許せない!柏崎刈羽原発再稼働申請

 東京電力は、本日、新潟県柏崎刈羽原発の再稼働に向けた安全審査を原子力規制委員会に申請しました。
 福島第一原発の事故処理で、放射能汚染水漏れなど、ずさんな対応が問題になっている東京電力。
刈羽原発の事故を想定した安全対策で、フィルター付きベントの設置を約束したことで、新潟県知事の理解が得られたからとのことです。
しかし、東京電力は福島第一原発事故処理で、汚染水処理が追いつかず、ずさんな対応で汚染水漏れまで引き起こしています。刈羽原発への安全対策に資金と人手を割く余裕などないはずです。
これでは事故処理への対応がますますおざなりになるのではないかと疑ってしまいます。
 私は、今朝の定例の駅前宣伝でも、夕方の原発ゼロを求める金曜日行動でも、演説の一番に、この問題に触れ、怒りを込めて訴えました。
 

 18時からの反原発行動が始まる頃には、すっかり日が暮れ、風も冷たく感じるほどでした。もうすっかり秋ですね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です