政府は、辺野古への米軍基地新設断念を


           (当選を喜ぶ稲嶺市長候補の陣営。1月20日「しんぶん赤旗」電子版より)
 
 昨日投開票された沖縄 名護市長選挙は、普天間基地移設のための辺野古への新基地建設反対を掲げた稲嶺前市長が、移設推進を掲げた末松氏を大差で破り、再選されました。
 振興策というカネと引き換えに米軍基地移設の容認を迫る安倍自公政権の圧力に屈せず、再度、辺野古への新基地建設反対の意思を明確に貫いた名護市民。その市民に連帯してたたかった全国の力の結集がこの勝利を導きました。
 政府は、あくまでも辺野古への基地建設を強引に推し進める姿勢を見せています。
 新基地建設を政府に断念させ、普天間基地を無条件撤去させるまで、たたかいは続きます。圧倒的な世論の力で日米両政府を包囲しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です