朝、夕 徳島駅前でアピール

13322084_492642427607722_2610486919293328691_n[2] 27日、金曜日、朝、徳島駅前で、ふるたみちよ比例予定候補、山田豊県議、古田元則党県書記長とともに、参議院選挙での支援等を訴えました。

私は、開催中の伊勢志摩での先進国首脳会議で安倍首相が世界の経済状況について、「リーマンショック前の状況とよく似ている」などと述べ、各国に財政出動などの対応を呼びかけたことを紹介。「参議院選挙前に消費税10%増税の延期の理由づけに利用しようというなら、サミット議長国として実に恥ずかしい。参加国に対しても失礼です。 真摯に自らの経済政策、アベノミクスの失敗を認め、経済政策を立て直すべきです。そして、消費税10%は先送りでなく、キッパリ中止を宣言していただきたい!」と訴えました。

夕方は、徳島駅前での203回目の脱原発金曜日行動に参加。13322050_492754824263149_1047292585589070255_n[1]
18時になっても明るい屋外に季節の移ろいを感じます。

パレード前のリレートークで、私は、「伊方原発を止める会」が、31日、松山地裁に、伊方原発の再稼働差し止め請求を行うことを紹介。

伊方原発の事故を想定した避難計画では、大方が屋内待避。熊本地震のような繰り返す激震が起これば、家屋倒壊の危険。津波の危険性も高い。屋外に出れば放射せん被爆。どちらにしても命すら守れません。

伊方原発の再稼働など、絶対に認められません‼ と訴えました。

13312690_492754867596478_5734935555708202117_n[1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です