日曜市で訴え、建労の住宅デーを訪問

画像に含まれている可能性があるもの:1人、木、屋外日曜の朝は、定例の日曜市宣伝から。雲ひとつない快晴でした。
加計学園問題、共謀罪法案に国民の注目が集まるなか、介護保険改悪強行は許せません!年金収入など一定の所得を条件に3割負担の導入は、介護の1割負担を崩し、最終的には医療保険同様3割負担への道を開くものですと、厳しく批判しました。

共謀罪法案は衆議院で強行採決されましたが、審議すればするほどボロボロに。国連の特別報告者からも人権侵害の可能性を危惧されるような法案は、参議院で廃案へ!
6月2日の共謀罪法案の廃案を求める県民大集会への参加も呼び掛けました。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、空、木、屋外この後、地元の産直市へ挨拶に回り、10時過ぎには建設労働組合の住宅デーの取り組みが行われている城南公園を訪問しました。

徳島建設労働組合のみなさんは、地域に役立つことをやろうと、毎年5月に地域ごとに庖丁研ぎや網戸張り替えなどボランティアで行い(網戸張替は材料費負担あり)、住宅相談に応じています。このなかで、住宅リフォームなど仕事確保に繋がることもあるそうです。

たくさんの包丁を研いでいる組合員さんやご近所の方に議会報告を配りながらご挨拶に回り、ご意見やご要望をいただきました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、オンステージ(複数の人)、テーブル、屋外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です