の職場ごとの出し物も、今年はやりのダンスが次々と繰り出され、楽しませていただきました。抽選で豪華な「半生うどんセット」までいただき、いつにも増して心に残る一夜でした。

     

四国ブロック一斉宣伝行動日 地域支部と街頭宣伝へ

14日は、四国ブロック一斉宣伝行動日でした。
私は、Hさんの運転で担当地域を宣伝カーで流して回り、5か所でスポット演説を行いました。途中で、地域支部のUさんに出会って、お付き合いしていただきました。
ポスター貼りとビラ配布をしていて、私の声を聞いて駆けつけてくれたそうです。

 

最後に演説した場所では、車を停めて窓を開けた男性から、「共産党頑張れよ-!もっと頑張ってくれなんだらあかんぞ!」と声援を送られました。ありがたいですね。

文教厚生委員会(保健福祉部・病院局)での質疑  夜は演説会へ 

13日、保健福祉部・病院局の付託委員会がありました。

 

私は、来年度の国保の標準保険料率の算定はどうなっているか聞きました。試算中とのことで、具体的な額は示されませんでしたが、今年度よりも上昇する可能性がある様子。今後、12月末に国から本係数が示され、標準保険料率が決まるのは、来年2月中旬ごろとのことです。県は、今年度と同様に、激変緩和措置を講じるとのことですが、心配です。私は、国保料上昇など、住民負担がこれ以上重くならないよう求めました。

この他、地域医療介護総合確保基金の使い道について、徳島病院の統廃合問題について、旧優生保護法による強制不妊手術問題について問いました。

徳島病院の存続を求める署名は4万筆を超え、地元市長も議会はもちろん、県議、県内国会議員全員が存続を求めていること、さらに、周辺自治体で存続を求める意見書も採択されていることを示し、地域医療構想は「地域の実情に応じ」てというなら、県がこの地域の声を国立病院機構に届けるべきではないかと質しました。

県は、国立病院機構に「ていねいな対応」を求めたとのことで、答弁事態は相変わらずですが、5月に続いて10月にも申し入れたとの話に、世論の力の大きさを感じました。

 

夜は、四国キャラバンで徳島入りしている白川よう子四国ブロック国政対策委員長を迎えて開催された徳島市内の演説会へ。私も山田県議団長とともに県政報告を短時間させていただきました。 白川さんは、政権の暴走が野党共闘の進化・発展を呼んでいると、参加者を勇気づけてくれました。

 

四国キャラバンが徳島入り 宣伝行動に参加

12月13日(木)、朝は、昨日から四国キャラバン宣伝で徳島入りしていた白川よう子四国ブロック国政対策委員長とともに、徳島駅前でおはよう宣伝。来春の県議選に出馬する高原久美予定候補と県議団も勢揃いして訴えました。 寒いけれど、「頑張るぞ!」と気合いの入った朝でした。

女性陣は、そろってピンク色の衣装。打ち合わせしたわけではなく、たまたまですが。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、上村 恭子さん、白川容子さんなど、立ってる(複数の人)、空、屋外

上村きょう子の見て歩記 No.82を紹介します

「上村きょう子の見て歩記」No.82を発行したので、ご紹介します。このニュースは、自費で発行し、上村担当地域の赤旗読者のみなさんに、赤旗に折り込んでお届けしています。

今号は、12月6日の達田議員の一般質問報告第一弾です。残りは次号に掲載します。

画像に含まれている可能性があるもの:上村 恭子さん、スマイル

危険な米軍機の飛行もオスプレイもNO! 平和委員会と新婦人が知事に申し入れ

11日、平和委員会と新日本婦人の会が、6日、高知県沖で起こった米軍機事故について、飯泉知事に申し入れました。

申し入れの内容は、事故の原因究明と危険な米軍機の飛行を中止させるよう国に求めること、さらに、事故に関連してオスプレイが徳島空港を使用したことについて抗議し、今後飛来することがないよう国に申し入れてもらいたいというものです。

※ 写真は、平和委員会の山本千代子さんのフェイスブックからシェアしたものです。

徳島空港にオスプレイ!?

岩国基地から飛び立った米軍機が空中給油中の事故で高知県沖に墜落したとのニュースに、これが市街地だったら大変なことになっていたと、あらためて軍隊の基地があることの恐さを実感しましたが、この事故に関連して、なんと徳島空港にオスプレイが来ていたとは!

以下、徳島新聞ニュースより

topics.or.jp

高知県沖の太平洋上で米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)のKC130空中給油機とFA18戦闘攻撃機が接触、墜落した事故で、6日に徳島県小松島市の徳島赤十字病院に運ばれ、死亡が確認された米兵1人が7日、同基地の輸送機オスプレイで搬送された。搬送先は不明。

米兵はFA18の乗員とみられる。オスプレイはこの日午前、徳島県松茂町の海上自衛隊徳島航空基地に到着。米兵を乗せて飛び立った。

一方、自衛隊や第5管区海上保安本部(神戸)は、行方が分からない2機の乗員5人の捜索を続けた。

「しんぶん赤旗」の魅力再発見  日曜版編集長を招いての学習会に参加しました

日曜版編集長の山本豊彦さんを招いての学習・決起集会に参加し、日曜版の魅力を再発見。山本編集長が語る「しんぶん赤旗」の一般紙にない魅力、特に、「党議員や支部のみなさんと一緒に紙面をつくっている」という話は、胸に染みました。

共産党が「独自のたたかい」と言われていた時代から、「自民か非自民か」、自民・公明か民主か、の「二大政党」の時代、そして、今の「市民と野党の共闘」と、変遷する時代の中での苦労ややりがいから、赤旗編集部にも「芸能部」があるとの話、クイズ・クロスワードパズルは記者が持ち回りでつくっている―といった裏話まで、面白いお話もたくさん聞けました。
頑張って読者を増やそう!って素直に思えたお話でした。

学習の後の決起集会で、来春の県議選挙、板野選挙区から立候補を予定している、たかはらくみ(高原久美)さんの決意表明も素晴らしかった!

地元で街頭宣伝

 

今日は、元村議の松長さんとともに、地元、佐那河内村で街頭宣伝。宣伝カーの流しスポットも自分の声でアナウンスしてみました。
しゃべりっぱなしで疲れましたが、声援をいただくたびに元気を取り戻しました。
「佐那の郷」の前で訴えた後、美味しいランチをいただき、ほっと一息。地元のみなさんの温かさが身に染みました。

 

園瀬川の護岸の修復工事も大分進んでいて、一安心です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外

園瀬川の護岸の修復工事の様子

教員の「働き方改革」  変形労働時間制導入はNo!

教員の働き方改革を議論してきた文科省の審議会が、本日、「変形労働時間制」の導入を求めたとの報道がありました。
「変形労働時間制」が長時間労働是正にならないどころか、助長することは、すでに労働組合運動のなかで経験済みです。

「変形制ではなく、教員の授業の持ちコマ数の上限設定と、それに見合う教員増こそ本当の『働き方改革』」です。(11月15日の参院文教科学委員会での吉良よし子参議院議員の発言より)

以下、しんぶん赤旗11月16日付けの記事を掲載

図

変形制は長時間労働助長

吉良議員 教員増と授業数上限を

参院文教科学委

写真

(写真)質問する吉良よし子議員=15日、参院文科委

日本共産党の吉良よし子議員は15日の参院文教科学委員会で、公立学校の教員への1年単位の変形労働時間制(変形制)の適用が長時間労働をいっそう助長する危険を明らかにし、「変形制ではなく、教員の授業の持ちコマ数の上限設定と、それに見合う教員増こそ本当の『働き方改革』だ」と迫りました。

変形制は業務の繁閑に応じて労働時間を調整するもの。文部科学省は変形制によって総労働時間を短縮するとし、夏休みなどの労働時間を学期中に振り分ける案を中央教育審議会に示しています。

吉良氏は、文科省調査でも小学校で6割近く、中学校で7割以上の教員が過労死ラインを超える長時間労働をしていることを告発。柴山昌彦文科相は「教師の業務負担の軽減は喫緊の課題だ」とし、本来の勤務時間である1日7時間45分まで削減を目指すことを認めました。

変形制についてただした吉良氏に、永山賀久初等中等教育局長は、変形制を導入しても年間の所定労働時間は変わらず、残業も禁止されないと答弁しました。

吉良氏は、「仕事量が抜本的に減らない限り変形制でもこれまでの長時間労働は変わらない」と指摘。さらに1日の勤務時間がのびることで見ための残業時間が減るうえ、拘束時間も増えることをあげ「これがあなた方の『働き方改革』か」と批判。柴山文科相は「多様な働き方を広げ、夏季休暇を確実にとらせることでリフレッシュしていただく」などと現場の実態にそぐわない答弁に終始しました。

吉良氏は、「保育園の送迎に支障がでる」「勤務時間いっぱいまで部活動をやれと言われるかもしれない」といった現場の悲鳴を突き付け、8月についても行政研修やプール指導、夏休みの短縮などにより、「閑散期とは言えない」と指摘。「変形制の検討そのものをやめるべきだ」と訴えました。