6月28日 駅前宣伝

 定例の朝8時の駅前宣伝です。古田県議、古田元則県書記長とともに、参議院選挙に向けた日本共産党の政策をアピールし、支援を訴えました。
 日本共産党が議席を倍増させた東京都議選では、安倍内閣の経済政策に批判的な有権者の過半数が日本共産党を選択したという結果が出ています。今、自民党政治と真正面から対峙し、しっかりした対案を示している日本共産党。その存在感が増しています。まさに自共対決の時代です。
 
 ○消費税増税と社会保障切り捨てはNO!安定した雇用と賃上げで、国民の所得を増やす。
 ○原発はゼロに、再生可能エネルギーに転換をはかる。
 ○TPP参加反対、外国とは食料主権・経済主権を尊重した互恵・平等の経済関係を発展させる。
 ○憲法改悪反対、憲法をくらしと外交に生かす政治へ転換する。
 ○侵略戦争と植民地支配の歴史を美化・肯定し、歴史に逆らう動きは許さない。

 この日本共産党の主張をもっと多くの方に知ってもらい、もっと多くの方に選択していただけるように頑張ります。
 (カメラを忘れて、携帯電話で撮影してもらいました。こんな画像になってしまい、すみません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です