原発ゼロ 徳島連絡総会開会

27日、原発ゼロ 徳島連絡会総会が開催されました。

会の最初に、「映像で見る脱原発」として、よしもとの漫才コンビ、おしどりマコ・ケンのトークのDVDが紹介されました。
マコ・ケンは、原発問題で精力的に取材や現地視察に取り組み、原発事故を題材にした漫才を行っているとのことで、最新の情報も織り込み、なかなか見応え(聞き応え?)のあるトークでした。

 

服部敏彦共同代表は、森永徹氏の「玄海原発と白血病の関連の検討」を紹介。原発立地自治体が、原発のない自治体に比べて白血病による死亡率が高いという検討結果が報告されているそうです。

昨年の11月には、STOP伊方原発再稼働11.1全国に貸し切りバスで参加。

毎月11日は、徳島駅前で原発ストップを訴えるイレブンアクション。

地道に、声を上げ続けて頑張っています。

閉会の挨拶に立った氏の四宮文男共同代表
は、夫婦でアイスランドに行って地熱発電所を見てきた経験をパワーポイントで報告しました。

アイスランドは20年も前に、100%自然エネルギーを達成しているそうです!

日本も地熱エネルギーが豊富に存在する国です。
政府の決断で原発ゼロは直ぐに実現できるのに(`へ´*)ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です