消費税増税ストップ! 各界連の駅前宣伝に参加

各界連消費税増税反対宣伝20170331今朝は、消費税廃止徳島各界連のみなさんと「消費税増税ストップ」の徳島駅前宣伝行動に参加しました。

消費税が導入されてから28年も経ち、導入時に3%だった税率が、5%→8%と、引き上げられるたびに消費は落ち込み、日本経済は落ち込む一方。
「アベノミクスの破綻」も明らかです。
この20年間で、富裕層への富の集中はいっそう進み、貧困層の拡大と中間所得層の疲弊が日本経済に深刻なゆがみを生んでいます。

税金の集め方・使い方を変えることと合わせ、大企業中心の経済政策の構造改革で、貧困と格差を正すことこそ求められています。

各界連の宣伝行動後、いつものメンバー、古田書記長、山田県議とともに宣伝カーに上がり、マイクを握りました。

森友学園への国有地格安払い下げ問題、徳島県では、徳島化製事業協業組合への不公正な補助金など、国でも、県でも税金の異常な使い方を改めさせ、税金は国民のくらし・福祉のために使わせようと、訴えました。

最後にマイクを握った山田県議団長が訴えを終えると、向かいのバス停で聞いてくださった何人もの方から拍手と声援が!駆け寄って、握手をさせていただきました。

徳島駅前宣伝20170401

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です