しんぶん赤旗 今日の記事から 「浅田真央の功績」

 今日のしんぶん赤旗一面、「ソチ発 鼓動」に浅田真央の記事が載っています。
ソチオリンピック、19日、フィギアスケート女子シングル、ショートプログラムで浅田真央は、ジャンプの失敗で16位と不本意な結果となりました。
 記事では、トリプルアクセルに挑んだ浅田真央を、「勇気を捨てなかった」と評価。「トリプルアクルに挑み、3回転以上のジャンプを6種類すべて跳ぶ女子選手は、世界で浅田だけ。米国のワグナーは、『スケートの限界を押し上げる存在』と称賛する。その功績は、競技の進歩という尺度に照らすと、いっそう浮き立つ。」「集大成となる大舞台で、彼女は技術の最高水準に挑んだ。自分を信じて、全能力をひたむきにそそぎ込んだ。その姿勢こそが、女子フィギアにとっての宝物といえる。」と結んでいます。
 フリーでは、念願のトリプルアクセルをはじめ、6種類のジャンプ全てを跳び、自己最高得点をたたき出す会心の演技でした。演技終了直後に感極まって涙を流す浅田選手の姿は感動的でした。
メダルは取れなかったけれど、彼女の挑戦は女子フィギア界の歴史に残るものとなるでしょう。
 しんぶん赤旗の浅田真央の記事の視点に、他紙にない魅力を改めて感じた朝でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です