閉会日の私の討論原稿を掲載しました

20日の県議会閉会日、私は、議員の期末手当引き上げついて反対の討論を行いました。

以下に、討論原稿を掲載します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

私は、日本共産党を代表して、提案されている議第三号「德島県議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について」に反対の立場で討論いたします。

議第三号は、徳島県議会議員の期末手当を、議長は6万8,875円、副議長は6万2,350円、議員は5万8,725円 引き上げるというものです。

反対の理由は、県民のくらしの実態を考慮していないこと、また、議員報酬については、「本県財政の健全化に資するため」として減額措置を継続しているのに、期末手当だけ引き上げることに納得出来ないからです。

政府も知事も景気は回復してきている、好調だと言いますが、県民にその実感はありません。

働く人の平均実質賃金は、2012年に比べて今年10月時点で、全国平均で年額19万2千円も落ち込むなど、実質所得は減っています。最近1年間の実質家計消費も2012年と比べて21万8千円も落ち込んでいます。

高齢者世帯は、年収200万円以下の層が4割を占め、生活保護受給者の半分は高齢者ですが、最後の砦の生活保護も、所得が最も少ない10%の層の実質所得が下がり続けていることを理由に、さらに切り下げられています。

国民年金だけを受給する人の平均受給額は月5万1千円、厚生年金でも、女性の平均受給額は基礎年金分を含め月10万2千円に過ぎません。

学生は、高い学費と奨学金返済の不安を抱え、働く若者の多くが、低賃金や雇用破壊、長時間労働に苦しめられている現状はいまだ変わっていません。

社会保障の相次ぐ改悪は、医療・介護などの住民負担を増やし、どの世代・階層も、失業や病気などで所得が減れば、たちまち生活が行き詰まり、貧困におちいる危険と常に隣り合わせの状態にあります。

多くの県民がこのような状態に置かれているもとで、議員の期末手当を引き上げることに、県民の賛同が得られるはずがありません。議員の期末手当引き上げは、県民のくらしが改善された後に検討されるべきと考えます。

以上、反対の理由を述べました。議員各位のご理解・ご賛同をお願いし、討論を終わります。

11月定例会が閉会しました

今日は徳島県議会11月定例会の閉会日でした。

 

党県議団は、知事提案の19議案中2議案に反対、議員提出の6議案中2議案に反対、消費税増税中止の請願不採択に反対しました。また、6月定例会からずっと「継続審査」という名の棚ざらしになっている2つの請願の度重なる継続審査については、採択すべきとの立場から反対しました。

反対議案については、党県議団3人で分担し、全員が登壇して討論しました。

達田県議は、19議案中マイナンバー関連の2議案と消費税増税中止の請願不採択に反対する討論を、私は、議員の期末手当のアップに反対する討論を、山田県議が消費者庁等の徳島移転に反対の討論を行いました。

毎議会、討論を行う党県議団に対し、他会派から「目立ちすぎ」「パフォーマンス」という声も出ますが、「(自分たちも)討論せないかんな」というつぶやきも聞こえてきました。県民の付託を受けているのですから、言論の府で黙っていては、それこそ「職場放棄」ではないですか。

5時半には、県庁前で今年最後の「とくしま記念オケ疑惑の真相を明らかにする会」のスタンディング&リレートークに党県議団全員で参加しました。

党県議団を代表してマイクを握った達田県議は、疑惑の真相を語らず幕終いをはかる知事と、記念オケ問題の文書質問を2度も続けて封殺したオール与党の議会への怒りを込め、「来年の春の知事選、県議選で審判下そう!」と参加者の皆さんと共に訴えました。

丈六でおはよう宣伝

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、屋外渡邊市議、元県議の古田さんと3人で、丈六での定例のおはよう宣伝を行いました。

国会のルールを破って、なんでも強行、民意を無視して暴走する安倍政権に来年の参院選で厳しい審判を!
飯泉県政最大の汚点、とくしま記念オーケストラ事業をめぐる疑惑の真相を語らない知事と、共産党の文書質問を2度も封じて疑惑追及の幕じまいをはかる与党会派には、来春の知事選、県議選で審判を!

いつにも増して、多くの方が手を振って応えてくださるので、訴える私たちも思わず力が入りました。