浸水後の後始末は大変 

24日(土)午前は、八万町中津浦の事務所の掃除と片付けに汗を流しました。八万支部の同志も駆けつけてくれて、なんとか床の泥はきれいに掃除できましたが、ソファや印刷用の紙、古紙回収に出す予定だった新聞紙の束などは水を吸って大変なことに。
住居や店舗の被害に遭われた方は、どれだけ大変なことかと想いを馳せながら片づけ作業に当たりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です