敬老会に参加して  

img670d3b3czikfzj125日、10時からは地元、佐那河内村の敬老会へ。来賓として祝辞を述べさせていただきましたが、招待された方にもお世話係の皆さんの中にも顔見知りの方が多く、なんとなく気恥ずかしい思でした。

小学生代表で祝辞を述べた女の子の背がすらっと高いのには驚きました。周りの大人よりも身長があって、一見大人の女性に見えたからです。中学生の男子生徒ともども話す内容もすべて暗記しているのにも感心しました。これには、私たちの方が「まいりました」

佐那河内村は、65歳以上の方が人口の42.3%を占め、県下で4番目に高齢化率の高い自治体です。長年農業を生業にされてきた方も多く、後継者がなかなかいないなか、すだちやいちご、しいたけ等、村の特産品も高齢になっても農業を続けている方に頼るところが大きいのが実情です。村の経済活性化のためにも、農林業が生業として若い人にも魅力ある仕事となるようにしなくては、と考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です