安保法制強行から5年目 憲法破壊許さず、市民と野党の共闘で新しい政治へ!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外

9月19日(土)12時30分から徳島駅前で行われた「とくしま市民アクション」主催の「安保関連法強行採決5年 安倍9条改憲NO! アピール行動」に参加しました。

私は、とくしま9条の会、新日本婦人の会、戦争させない1千人委員会、弁護士9条の会、憲法共同委員会等の代表のスピーチを聞きながら、この間の平和と民主主義を求める市民運動の歴史を思い起こしていました。

2015年9月19日深夜、安倍政権下で安保関連法=戦争法が強行された日から5年。「憲法9条を守れ!」「戦争するな!」との声が全国で巻き起こり、市民連合が結成される等、市民と野党の共闘に発展。この力が安保関連法を動かすことを留めてきました。

憲法を踏みにじり、米国とともに戦争する国へとひた走ってきたアベ政治の中枢にいた菅氏が新首相となり、アベ政治を継承すると言う。私たちは、アベ政治のもとで大きく発展してきた市民と野党の共闘で、安保法制を動かすことを許さず、必ずアベ政治を終わらせます!

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、あごひげ、屋外

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

2020年 市民と野党の共闘で  希望ある新しい政治を開く年に

政治を変える力・・・市民と野党の共闘の発展

昨年は、市民と野党の共闘が一段と発展したことを実感した年でした。

7月の参議院選挙では、32ある1人区すべてで野党統一候補をたててたたかい、10選挙区で勝利して改憲発議を許しませんでした。 沖縄県を始め、岩手、新潟の各県知事選挙で野党統一候補が勝利するなど、地方政治でも共闘が進んでいます。 「桜を見る会」疑惑で野党合同追及チームを結成して徹底追及するなど、より結束が強まっています。 年末、急浮上したカジノIR汚職についても合同チームでの追及が始まっています。

1月6日 日本共産党県委員会の「2020年新春のつどい」                              スクラムを組む 各党代表、市民連合代表、議員、候補者

国連無視のイラン攻撃 米国追従NO!  

米国のイラン政府要人の殺害に衝撃が走っています。戦争に発展する危険性もあるなかで、中東への自衛隊派兵を強行しようとしている安倍内閣は許せません。 「安倍政治」を終わらせる年に  今年は、解散・総選挙が予想されている年です。  立憲主義の回復、格差の是正と暮らし応援、個人の尊厳が大切にされる政治の実現をめざすことを柱に据えた新しい政治の方向―「野党連合政権構想」を示した本気の共闘で、一日でも早く「安倍政治」を終わらせる年にしなくてはいけないと、決意を新たにしています。  

党大会成功へ  

1月14日から第28回党大会が開催されます。  野党共闘を野党連合政権をめざすたたかいに発展させるためにも党の自力をしっかり強めたいと、担当地域の支部や後援会のみなさんと力を合わせ、党勢拡大にも取り組んでいます。

捲土重来を期して  

昨年から週4日の朝宣伝をはじめ、街頭宣伝などにも積極的に取り組んでいます。  県議団会議や地区議員会議にも参加し、県政の動向の把握、議員と連携しての相談活動にも取り組んでいます。 本年もどうぞよろしくお願いします。  

2020年1月8日  

                       前県議会議員  上村きょう子

1月6日 徳島市役所前での新年宣伝にて                                                                                                   左から達田良子県議、白川よう子日本共産党  四国ブロック国政対策委員長、私、山田豊県議