医師の長時間過密勤務解消は急務! 過労死ラインを超えでは、患者のいのちも守れない!

  

 

医師の「働き方改革」について、政府の「検討会」試案では、何と、過労死ラインを超えるような提案がされています。

医師のいのちも守れないような「働き方改革」では、患者のいのちも守れません!

2016年OECDの平均との単純比較で、約12万人も少ない日本の医師数。医師の絶対数を増やすことなしに改善ははかれません。「医師を増やすと医療費が増大する」→「医師数を抑制する」・・・ 長年、自民党政権が続けてきた政策が、今、医師のいのちさえ守れない働き方を強要することになっています。

医師たちも「黙っていられない!」と立ち上がっています。

この問題は、私たち国民のいのちに直結した問題です。国民世論で応援を!

(図表は、NPO法人医療制度研究会の本田宏様の投稿よりシェアしました)

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

わたなべ亜由美徳島市議の事務所開き

 

あいさつする天羽あつし知事予定候補(右)

3月3日、雛祭りの日、わたなべ亜由美市議の2期目をめざす事務所開きがありました。天羽あつし知事予定候補もごあいさつ。私も、共に頑張りましょうとごあいさつさせていただきました。

わたなべ亜由美徳島市議は、初当選してからの4年間で実感した徳島市議団5議席の値打ちを語り、「4年間では、まだまだ足りない。みなさんの要望実現のために、何としても私を再び議会に送ってください」と力強く訴えました。

  

八万地域で街宣  八万後援会員のみなさんと一緒に

3月2日、八万後援会の皆さん、ふるたみちよ徳島市議予定候補と街頭宣伝に出ました。

コートも要らないくらいの暖かい陽気に、散歩中の方や庭の手入れをされている方等、訴えの合間に対話も思いのほかすすみました。中には、わざわざ家から出てきて激励して下さる方も。

3月に入り、告示日まで1ヶ月を切りました。
いよいよラストスパートです!